家の修理 -コンクリート編

これまた家を買ったときには気づかなかったけれど。。。。車が通る、公共道路からガレージまでの間のドライブウェイが、ガタガタ。。。段差がすごく、大型トラックなら問題ないけれど、低めの車だったら、完全にコンクリートに擦ってしまう。そこで、このドライブウェイを修理してから車を買おう!ということになった。
まずは、コンクリート業者に見積もり。これが、見積もりするのに勝手に見て行ってくれればいいのに、一応説明するから家に居ろと言われ、週末家にいたのに、「やっぱり今日は来れない」とかで待ちぼうけをなんどかし、本当に何週間もかかった。
そこで判明したのが、公共歩道にある木の根っこがコンクリートを持ち上げていることが原因ではないか。とのこと。それで夫バズが市役所に連絡すると、市役所の人が見にきて、保険がおります、と認定された。これは、数カ月かかると言われていたけれど、意外と早く2,3週間で認定された。
保険適用するには最低2つの見積もりを取らなければならず、もう一つの業者に見積もりを取る。その二つを市役所に送ると、当然安い方が選ばれ、安い方の業者を利用することになった。すると、数日で市役所から見積もり金額と同額の4千ドル(約34万円)がポーンと振り込まれた。これには驚いた。工事まだ始まってないのに、現金が受け取れるとは。
そして、選ばれた業者に工事開始の連絡をして、工事の日は、業者がコンクリートを壊し、市役所が手配した木こりが問題になってる木の根っこを切り、そしてまた業者が新しいコンクリートを流して、完成!
なんだか簡単な手続きの様だけれど、バズが頑張ってくれたおかげでやっとできた。本当にこういう工事の人との連絡は難しい。そして、彼らの英語がわからない。。。。。
これでようやく車が買える!
スポンサーサイト

家の修理 -水道管編

家の飲み水が黄色っぽく、鉄のような味がしているので、配管工(プラマー)に水道管の見積もりをしに来てもらった。もうかれこれ40年ほど新しくされていないようで、やっぱり新しいのに交換した方がいいとのこと。いくつか違う業者で見積もりをとって、業者の返事や対応がよさそうで、値段もいいというバランスの会社にした。オーストラリアでは、こういう業者は、対応が遅かったり、見積もりするのに見に来るといいながら来なかったり、そして土日は基本的にやってない等で、結構大変な作業。
また、雨水の排水も木の根っこが伸び放題で、ブロックされていることが判明。問題のヤシの木をバズが一人で切って、業者がショベルカーで数メートル掘って、問題の部分の排水パイプを取り換えたも、さらに大きな木の根っこが次の数メートルを完全にブロックしていることが判明。。。。私たちの予算オーバーしたので、今はこのままにしておいて、数年の間に新しいパイプにすることに。。。家を買うときに、こういう事も考慮しておいた方がよかったなあ。。。修理費用がかさむ。

オーストラリアはみんな人件費が高いので、お給料をもらう分にはいいけれど、このような工事の時には、出費がすごいです。。。。それでも、家の修理は、私のようにボロ家を買わない限りはそこまでする必要はないのだと思います。今からオーストラリアでマイホーム購入を考えている方は、是非、どれくらい修理が必要になりそうかもある程度見ておいた方がいいかと思います。

産休カバーの人の面接をする

産休予定日まであと6週間。妊娠38週(予定日の2週間前)のギリギリまで働く予定です。もし38週を過ぎても働きたければ、医者の診断書がいるらしい。38週はもういつ産まれてもおかしくないようなので、会社側も早めに産休カバーの人に引継ぎをしておいた方がいいということになりました。公募をして、人事と上司が2回の面接後、3回目の最終面接に二人が残りました。私の時は面接1回だけだったのに(以前のブログを参照下さい)、産休カバーで3回も面接って厳しいなあ、しかも結構時間かかってる。会社も真剣なんだな。そして、なんと最終面接に私も面接官として出ることになりました。今まで面接は受ける方ばっかりだったのが、初めて採用側として出席。緊張するなあ。もちろん私だけではなく、人事と上司達もいるけれど。

事前に2名の履歴書を見せてもらい、どういう質問をするのかを考える作業が結構大変。なんてたって、2人とも履歴書がなんと8ページ!!!ええー、そんなに長くていいの?というのが正直な感想。私が就活してた時は最大3ページに抑えるように、なんとか工夫していたのに。そして採用側になってわかった。何ページでも結局は、直近の仕事及び応募している関係ありそうな職歴の部分しか見ないわな。そして、あまりに細かい仕事内容は、すっとばっすから結構無駄だわな。意外と、「趣味」という欄は無駄だと思っていたけれど、その人のキャラクターが見えるので、履歴書に加えてもよいかもと思った。でも採用の参考にはあまりならない。。。。

そして、二人ともオーストラリア人だけれども、やっぱり日本人と違ってなんかすごい事した人みたいな履歴書になってるなあ、という感想。絶対誇張している。日本人ならこんな些細な事、大げさに言うほど私はすごくありません、と言う傾向になるけれど、それを真面目にあたかもすごい偉業を成し遂げた風に書かれている。おそらくアメリカ人程すごくはないけれど、少なくとも日本人の履歴書に比べたらできそうな人に見えると思う。
さらに驚いたのが、二人とも応募条件の学歴全然満たしてないじゃん!「できれば」じゃなくて、ちゃんと応募条件の欄にあったのに。それでも応募する度胸と、最終に残るパワー。私は逆に、修士という学歴が邪魔して、たくさん断れた。でも高すぎる学歴は言い訳で本当は、職歴とかキャラクターが合わなかったのかもしれない。

面接当日。人事や上司らが次々に会社の説明やら質問をする。3回目の面接だよねえ。面接受ける人がどういう反応をするのだろうとか観察していたら、突然上司が私に質問を振ってきた。やめてくれー、私は面接官であって応募者じゃないー。しかも何を言っていたのか聞いてなかったー。もじもじしていると、直属の上司が回答してくれて、助かった。私、面接官失格だ。。。そして、事前に用意した質問をいくつか私からして、無事に終わったのでした。事前に用意した質問は、一つは、技術的な質問。「これこれの業務はどのくらいのレベルまでしたことがありますか」というような事。もう一つは、面接の開始の方に、「もうすでに業務内容は聞いているかと思いますが、あなたがこのポジションで働くことになったら、実際にどういう業務があると予想していますか?」というのを聞いてみた。これが意外と残念な回答で、なんだかなあ、色々応募しているのわかるけど、自分が何に応募しているのかわかってるのだろうか、という一抹の不安。。。。他には、キャラクターがわかる質問を一つ。「忙しいときや、思った通りに物事が進まないことがありますが、どのように対応しますか?」というような質問。これは二人とも準備してきていたようで、無難な回答だった。それでも、人事が投げたキャラクターを浮き彫りにする「同僚などと、もし意見があわなかったりしたときにどうしますか?」というような質問の回答をみると、色んな人とうまくやっていけそうな人かどうか、わかるもんなんだなあ、と思いました。

就活しているみなさん、前職で何があろうとも、たとえそれがあなたのせいではなく、変な同僚のせいであったとしても、口がさけてもネガティブな事は面接では言ってはいけません!こんな基本的な事、私が就活していた時でもネットなどで書いてあったので、「そんなのわかってるよー」と思っていたけれど、面接する立場になって、本当にわかった。少しでもネガティブなことを口にすると、印象が断然悪い!!!退職したのが、前職の変な同僚のせいであっても、それを言うと、まるであなたが変な人だという印象を受けます。

面接する側になって、気づいたことは沢山あり、自分の為にもなりました。もう一つわかったこと。面接する側も、疲れる!!!どういう質問をしたら、より効率的に他の応募者との違いがわかるか、とか、よりポジションにあった人材を選べられるか、という真剣な作業なんです。だれも適当に選んだりしないと思います。なんせ一緒に働く人を探しているわけですから、変な人を選んだら、自分たちの負担が重くなるだけですからね。
満場一致で、産休カバースタッフが決まりました。どうか、いい人でチームと仲良くできて、仕事も普通にできて、でも大きすぎる野心がない人でありますように。。。

ベイビーシャワー

先日、ベイビーシャワーをしてもらいました。
ベイビーシャワーとは、出産前のお祝いパーティーのようなものです。普通は妊婦の家族や友達が取り仕切るそう。私はバズのお兄さん夫婦が開催してくれるというので、すべて任せてしまいました。本来は、出産経験がある女子が集まって、アフタヌンティーと共に色々なアドバイスをする、という形らしいですが、最近ではゲーム等をする人もいるそうです。私はゲーム無しを希望。
私はブリスベンでもう1年になるというのに、これといった友達がいなく、主にバズの家族が集まってくれました。また、会社の部長家族を誘ってみたら、来てくれました。日本人として、なんだか部長家族を招待するのって、緊張しますが、オーストラリアはもう少しラフな関係な気がします。
当日は、バズのお兄さん夫婦が色々準備してくれていて、本当に素敵なベイビーシャワーになりました。バルーンにカップケーキにケーキに軽食に、その他デコレーションに。そして、前日子供達と友達50人を招待してハロウィンパーティーをしたそうで、その時にレンタルした、ジャンピングキャッスルがまだ残っていて、子供達はそれで遊んだりしました。私は、本当に沢山のプレゼントを頂き、ベイビーシャワーっていいもんだなあ、と思いました。皆さん、本当にどうもありがとう。
baby_shower_convert_20171103082537.jpg

妊娠30週

気づけば妊娠30週。安定期ということもあってか、この間の変化はあまりなかった。お腹が以前より少し大きくなったくらいで。
お腹が大きくなると、もちろんお腹の皮ものびるわけで、それがかゆいかゆい。クリームを塗って、妊娠線を予防。妊娠線が一度できたらなかなか消えないらしい。
あと、30週に入るころから、後期つわりとでもいうのか、一度にたくさん食べられなくなった。ちょっと食べただけで、お腹が一杯で、それで少し胃がムカムカしてくる。あと、全身の疲労感。前期つわりよりもずっと楽。一応なんでも食べられるし、においも大丈夫。

今月は、母親学級が毎週夜に2回あり、全部で5回。
1回目:以前のブログで書いた通り、子宮底筋の鍛え方など
2回目:分娩室の見学と、赤ちゃんを薄いガーゼで包む包み方。分娩室は古いけれど、まあこんなもんかという感じ。こちらでは、赤ちゃんを寝かせるときに、芋虫のようにぐるぐる巻きにして寝かせる。お腹の中にいたときみたいにピタッとしていることで安心するらしい。
3回目:母乳について。いかに母乳がいいかとかどうやって母乳をやるのかという話。オーストラリアは肥満の人が多いからなのか、胸が巨大なお母さん(片方が顔よりでかい)がビデオに出てきてびっくりした。そして巨大胸の母親は、赤ちゃんがおっぱいに埋まって、息ができないのではないかと心配するそうですが、赤ちゃんは別に大丈夫だそう。(もちろん私はそんな心配はいらない)。そして、巨大胸や双子ののお母さんは、「フットボールポジション」(オーストラリアで、フットボールはラグビーで、サッカーはサッカーのこと)といって、ラグビーのように小脇に赤ちゃんを抱えて母乳をあげるらしい。母乳のあげかたもパワフルに見える。
4回目:当日のこと。陣痛が来て、5分間隔になったら、病院に来てください、とか、当日痛みをやわらげるのに、どのようなオプションがあるか、等の説明。無痛分娩はこの病院では約30%の人が選ぶそうで、健康な人なら、当日にお願いしてもうけることができるらしい。あとは、酸素等が入ったガスはほとんどの人が使うらしい。そのほか、日本人ではあまり考えられないモルヒネなども選択肢に入っていた。当日、陣痛の間にどのようなポジションでリラックスするか、というビデオを見たときに、、超肥満妊婦がモデルで、妊婦なのかただの肥満なのかわからないくらいでちょっと笑えた。オーストラリアでこんなに肥満の人がいるとは、移住するまで気づかなかったこと。アウトドアが盛んなオーストラリアでかなり引き締まった人もいる反面、食事が肉というアメリカ系食事だから肥満人口も多い。
5回目:これは来週なのでまだだけれど、エクササイズと書いてあったので、呼吸法とかかな?

どの回も、25人ほどの妊婦さんが参加し、ほとんど全員夫婦で来ていて、オーストラリアは旦那さんもみんな参加する体制がえらいなあと思った。午後6時からのクラス、日本だったら旦那さんが仕事で参加できない人がもっと多そう。うちのバズも毎回参加してますよ。休憩15分あるけれど、みんな夫婦で来ているので、ほとんど友達になれるほど話す機会がなかったというのが残念なポイント。。。。