エジンバラ旅行

エジンバラに行ってきました!6年もイギリスにいるのに初めてのスコットランド!
エジンバラは、北の方にあるので、飛行機で約1時間弱で到着。空港から市内まではバスで。やっぱりロンドンじゃない場所は、チケット売り場のおっちゃんものんびりしてて、チケット買うだけでもゆっくりと会話をしたりしていいなあ。といってもエジンバラは思っていたよりも都会だった!
飛行機で国内旅行をしたことがなかったので、なんだか外国に着いた気分だけれど、本当は普通にイギリス。見慣れたチェーンのお店が並ぶ。

とありあえず、宿のおばちゃんに教えてもらったパブへ。(毎度のことですが、旅行の下調べをしていない。。。)
WHITE HART INNは、エジンバラで一番古いパブ。1516年からなので、500年の歴史あるパブ。この看板には以下のように書いてあります。
1.jpg

5千5百万 パイント(1パイント=568mil)、2千5百万ウィスキー、750万 ハギス(Haggis), 3 ゴースト、1殺人(バークとヘア連続殺人)
イギリスでは、大きなグラスのビールは「1パイント、2パイント」と数え、その半分の小さいグラスは「ハーフパイント」と数えます。
ハギスというのは、スコットランドの伝統料理で、主に羊の色んな内臓をハーブと一緒にぐちゃぐちゃ混ぜた、グロセスクな料理です。スコットランドに来たら、これは外せない。お味は。。。うーん。2口くらいでもう無理でした。。。ブラックプディング(豚の血が混じったソーセージ)のような、血なまぐさいような味。ハギスのポテチは塩っからくてなかなかおいしかった。
3_convert_20160620000656.jpg黒っぽいのがハギス。チキンとハギスの料理。
パブはこじんまりしていて、少しお昼には早かったから座れたけれど、その後、どんどんお客さんが来ていた。感じのいい店員さんは、さっさとお客をさばいていたけど、ロンドンと違って、なんだかのんびりな雰囲気もあってよかった。
さて、上の看板に書いてあった、気になる3ゴースト1殺人!
イギリス人は幽霊が好きですが、ここエジンバラは特に幽霊が多いみたい。そして、このパブがあるグラスマーケット通りは、多くの公開処刑が行われた通りだそうで。今は、パブやレストランなどが並び、若者に人気の通りになっているけれど、そういわれると、なんとなく暗い雰囲気かも。。?丘の上にそびえるエジンバラ城の裏側というのもあるのかも。バークとヘアという二人が、次々と殺人をし、死体をエジンバラ医学大学に売り払ったというのは本当の話。そりゃお化けもでそうだわな。天気も曇り小雨だと、なおさら薄気味悪い。でも、その薄気味悪さがなんとなく病みつきになるというか。

ザ・リアル・メアリー・キングス・クロースというアトラクションにも行ってみた。これは、なかなか面白かった。アトラクションといっても、実際に政府によって埋められてた地下都市を、案内してもらうというものだ。17世紀半ばにはさまざまな商店が軒を連ねたか活気のある地域、普通の人たちが暮らしていたのに、全部埋めてしまって、お金がある人達はその埋めたところを土台に建物を建てたり生活をすることになった。当時ペストが流行していたり、人口増加問題などで、埋めて正解だったのかもしれないけれど、普通に家々がならび、小道がある町が、今は地下都市になっている(もちろんだれも住んでいない)のは、とっても不思議だった。これもまたお化けがでるらしい。ガイドさんが、「日本の霊能者が、この部屋にはすごく悪い霊気があると言った」と話していたが、私には宜保愛子しか思い浮かばなかった。。。。内部は撮影禁止の為、下記写真はインターネットより拝借しました。
About-the-Close (1) www.realmarykingsclose.comより。干してある洗濯物は、再現。帽子の人はたぶんガイドさん。でもこのドアとか壁は当時のもの。当時はこの坂の上から、朝夕の1日2回、汚物を道に捨てていたらしい。臭いだろうなあ。そりゃペストも流行しそう。この汚物問題は、お城の近くも汚物による川ができており、「川」で「溺死」した人もいるとか。想像が難しいですね。。
スポンサーサイト