スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本一時帰国中の自分メンテ②財務編

海外に住んでいる日本人のほとんどが、日本円を銀行で持っているかと思います。
ネットバンキングが当たり前になった今、ネットで振り込み等色々できて便利ですよね。
でも、今日本に一時帰国して、日本が何かと海外移住者を排除している雰囲気がしてなりません。グローバル化の時代に逆行している気がします。

マイナンバーも、海外居住者には配布されず、日本に帰ってきてから住民票を入れて初めて発行されます。これ、マイナンバーがないと、自分の口座から自分の口座宛てでも振り込みができません。一時帰国してなかったら、どうしろ、というのでしょうね。海外に住んでいる人はもう日本人じゃない的な気さえしてきます。

この夏から、東京三菱UFJも三井住友銀行もワンタイムパスがないと、ネットバンクで振り込みができなくなりました。そのパスの発行も、日本に住所がないといけないとか、電話番号も日本じゃないといけないとか、海外用は別途手続きが必要だけどもそのときに日本にいないといけないなど、今海外にいる人はどうしたらいいんですかあ!!!ワンタイムパスも、海外での利用はできませんとのこと。まあ、実際技術的にはできると思うので、無視して海外で利用しますがね。

イギリスだったら、少額でも友達に振り込んでおくよー、という感じでスマホで払ったり、ほとんどすべてのお店でカードも使えますが、日本に一時帰国しているときは、十分に現金をもってないと、いまだに何かと不便。そしてATMを探して右往左往する。さらに時間外の手数料とか取られるし。

海外に住む者として、日本に家族等サポートしてくれる人がいればなんとかやっていけたりしていますが、いなければ、私だったらもう日本人をやめてしまおうかと思ったりするくらい、不便です。外国人を受け入れやすくしたりする制度の前に、日本人であることをやめてしまいたくなる日本人が少なからずいるのではないか、と思う今日このごろです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。