ローマへの旅 3日目(最終日)

3日目の早朝に両親は日本に帰国しましたので、この日は一人旅。
メイン観光場所でまだ訪れていない場所、そうバチカン市国!イタリアの地下鉄に初めて乗ります。両親から散々、スリの高度なテクニックについて聞かされいたので、地下鉄に乗るにもハラハラ。財布を出したらスリに目をつけられて掏られるとのことだったので、地下鉄の切符代分はポケットに入れて出発。券売機で英語に変換するボタンがよくわからなかったけれど、なんとなくの雰囲気で無事に片道切符を購入。1.5ユーロくらいだったかな。切符を買えたうれしさでワクワクしすぎていて、一番スリにあいやすいという改札口にてバッグを後ろにしたままだった。でも運よくスリはおらず。
バチカン市国最寄の駅に到着すると、ぞろぞろと観光客が歩いていて、迷うことなくバチカン市国へ。サンピエトロ広場とサンピエトロ寺院がすぐ目の前に、「わーここがバチカンかー。」と、早速カメラのシャッターを切る。すると、若い日本人の男の子が「写真とってくれませんか?」と話しかけて来て、お互いに一人旅とわかると、一緒に観光することになった。するとその男の子は「あの、、、ジョジョの奇妙な冒険って知ってます?」と聞いてきた。なんじゃそれ?アニメ?私はアニメ関係だとドラえもんとちびまる子ちゃんくらいしか知らないレベルです。。。どうやら大変人気のあるアニメらしい。そして、そのジョジョのキャラクター達それぞれが持っているポーズで記念撮影をしたいらしい。よくわからんが、何かしらのテーマをもって旅行することは良いことなので協力することにした。パディントン氏自身の撮影も一人旅のテーマの必須テーマなので。そして、このジョジョ君と一緒にサンピエトロ寺院の4つの柱が一つに見えるというスポットを経て、いよいよ寺院内へ。
IMG_8550_convert_20130304025223.jpg
朝9時半くらいだったのに、すでに長蛇の列が。それもそのはず、セキュリティーチェックがあるからだ。列の右手にちょっと人が少ないところがあったので、前に進もうとすると、前に並んでいたおっちゃんが「だめだめ、みんな並んでいるんだから。」とのこと。ええ、わかってますが、なんで空間あるのに前に進まないんですかねえ?と思っていると、中国人の団体がぞろぞろと後ろからやってきて、無言で強行突破した!おっちゃんも「ちゃんと並んで!って言ってるじゃないか!」と激怒していたが、中国人団体は何食わぬ顔でズンズン進む。おっちゃんもお手上げ。そして、何気に私たちも中国人団体の波に流されすぐにセキュリティーへ。恐るべし、チャイナパワー。サンピエトロ寺院は、私の大好きなミケランジェロの「ピエタ像」があるところ。ガラスの向こうにあるとはいえ、なるほど、本当に美しい。彫刻はほとんど興味のない私だけれど、このピエタとルーブル美術館で見たカノーヴァの「アモールとプシュケ」は何故か見入ってしまう。
IMG_8563_convert_20130304025823.jpgピエタ
私のこの日の予定は、以上。ですが、まだまだ時間がある。まだ午前10時半くらいなんですけど。ジョジョ君の持っていたガイドブックによると、「バチカン市国の入り口」があるらしい。え?ここはバチカン市国じゃないのか?(バチカン市国です!)でも、本当にバチカン市国の国境があって、パスポートにハンコ押してもらえたらすごいじゃん!っということで、スイス人衛兵にジョジョ君が指差しイタリア語(この本、役に立つよね)を使って聞く。「は?入り口?プライベートだから一般は入れません!」。そうだよね、残念だけど、やっぱりね。ところでスイス人のお兄さん、鼻水出てるよ、と優しいジョジョ君はティッシュをあげたのでした。
時間があるから、日本にはがきでも送ろうか。と近くの店ではがきを買って、切手はないのか、と聞くと、切手はどうやら所定の店しか置いてないそう。その店に入ってみた。「日本行きの切手?今在庫ないよ」。はい、やる気のないイタリアです。なんとか2種類の切手を組み合わせてクリアー。ジョジョ君が切手屋で売っていた「卵型石」を見つけ、「これなんだろね?」といいながら、通りすがりのお兄さんに聞く。「知らん。」との回答。まだ気になるので、この卵石を売っている切手屋のおばちゃんに聞く。「知らんがな。」との回答。はい、やる気のないイタリアです。笑。
またジョジョ君のガイドブックによると、12時にローマ法王が見れるらしい!近くの警備の人に聞くと、お昼の12時に一番上の階の右から2番目の窓に現れるそうだ。これは見るしかない!せっかくバチカンに来たんだしね!
ということで、それまでの時間つぶしに、サンジェルマン城に入ろうとしたが、イタリアの適当な案内係りにしてやられて、最終的にチケット売り子の無愛想な女につまみ出された!頭にきたので、適当な案内係りに「さっき言っていたこと、違うじゃないか」と文句を言うと、返事は「OK」。。。。って、まったく責任感なし。ああ、ロンドンだったら「そうだったのですね、案内が間違っててすみません。残念ですが、そういうことですので、お気持ちお察しします。。。」という具合の柔らかな感じになるはずなのに。。。
気をとりなおして、ローマ法王を待つ。12時まであと10分くらい。すでにたくさんの人々が広場に集まってきた。なんと、このときに限って私の一眼レフカメラが作動しなくなる!!ローマ法王の威力か?私の行いが悪かったのでしょうか?結局携帯で撮影することに。12時ちょうどになると、ローマ法王が窓に現れた!白い服を着て、みんなに手を振っている。ワー。と歓声が上がる。この日は快晴で暖かく春の陽気。前にいたツルッパゲのおっちゃんの頭が反射する。ローマ法王は最初にイタリア語で何やらお祈りをし(苦しんでいる人を救ってください、とかのお祈り)、その後、フランス語、英語などいくつかの言語でもお話しされた。私がジョジョ君に「ローマ法王死にかけの声してたね。」というと、「そんな縁起でもないこと言うもんじゃないですよ」といわれたが、実際それが、ローマ法王ベネディクト16世の最後から2番目の「正午の祈り」なのであった。。。(次の日2月11日に高齢を理由に退位を表明。)
pope.jpg縦横が修正できず。米粒より小さい法王
その後、リベンジにて問題なくサンジェルマン城に入場!城の上からサンピエトロ寺院と中心とするバチカン市国を眺めながらの素敵なランチ。そういえば、ローマでカルボナーラを食べてなかった!ということでカルボナーラを食べる。味はいまいちだったけど、(ベーコンの骨入ってるんですが。信じられない。)すばらしい景色でパディントン氏はご満悦。ジョジョ君も私もお互いに「ああ、これが恋人だったら、最高なデートコースだっただろうね。」と話す。(これからローマに恋人と旅行する方、絶対にお勧めです!でもエスプレッソだけでいいかも)
photo+(7)_convert_20130304031118.jpg寺院を眺めてのひと時

こうしているうちに、私は飛行機の時間が迫る。最後に二人してジョジョの変なポーズで記念撮影し、(撮影してくれたお兄さんが不思議そうな顔してた。)お別れしたのでした。ジョジョ君、ありがとう!半日一緒に旅ができて楽しかったよ!

駅までの道に迷い、道行く人に聞いたら「オーストラリアから来たところだからわかりません」といわれ、走り、格安空港バスにギリギリで間に合った。毎度ギリギリです。

今回の旅で、まぶしい太陽の光が本当に印象的だった。やっぱロンドンにいると、太陽が異常に恋しくなる。もう私もロンドンっ子になりつつあるのかな。。。帰宅すると大家さんが「ローマどうだった?サンシャイン浴びてきた?」とすぐに聞いてきた。大家さん、冬でもフェイク日焼けクリーム塗って少しでも日焼けしたように見せかけてる。
そして、だいたいご飯もおいしいし、人々も悪くはないけど、やっぱり私はロンドンに住むことが合っているんだなあ、と思ったのでした。
ロンドンに到着すると、雨と雪!みぞれ?最悪の天気。街に到着すると酔っ払った若い女が「私は証明書ないけどもう大人だからタバコ売ってよ」とスーパーでもめていた。
それでも、やっぱり私はロンドンが好き!
スポンサーサイト

ローマへの旅 2日目

2日目は両親の参加していたツアーの自由行動の日だったので、一緒に「ローマふれあい街歩き」(BS番組に触発されて。)をすることに。朝から天気がよく、絶好の街歩き日和!まずはコロッセオに向かう。ローマは坂が多く、ちょっと歩くには遠そうに見えたので、ホテルの人にタクシーを呼んでもらおうとすると、「コロッセオまで歩いて10分だから天気もいいし、歩いたほうがいいよ」とのことで、半ば強制的に「街歩き」がスタート。

なるほど、晴れの朝の空気は気持ちがいい。緩やかなくだり道を歩き、フォロロマーノに到着。ローマは歩いていると、いたるところに古代ローマの遺跡があって、本当に街歩きが楽しめる。フォロロマーノは両親がツアーの半日観光で訪れていたので、ガイドのように、あれが昔のショッピングモールです、とか案内をしてくれた。
IMG_8468_convert_20130228063942.jpgフォロロマーノ遺跡
コロッセオはその隣。予想と違って、外見汚い。こんな汚らしい感じだとは思わなかった。装飾されていた大理石などはすべてはがされたそうで。たくさんの人が猛獣の餌食になったり処刑されたこのコロッセオ。当時に思いをはせながら、ちょっとミステリーハンター気分になれるほどの遺跡。一匹の猫がこの場所の主であるかのようにじぃっと座っていた。
IMG_8480_convert_20130228064209.jpg(自分で撮った写真にちょっと手を加えてみた)
IMG_8504_convert_20130228064450.jpgコロッセオ内にいた猫

その後、映画「ベンハー」の撮影されたチルコマッシモ(ただの野原だね)を横手にみつつ、真実の口へ。「ローマの休日」で有名になった真実の口の前には行列が。そして、日陰だったので寒く、写真撮影のみ。近くにある、真っ白なヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂は母が35年前にローマ旅行した記憶にも残るほどの美しい建物だった。道の向こうから古代ローマのコスチュームを身に着けた人が「おーい、おーい」と手を振ってきた。写真撮りたいけど、一度写真を撮ったら、なんと50ユーロも請求されるそうな。コロッセオ前にて何も知らないカップルが一緒にどんどん写真を撮り、やっぱり請求されていた。もちろん50ユーロも払うわけもなく、おそらく画像を削除したものと思われる。「ローマではタダなものはなーんにもない」そうな。その点、イギリスは結構タダなものがあるなあ。
IMG_8475_convert_20130228064856.jpgヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂

予想外に両親とも体力があり、テヴェレ川沿いを街歩きする。川の水は濁っていて汚いけど、人がちらほらしかいなく、ぽかぽかの天気の中ゆっくりとローマの休日時間が過ぎていく気がしました。(実際、私は週末だったので、これが本当のローマの休日!)さすがにヒールの靴を履いていた私は疲れてきて、適当なところで休憩をするべく、アイスクリームの看板が出ていた店に入る。「おお、これぞローカルな店」というのにふさわしい場所。小さな店内には、マフィアのような店のおじさんが休みなく歌い、タバコか何かを売る狭いブースにおばさんが一人店番をしていて、店内のスロットマシーンでは地元のおじいさん2名と若者1名が力を合わせてマシーンに興じていた。このローカルな店で両親とも口をそろえて「コーヒー牛乳が飲みたい」とのこと。コーヒー牛乳って久しぶりに聞きました。
ここで余談ですが、イタリアではエスプレッソ(濃いコーヒーがめちゃ小さい一口カップで出される)が主流で、カフェラテはあまり飲まれない。カプチーノは朝の飲み物らしい。なので、「コーヒーください」と言うとエスプレッソが出てくる。「ミルクが入ったコーヒーください」と言うと「マッキャート」というこれまた一口サイズのコーヒー(ミルク入ってるけど)が出てくる。「カフェ・コン・ラテ(coffee with milk)」と言ってもマッキャートと思われるこの国で、さてどうするか。街のどこかで見かけた文字「ラテ・マッキャート」2つ頼んでみた。正解!!ちゃんといわゆるコーヒー牛乳!よかった!私はジェラートを食べた。そういえば店内にはジェラート大会で毎年優勝した賞状がずらり。そんな風に見えないんですけど。やっぱりマフィア風のおっちゃんだし、すごくローカルな大会の匂い。

少し休憩したらまた元気が出てきたので、ナボーナ広場を横切り、皮製品のブランド「イル・ビソンテ」へ。途中靴の店も見る。イタリアはやっぱりファッションの国だけあってデザイン性に優れた革製品が多い。イルビソンテでお買い物を満喫し、女性陣は満足満足。

お腹がすいてきたので、小道にある適当なレストランに入る。(ガイドブックや友達が教えてくれたお店にも行ってみたかったけど、時間や場所の都合が着かず、結局どれも行けず。お勧めしてくれた皆様、申し訳ない。)このレストランもかなりローカルレストランであった!(私の任務は果たせたかな?)観光客は一人もいない模様。地元の子供連れ家族やスーパーで買い物帰りの老夫婦などなじみの客がランチをする場所のようだった。お店の人も英語が通じない。ハーフボトルのワインを頼むと、ドーンと普通サイズのワインが出てきた。お店の人いわく、「飲んだ分だけ払ったらいいよ」とのこと。細かい事は気にしないテキトーなイタリアであります。ピザとパスタを頼み、懐かしい味がするシンプルな料理に満足。最近はイタリア料理もなんだかんだと複雑な味が多くなっていて、こういう素朴な味付けだけどおいしいものを提供するレストランが少なくなってきている気がする。(イギリスの場合は素朴という枠ではない。)

その後、トレヴィの泉、スペイン広場を観光し、「キウラート」という雑貨屋に寄った。この雑貨屋は日本の雑誌で大きく取り上げられているのでお客のほとんどが日本人。ガラスの器のガラス内部に本物のオレンジなどが入っているのがかわいい。本物のパスタを使ったマグネットがかわいかったけれども、結局ローマ三越で後ほど購入。スペイン広場近くにある「エルグレコ」というカフェにも立ち寄った。ゲーテなどが訪れたというこのカフェは豪華な店内でコーヒーの値段も高かったけれども、観光客でいっぱいで店員もなんだか雰囲気がまったくなく、私個人的にはやっぱり地元感のあるカフェの方が楽しいなあ、と思ったのでした。というわけで、晩御飯は昨日と同じSANTIじいさんのところへ。イカやエビのフライ、おいしかったです。

一日中よく歩きました。石畳のローマは歩きやすい靴が必須ですね。。。

ローマへの旅 1日目

ローマへ2泊3日で行ってきました!ロンドンにいると、お手軽にヨーロッパ旅行ができるという利点がありますね!

ローマへは格安航空会社のeasy jetにて約2時間。格安なので機内持ち込み荷物1つだけ。ハンドバックなどもその荷物に一緒にしなきゃならないところが難点。そして格安なのでガドウィック空港から出発。朝の5時半に出発したら、数秒の差でバスに乗り遅れてしまった!でも、格安空港バスにはなんとか間に合う。4,5人の小さなバンに詰め込まれ、日雇い労働者気分で空港まで約1時間半。(これでも片道8ポンド)ロンドンはもちろん雨で寒い朝。空港に着くと、まだ時間があったのでまずいイギリスのコーヒーをすする。もう2年もたつと、イギリスのまずいコーヒーに慣れて、味を楽しむというより、コーヒーを飲んでいるんだという時間を楽しめるようになった。
525512_10151480127841323_1976547982_n_convert_20130222061055.jpgまずいイギリスコーヒーをたしなむミニパディントン氏

機内の座席は早い者勝ちだったけれども、一人なので適当な前方窓側に座れた。途中でアルプスの雪山のダイナミックな景色を見れて、最近購入した中古の一眼レフカメラでまるでプロのように撮影しまくる。
IMG_8455_convert_20130222060412.jpg
サンシャインのギラギラするローマに到着!したとたんに税関を出ると怪しいタクシードライバーに次々と「タクシー、マダム?」と声をかけられる。すぐ耳元で言ってくるし、とっても怪しいので無視をし、インフォメーションの人に一番安い空港バスはどれかと尋ねる。3人くらいに同じ質問をして、同じ回答を得たバス会社の窓口に向かう。空港からローマ市内まで約1時間なのに片道なんと4ユーロ!しかし、空港の一番端っこの辺鄙な場所で待つこと40分。イタリア人の地元っこしかいなく、乗るのにも押し合いへしあいでやっと席を確保。なんだかものすごくイタリアに来た気分になる。隣に座ったおばちゃんがイタリア語しか話せないのに話かけてきた。私もスペイン語をイタリア語風にアレンジして会話してみる。やっぱり似てても違うから時々わかって時々わからないので、悔しい。おばちゃんはパルマから来たらしいが、何のために来ているのかというところはわからなかった。おばちゃんにクッキーをもらって、二人でムシャムシャ食べて、ローマ市内に入ると、歴史的な建物がたくさん出てきて、二人してワクワク。そういえば、バス内に張り紙があって「食べ物禁止」”NO FOOD THANK YOU”と書きたかったのだろうけど、”THANKS YOU”になっていた。予想外の間違いでちょっと笑ってしまった。ローマ中心のテルミニ駅も怪しい人の視線を浴びて、何かすられたような気がしたけれども、何事もなく。インフォメーションセンターで地図か何かもらってどこを観光するか聞いてみよう。(毎度のことまったく観光地を調べていません。)インフォメーションの女性は「は?地図を持ってない?ここでは地図はあげてないし。本屋で売ってるでしょ。は?郵便局はどこかって?他の人に聞いて。それからビザの相談とかにも乗らないからね。(そんなこと聞いてないんですが)」という具合で、適当な感じで、すでにロンドンが恋しくなった。先日もロンドンで駅を出たところにある地図をみていたら、案内係というバッチをつけたお兄さんとお姉さんが「大丈夫ですか?場所の案内ならまかせてください」と言ってきてくれて、ああ、オリンピックが終わってもこういう人がいるんだなあ、と関心したのでありました。
今回の旅は現地にて両親と合流するための旅。(両親は日本から団体のパックで参加。)ホテルで待っていると、わいわいと日本人がたくさんやってきた。久しぶりに日本の団体を見た。みんな小さくて、ダウンコートを着ていて、かわいい。晩御飯はベテラン添乗員さんがお勧めしてくれたホテル近くのSANTIというレストランへ。レストランに入ろうとしたところ、隣と向かいのレストランから「ジャパニーズ?ウェルカム!カム!カム!」と大声で呼ばれ、お客争奪戦の的になったのでした。でも、SANTIレストランは静か。やっぱりSANTIに行ってみよう。SANTIはじいさんとばあさんが商っているアットホームなレストラン。なるほど、静かそうな老夫婦。前菜、メイン、デザートのコースで10ユーロは安い!適当なワインと、レモネードを頼んだらじいさんが「ああ、レモンソーダ?OK」と言ってくれた。へえ、イタリア語でレモネードはレモンソーダって言うんだ、日本語と同じだね、なんて言っていると、商品名が「レモンソーダ」でした。イタリアでは有名なのかな?選べるコースなので、デザートは何があるのか聞いたところ、「ティラミスおいしいよ」(ってたぶん今日はティラミスしかない)ので、スープとチキンとティラミスを頼んだ。家庭料理な感じでおいしかった。
IMG_8462_convert_20130222060631.jpg手前が前菜のスープ。これはおいしい!左はボンゴレを頼んだはずが、あさりがなかった。。。。奥の黒い缶がレモンソーダ。レトロなデザイン。
イタリア語フレーズをちょっと覚えてきた母親がちゃんと「お勘定お願いします。(イル コント ペルファボーレ)」を使ったりして、イタリアのローカルな感じを楽しめた。(でも、やっぱり添乗員さんお勧めだけあって、他の参加者も同じレストランでこんばんは。)日本から日本人団体ツアーで参加している両親にとって、なかなか地元の人とコミュニケーションとる機会がないので、できるだけローカル感を味わってもらおうというのが今回の私の使命でもありました。(パディントン氏は元添乗員です。1年だけだけど。)