家の修理 ー 電気編

購入した中古物件は、住んでみると、本当に色々と修理する箇所を発見。物件は二回見たけれど、その時には全然考えていなかった問題が住んでみると、わかるものですね。
ブリスベンは年間を通じて温暖な気候で、冬でも昼間は23度ほどあり、夏場は37度は超えます。それなのに、エアコンがない!!今は冬なので、快適に過ごせますが、このままでは夏が恐ろしいことになります。加えて、赤ちゃんが産まれたら、絶対にエアコンは必要。
電器屋でエアコンを買うと、そのお店が取り付ける業者を手配してくれることもありますが、私たちは、エアコン取り付けなどをしている、工事業者に依頼しました。業者がどこにどのように取り付けるのか見た時に、「電気のセーフティースイッチがない」ことがわかりました。どうやら今では100件に1件の割合でしかこのセーフティースイッチがないらしく、入居後3か月以内に取り付けないと、市役所から罰金とのこと。家を買う時に、そんなこと全然知らなかった私たちが悪いのですが、完全に見落としていました。わかっていたら、もう少し値段交渉もできただろうに。。。取り付けは、平日のみ。しかも1日掛かり。電力が完全に落ちるので、家で暇しているだけに。。。仕事も休んで、ひたすら工事が終わるのを待つ。夕方。工事の人が「もう遅くなってきて、終わらなかったからまた今度きます。」と言って帰って行った。ええええ、そしてまた平日。結局3日に渡り工事をして完了。オーストラリアは、働く環境に恵まれているけれど、サービス業の労働環境も恵まれているのか、消費者にとっては結構不便。。。。そして、最低賃金が高いのはいいけれど、工事代金も、時間制の部分は、結構なお値段。
とにもかくにも、なんとかエアコン取り付けと、安全スイッチ取付と、ネズミが噛み切ったケーブルの修理と、将来的にウォシュレットをつけるためのコンセントと、そして1日目の工事人が間違って開けた穴を塞ぐ作業が終わりました。壁の穴を見つけた時は、びっくりしました。
スポンサーサイト

恵まれた仕事環境

今の仕事は、とりあえず1年契約で、その後更新か契約終了か、というポジションでした。オーストラリアに来て、フルタイムの正社員の仕事はやっぱり見つけるのがなかなか難しかったというのが正直な感想。働き始めて4か月余りで妊娠の報告をした後、「1年経たずに産休に入ってしまうし、契約はその時点で終了だろうなあ」と思っていました。実際、契約社員で1年未満の場合は、妊娠していようが、会社としては契約終了をしてもいいことになっています。しばらく、その不安で悶々と過ごしながらも、「年齢的に子供を授かれるのには限界があるけど、仕事はまた見つかるかもしれないからね」と自分を慰めていました。
仕事を始めて5か月目のある日。上司に呼ばれたので、恐る恐る上司のオフィスに行くと、なんと正社員にしてくれるというではありませんか。本当に驚きました。正社員だと、会社を辞めずに産休も取れるし、その後も同じポジションに復帰できることが保証されているから、とのこと。産休手当は、12か月以上勤務している人だけという社内規則も、変更して、それ未満の人は上司と取締役会の判断による、という文言に変更してくれるという。なんて素晴らしい会社でしょう
!本当にラッキーだと思いました。会社全体は大規模な会社ですが、チームはこじんまりしているので、小回りが利くというのもあったかもしれません。上司と部長と人事には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これで仕事のことについては、安心して出産に臨むことができます。
次の日、仕事ますます頑張らないと、と張りきりすぎて、自分が妊婦であることを忘れてしまい、仕事の後、少しお腹が痛くなり、心配になって、色々と検索することになったのでした。結局、何事もなく無事でよかったけれど、本当に、何よりも自分の健康を一番に考えないといけないなあと反省したのでした。

初めてのホリデー

仕事を初めてから、初めて10日間の休暇を取り、夫バズの故郷へ来ました。酪農家なので、周りは自然に囲まれて、本当にゆっくりできました。
家からたった10メートルほどのところにウォンバットを発見。ウォンバットはかなりシャイらしく、ちょっとでも近づくと、ささっと逃げてしまいます。少し離れたところから見ていると、お腹を掻いたり、癒されました。
もちろんカンガルーも家から見えます。カンガルーも私たちを見ると、ささっとジャンプして逃げてしまいました。それなのに、車の前に急に飛び出してきたりするので、動物たちに注意しながら運転しなければなりません。
最寄りの郵便局は、車で約15分。小さな村なので、みんな顔見知りです。各家が離れているので、郵便物の受け取りは、郵便局まで取りに行かないといけません。井戸端会議をしながら、犬をなでたりして、ゆっくりと時間が過ぎていきます。ブリスベンの街の中心にある郵便局は、いつも長蛇の列で、こんなにのんきな郵便局は初めてです。
自宅で取れたフレッシュな牛乳(妊婦は殺菌されていないこの牛乳は飲んではいけないそうです)と、村で作られたチーズと、庭で飼っている鶏から取れた新鮮な卵で朝食。
特にこれといって、特別なことはしない休暇。田舎生活もなかなかいいなあー。

久しぶりの更新 - 近況

バタバタしていて、しばらく更新していませんでしたので、とりあえず、近況報告です。

家は結局購入し、引っ越ししました。
そして、妊娠していることがわかり、つわり云々で、更新する気力も体力もなく、最近やっと体調がよくなってきたのでまた更新できそうです。出産予定日は1月。

家の購入や、ブリスベンでの出産や、仕事や、中古物件の修理等、ブリスベンでの生活について色々書きたいと思っていますが
沢山することがあり、どこまで更新できるかわかりません。。。。

また応援よろしくお願いします!
パディントン

賃貸アパートを見つける

ブリスベンに移住してきて、仕事が見つかるまでの約3カ月は、夫バズの家族や友達の家に転々と泊まらせてもらっていて、仕事が見つかったタイミングで賃貸アパートも見つけました。夫婦とも仕事がないとやぱり家を借りるのも難しいです。

① ウェブサイトで物件をリサーチ。
おすすめは、このウェブサイト。色々な不動産屋が広告を載せていて、それを一挙に検索できます。
http://www.realestate.com.au/rent/
裏技で、気になる地区をドライブして、賃貸広告を見つけたら、直接その家の大家に連絡を取ると、いい値段で借りることができるそうですが、手続き等よくわからなかったので、このウェブサイトの不動産屋を使いました。

② 物件を見に行く
上記の広告に書かれてある担当者に連絡するか、オンライン予約します。物件によっては、公開されている日時にそのまま見に行ってもいいいものもありました。オンラインの写真はやっぱり実物よりもよく見える!ブリスベンの物件は古いクイーンズランド様式が多いので、実際に見ないと本当にいいかわからないものですね。

③ 契約
物件が気に入ったら、不動産屋に連絡を取ります。申込書に借りたい希望金額や借りたい期間を書きます。広告に掲載されている金額よりも安くかいても高く書いても大丈夫です。他の物件にも同時に申し込みをしても大丈夫です。不動産が大家さんに連絡を取り、大家さんが気に入ったテナントを選びます。他に希望者がいない等の場合は安くても選ばれる場合がありますのでお得に借りることができます。複数の不動産屋からオファーをもらったら、一つを決めて、デポジットを支払います。

④ デポジットの支払い
通常は4週間ほどのデポジットを支払い、契約書にサインをすると、正式に借りることになります。このデポジットは、RTAという第三機関が保管するので、退去したときにちゃんと正統な金額が返金されるしくみになっています。

⑤ 鍵をもらう
入居日の設定の日に不動産屋に鍵をもらいにいきます。これが平日の営業時間だったので、お昼休みに猛ダッシュで取りに行きました。

⑥ 光熱費等の契約
電話で電気とガスとお湯の契約をしました。色んな会社がさまざまなプランをもっているので、結局どれがいいかわからず、メジャーな会社にしました。水は大家が払うそうです。住民税的なものは、大家が払うそうです。

⑦ 引っ越し
いよいよ引っ越しですが、私たちは車がないので、ロンドンの時と同じようにMAN&VANを利用しました。つまり、運転手件搬出搬入をしてくれる男1人と荷物が入る車のセット。1時間で75ドルくらいでした。距離が近かった、かつ家具がなく、スーツケースとロンドンからの段ボール6箱のみで、ほぼ1時間で引っ越し完了!電気と水とガスもちゃんとつながっててよかった!

⑧ 引っ越しをしたら、3日以内に壊れているところはないかなど、細かくチェックします。小さな傷などももれなく記入および写真をとり、不動産屋に送ります。私たちは、ドアがちゃんと閉まらないのとシャワーヘッドが固定されていないという2点を修理依頼しました。1週間ほどでどちらも無料で修理してくれました。

⑨ ロンドンは家具付き物件がほどんどでしたが、オーストラリアは、ほとんど家具がついていないので、色々と買わなければいけません。初日にバズのお兄さんと妹さんからマットレスとベッド枠を買い取り、その後1週間は、テーブルも冷蔵庫も何もない床で生活していました。暑かったので冷蔵庫がなかったのは結構きつかったですが、楽しい思い出です。二人とも仕事は見つかりましたが、給料日までは貯金のなかから家具を買わなければならず、また、クレジットカードも持っていなかったので、本当にギリギリの生活でした。そして、初日に必要なタオルとかマグカップとかベッドのシーツなどは、K-MARTという格安なんでもショップで一気に買いそろえました。いまだに、まだまだ必要なこまごましたものを買わないといけませんが、なんとか生活できるまでに達しましたよ。

私にとって、初めて賃貸物件を借りるという試み。何かとわからないことだらけで不安でしたが、みんなそうやって生きて行っているので、本当はなんにも難しくないんですね。いままでぬるぬるとこの年になるまで、自分で借りたことないというのが恥ずかしかったですが、ようやく独立した気分です。(ロンドンでは借りていましたが、いつも大家さんのところに住んでいたので、セットアップは一切したことなかったのです。)
借りたアパートは、2部屋の小さなアパートですが、家から会社のドアーTOドアーで約20分で、駅やスーパーも近いのでとても便利です。また、ブリスベンはロンドンほど地域の格差がないですが、まあまあいい地域なので、近所におしゃれなカフェや自然食品店などもあり、近所を散歩するのにもとても楽しいです。これからの生活がとても楽しみです!
追伸:ブリスベンは暑いので、絶対にエアコンが欠かせません!!