スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賃貸アパートを見つける

ブリスベンに移住してきて、仕事が見つかるまでの約3カ月は、夫バズの家族や友達の家に転々と泊まらせてもらっていて、仕事が見つかったタイミングで賃貸アパートも見つけました。夫婦とも仕事がないとやぱり家を借りるのも難しいです。

① ウェブサイトで物件をリサーチ。
おすすめは、このウェブサイト。色々な不動産屋が広告を載せていて、それを一挙に検索できます。
http://www.realestate.com.au/rent/
裏技で、気になる地区をドライブして、賃貸広告を見つけたら、直接その家の大家に連絡を取ると、いい値段で借りることができるそうですが、手続き等よくわからなかったので、このウェブサイトの不動産屋を使いました。

② 物件を見に行く
上記の広告に書かれてある担当者に連絡するか、オンライン予約します。物件によっては、公開されている日時にそのまま見に行ってもいいいものもありました。オンラインの写真はやっぱり実物よりもよく見える!ブリスベンの物件は古いクイーンズランド様式が多いので、実際に見ないと本当にいいかわからないものですね。

③ 契約
物件が気に入ったら、不動産屋に連絡を取ります。申込書に借りたい希望金額や借りたい期間を書きます。広告に掲載されている金額よりも安くかいても高く書いても大丈夫です。他の物件にも同時に申し込みをしても大丈夫です。不動産が大家さんに連絡を取り、大家さんが気に入ったテナントを選びます。他に希望者がいない等の場合は安くても選ばれる場合がありますのでお得に借りることができます。複数の不動産屋からオファーをもらったら、一つを決めて、デポジットを支払います。

④ デポジットの支払い
通常は4週間ほどのデポジットを支払い、契約書にサインをすると、正式に借りることになります。このデポジットは、RTAという第三機関が保管するので、退去したときにちゃんと正統な金額が返金されるしくみになっています。

⑤ 鍵をもらう
入居日の設定の日に不動産屋に鍵をもらいにいきます。これが平日の営業時間だったので、お昼休みに猛ダッシュで取りに行きました。

⑥ 光熱費等の契約
電話で電気とガスとお湯の契約をしました。色んな会社がさまざまなプランをもっているので、結局どれがいいかわからず、メジャーな会社にしました。水は大家が払うそうです。住民税的なものは、大家が払うそうです。

⑦ 引っ越し
いよいよ引っ越しですが、私たちは車がないので、ロンドンの時と同じようにMAN&VANを利用しました。つまり、運転手件搬出搬入をしてくれる男1人と荷物が入る車のセット。1時間で75ドルくらいでした。距離が近かった、かつ家具がなく、スーツケースとロンドンからの段ボール6箱のみで、ほぼ1時間で引っ越し完了!電気と水とガスもちゃんとつながっててよかった!

⑧ 引っ越しをしたら、3日以内に壊れているところはないかなど、細かくチェックします。小さな傷などももれなく記入および写真をとり、不動産屋に送ります。私たちは、ドアがちゃんと閉まらないのとシャワーヘッドが固定されていないという2点を修理依頼しました。1週間ほどでどちらも無料で修理してくれました。

⑨ ロンドンは家具付き物件がほどんどでしたが、オーストラリアは、ほとんど家具がついていないので、色々と買わなければいけません。初日にバズのお兄さんと妹さんからマットレスとベッド枠を買い取り、その後1週間は、テーブルも冷蔵庫も何もない床で生活していました。暑かったので冷蔵庫がなかったのは結構きつかったですが、楽しい思い出です。二人とも仕事は見つかりましたが、給料日までは貯金のなかから家具を買わなければならず、また、クレジットカードも持っていなかったので、本当にギリギリの生活でした。そして、初日に必要なタオルとかマグカップとかベッドのシーツなどは、K-MARTという格安なんでもショップで一気に買いそろえました。いまだに、まだまだ必要なこまごましたものを買わないといけませんが、なんとか生活できるまでに達しましたよ。

私にとって、初めて賃貸物件を借りるという試み。何かとわからないことだらけで不安でしたが、みんなそうやって生きて行っているので、本当はなんにも難しくないんですね。いままでぬるぬるとこの年になるまで、自分で借りたことないというのが恥ずかしかったですが、ようやく独立した気分です。(ロンドンでは借りていましたが、いつも大家さんのところに住んでいたので、セットアップは一切したことなかったのです。)
借りたアパートは、2部屋の小さなアパートですが、家から会社のドアーTOドアーで約20分で、駅やスーパーも近いのでとても便利です。また、ブリスベンはロンドンほど地域の格差がないですが、まあまあいい地域なので、近所におしゃれなカフェや自然食品店などもあり、近所を散歩するのにもとても楽しいです。これからの生活がとても楽しみです!
追伸:ブリスベンは暑いので、絶対にエアコンが欠かせません!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。