スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の国に住む事について

「オーストラリアに移住する」というと、全員が声をそろえて、「いいなー、太陽と大自然があるしーうらやましー」と言われる。

バズさんは、やっぱりオージーなので、得意気。そして私に「ほら、みんなうらやましそうだろ?オーストラリアに行けて嬉しいだろ?」と言ってくる。私は「別に―」と言いたいところだけれども、ぐっと我慢して、「はい、うれしゅうございます」と答える。
私は実際のところ、オーストラリアに行くこと自体には、別に行きたいと夢見ていたわけでもなく、オーストラリアに行ったら夢の生活が待っているとも思わない。あえて夢がかなえられそうというのであれば、家と犬を持つことが可能になるだろう、というくらいだ。

それよりも、不安の方が大きい。ノルウェーで1年だけ住んだときも、このロンドンに一人で来た時も、やっぱり仕事=生活=金 の問題と、言語の問題というのは変わらない。言語や文化の違う場所で無職から生活を始めるのは、かなりのパワーが必要というのは、よくわかっている。

①言語問題
英語圏→英語圏なので、新しい言語を学ばなくてもいいので、よかったけれど、オージー英語、あまりわからない。(イギリス英語もいまだによくわからないけど。)バズさんの家族の言っていることさえよくわからないのに、仕事なんて見つけられるだろうか。

②仕事問題
言語問題に関連して、仕事が見つけられる幅もずいぶんと変わってくる。非日系企業で働くことにチャレンジしてみたいけれど、私の英語能力では、もちろん不利であることはわかっている。強運を味方に仕事が見つかりますように。ある程度の都会であるブリスベンに移住するので、仕事はまあまああるとは聞いているけれど、ロンドンだって東京だって難しいのに、シドニーではないブリスベンでどれだけチャンスがあるかは疑問。ただ、今回は配偶者ビザなので、ビザ問題は無いのが、ものすごく嬉しい!!(配偶者ビザはまずは2年間、お試し期間なので、2年間は気が抜けない。)

③生活問題
一番の生活問題は、私が車を運転できない事。運転から学ばなくてはならない。
そして、皆がうらやましがる太陽。年中暑いブリスベンでやっていけるだろうか。虫とかいっぱいいるし。日焼けするからシミ・シワも心配。

④人間関係
バズさんとその家族以外は全く知り合いがいない地への移住。バズさんは、「ぼくの家族はキミの家族だから、大丈夫でしょ」というけれど、いえいえ、本当の家族ではないですから。やっぱり気を遣うし。いてくれるのは嬉しいけれど、逆に面倒だったりしないのかしら?友達はできるかしら?ノルウェーでもイギリスでも、学生だったので、学校のクラスメートが自動的に友達になっていたけれど、妻として移住したら、どこでお友達ができるだろうか?

⑤お金問題
仕事が見つかればいいけれど、それまでは、貯金を崩すしかない。イギリスポンドが暴落した今、コツコツ貯めた貯金が目減りしている。涙。オーストラリアドルは意外と高い。生活費はものすごく高い。

とまあ、このような様々な問題があるけれど、今までと違って、バズさんもいるし、ビザも取れたので、きっと大丈夫!と信じて、新しい地での生活を楽しめるように努力するしかない!
スポンサーサイト

オーストラリア旅行②

③ モートン島
ブリスベンからフェリーで約1時間15分のところにある島に日帰りで行ってきました。この島一体が、タンガルーママリンパークになっていて、さまざまなアクティビティーを選んで参加できるので、本当は1泊したほうがもっと楽しめそう。砂丘でサンドサーフィン、ホウェールウォッチング、四輪バイクを走らせたり、シュノーケリングやセグウェイ等。今回は日帰りなので、色々参加せずに、のんびり。この島は自然で一杯!青い海とサンゴとさらさらな砂浜。ペリカンがお出迎えしてくれました。どこまでも続くビーチをゆっくり歩いて、森を少しハイキングしたら、砂丘。めちゃくちゃ綺麗な日の入りを見て、日が沈むと、野生のイルカたちがビーチにやってきます。最大のイベント、イルカに餌やり。この時期の日の入り後の海は寒い。みんな凍えながら、腰くらいまで海に入って、一人魚一匹ずつだけイルカにあげることができます(予約要)。イルカに触ってはいけないけれど、野生のイルカが近くで見れて、とっても貴重な体験でした。イルカ、かわいい!そしてやっぱり頭がいいね、イルカ。ちゃんと人との距離感わかってる。野生なので、時々、サメにやられて負傷したイルカがやってくるらしい。マリンパークの人が保護してまた海に帰しているそう。
P7020102_convert_20150718160541.jpgどこまでも続くビーチ!人もほとんどいない!

P7020129_convert_20150718162341.jpgサンセット!
P7020140_convert_20150718162956.jpgインストラクターと一緒に二人ずつ餌を与える。

④ ゴールドコースト
ゴールドコーストへは、マラソンを見に行った。日本からの出場者が多いのか、日本語のアナウンスもあり、完走した日本人たちの名前が呼ばれたり、日本の国歌も聞こえてきた。日本からのツアーもたくさん来ていた。やっぱりオーストラリアへ行く日本人の量とロンドンの日本人の量は全然違うなあ。
ゴールドコーストは名前の通り、美しい浜辺がずっと続く。ああ、こんなにきれいな海の近くに住んだら、いやなこととか全部忘れて、ずっと海を眺めていたいなあ。

⑤ キャンベラ
ブリスベンから飛行機で1時間半ほどでキャンベラに到着。オーストラリアの首都はシドニーじゃありませんよ、キャンベラです。旧議事堂のツアーに参加したあと、超モダンな新議事堂を見る。内陸のキャンベラは、ゴールドコーストのようにヤシの木とかない。乾燥して枯れた草木がさみしげにある。議事堂近くにぽつんとあるレストランにランチに入ると、だれもお客さんがいないのに、「予約してますか?」と聞かれた。してないと答えると、笑顔で「じゃあ、どうにかテーブルをみるけますね。(誰もいないんですが!)」と、中心あたりのテーブルに案内された。すると、どどどーっとお客さんが来て、たちまち満席になり、待っている人まで現れた。どうやら、政府関係で働いている人たちの数少ないランチの場所だったようだ。

⑥ 農場
バズさんの実家は、酪農をしている。パディントン氏はまあまあ都会っ子なので、本物の農家に行ったことがなかった。初めての田舎体験は、とても楽しかった!

夜になると、カンガルーが飛び出してくるので、車の運転は気をつけなきゃいけないんだって言っているそばから、カンガルーがピョンピョン本当に飛び出してくる。近所の人の家を訪問して、親を亡くしたウォンバットの赤ちゃんを抱かせてもらった。ウォンバットって、赤ちゃんでも大きい。イノシシとコアラの間のような感じ。たき火をするぞーって、言って、敷地内のたき火場所まで四輪バイクを飛ばす。途中野生のウォンバットやカンガルーを見ながら。たき火は、自然に倒れた大木丸ごと!これ数メートルあるんですけど。たき火は2日間燃え続けました。

ごはんはほとんど牛肉。ステーキ、バーベキュー、ローストビーフ、ビーフシチュー。牛肉は、牛を1頭分かって、それ専用の冷凍庫も買って、そこから少しずつ食べる。規模が違うんですけど!農家の朝は早い。朝4時くらいから動き出す。オーストラリアには色んな種類のかわいい鳥がたくさんいて、朝の鳥のさえずりは、自然のめざまし。牛の乳搾りをして、とれたてのミルクと、取れたての卵の朝食。まるでアルプスの少女ハイジの実写版生活。あとは、藁のベッドがあれば、と思ってちょっと試してみた。藁がチクチクして、痛い。そして、牛たちのでかい糞がそこらへんにあるので、糞まみれになる。ハイジではそんなシーンはない。それでも、たくさんの初めての田舎体験、楽しかった。生活するとなると、また別の話なのかもしれないけど。
P7080233_convert_20150718164248.jpg農場をバイクで走るのは爽快!

オーストラリア旅行からの感想。オーストラリアはやっぱり全部でかい!自然がすごい!すごいだけでは表せられないくらい、すごい!でも、建物などは、ヨーロッパのような歴史はないので、全部が新しい感じ。ロンドンもいいけれど、オーストラリアも住むのにはいいかもしれない

オーストラリア旅行①

オーストラリア旅行
マルタ旅行を書く時間がなく、2週間の夏休みをとって、バズさんの故郷オーストラリアに行ってきました。
イギリスからオーストラリアは地球の反対側、とっても遠かったー。エミレーツで2回乗継をし、約27時間かけてオーストラリアへ。

① シドニー
半日だけだったので、とりあえずオペラハウスと近くの植物園へ。シドニーは都会だけれど、人が多くなくて、道も空間があってごちゃごちゃしていないところがいい。物価は予想外に高い!ロンドンと同じくらいか、それ以上に高い!シドニーは一番高い。コーヒが美味しい。フラットホワイト(ラテよりもエスプレッソが多いコーヒー)はイギリスで最近流行っているのだけれど、これは実はオーストラリア発らしい。それくらいオーストラリア人はコーヒー(ミルク入り)が好きだ。どの家庭でも大体コーヒーマシーン(ミルクもできるやつ)は持っているみたい。オペラハウス近くのカフェで、かわいい鳥がやってきた。こんなに鮮やかな色の鳥が普通にいるのもオーストラリアならではなのかなあ。お店のお兄さんによると、常連客のよう。砂糖を手のひらに乗せると黙々と食べた。でも、その後、テーブルにあった砂糖を奪い、キーっと威嚇してきたので、ちょっと怖くなった。
image1.jpgパディ氏を威嚇する鳥

② ブリスベン
ブリスベンは冬でも暖かい。23度くらいあって、みんな夏の格好。1日目は雨。待ちゆく人が「こんなヨーロッパみたいな天気珍しい」と言っていたほど、この時期の雨は珍しいみたいだった。その後はずっと晴れ!太陽がまぶしい。ロンドンの太陽の弱さと違って、ぴかーっとしてる。川に沿って緑があり、ほどよい規模の町。街中にて、モスバーガーを発見。ロンドンにはないので、つい焼き肉ライスバーガーとアイス抹茶ティーを注文。ダイソーもセブンイレブンも発見。ここは日本か!というくらい(は言い過ぎか。)日本のものが充実している。オーストラリアは、アメリカ、中国に次いで、3番目に日本人が多い国らしい。待ちゆく人も、白人が一番多くて、次にアジア人が多い。中東の人や黒人はあまり見かけない。ロンドンは、本当に色んな人種が混ざっているんだなあ。意外なことに、マクドナルドが流行っている。「マクド」でも「マック」でもなく、通称「マッカス」と呼ばれる。マクドナルドなんてロンドンで食べてから、もう二度と食べたくない、という気分になって、しばらく食べていなかった。ロンドンのは、店の雰囲気も悪く、汚く、ガラの悪いティーンやら夜には酔っ払いがたむろって、注文時に浮浪者に小銭をせがまれたり、ハンバーガーのサイズも小さく、そして何よりまずい。しかし!オーストラリアの「マッカス」は、ハンバーガーをカスタマイズできて(パンの種類や肉のサイズ、そのほかトッピングやソースを選べる)、美味しい。店は、海が一望できるオープンテラスだったり、広々。子供からお年寄りまで年齢層も幅広い。店員さんも感じがいい。テーブルまで運んでくれて、味は大丈夫か聞いてくれたりする。これはもう、レストラン級じゃ!お値段もそれなりだけれど。私は自分のバーガーを作って、ポテトとドリンクセットにして、約13ドル(約1200円!)
image2_convert_20150717055427.jpgこれがパディ氏のバーガー。アボカド入り。
ブリスベンの町は、シティーキャットというボートに乗って、町を移動した。これが意外と快適かつ眺めがよくて気に入った。
P7040156_convert_20150717060359.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。