夢のマイホーム2:いくらくらいの家が買えるのか?ローンの設定

家を買うといっても、今のお給料でどれくらいのローンが組めるのか?どれくらいの家が買えるのか?そもそもオーストラリアのローンのシステムはどうなっているのか?等々わからないことだらけ。
とりあえず、いくつか銀行に直接話を聞いてみました。ホームローンのことで話したいと言って予約を取りました。

① NAB(ナショナル オーストラリア バンク)オーストラリアでは大手銀行
予約していた時間に銀行にいって、説明してもらいました。自分たちの給料と負債と、あと買いたい家は、投資目的かまたは住むためか、頭金可能額といった大まかなことを聞かれました。30年ローンで今の賃貸家賃にちょっとプラスしたくらいのローン返済で、、、
「ローンの方はとりあえず大丈夫そうです、でも二人とも外国から移住してきたので、信用度履歴が考慮されないので、履歴無というのは信用なしともみなされかねません。クレジットカードを作ることをお勧めします。」
外国でいくらクレジットカードあったって、優良カスタマーだって、この国じゃ考慮されないそうです。
「プレアプルーバル(事前に銀行からローンOKもらうこと)」をご希望でしたら、これこれの書類おくってくださいね。」
この担当者はかなりの若者で情熱的に語ってくれたが、私たちはどうももうちょっと調査が必要と感じたので、その後特に連絡は取らず。

② コモンウェルス銀行 (これもオーストラリア大手銀行)
住宅ローン担当者が週末の夜にわざわざ家に来て説明してくれた。内容は①の銀行とほぼ同じ。40代くらいの人で、なんとなく「俺デキル」オーラが出ていて、うるさかったので、私はほとんど何も聞いていなかった。

③ ムーゲージブローカーというのがいるらしいと職場で聞いてきて、そのうちの一Aussie という店に行ってみた。
ムーゲージブローカーとは、様々な銀行の住宅ローンなどを取り扱っていて、一つずつの銀行に問い合わせたり比較しなくても、一挙に比較して一番金利が安いまたは便利な銀行を紹介してくれるという人達。いいところは、この人達に私たちは手数料を払わなくてもよく、銀行が彼らに成功報酬を払うらしい。私たちの担当者は、気のいいおっちゃんで、英語や説明もわかりやすく、土曜日にも関わらず、お店を私たちだけの為に開けてくれた。ブローカーは銀行から手数料もらっているから、どうせお気に入りの銀行を紹介してくるんだろう、と思っていたけれど、そういうことはなく、自分たちの提携の銀行とは別の銀行もまぜて、パソコンで算出したベストマッチトップ10くらいを紹介してくれて、それぞれの利点問題点を丁寧に説明してくれた。

そこで学んだのは、「オフセットアカウント」。
ローンは固定金利か変動金利か選ぶこともできるし、二つを組み合わせることもできる。大体の銀行が、固定金利はずっと固定というわけではなく、1年とか2年の間は安めの金利で、その後はちょっと高めの変動金利に移行される。変動金利はこれから金利が上がるのか下がるのかわからないところが悩みどころ。ただし、ここで「オフセットアカウント」というのが利用できる。これは、現預金口座(銀行によって1口座から10口座まで)にある現金(普段の生活費などなどに使う現金)をオフセットアカウントに指定すると、その分の金利はローンとオフセットされて、払わなくてもよくなる。(日割り計算)。これはすごく便利ですね!全然しらなかったー。
RPデータという存在も知る。
家の値段がいくらくらいか、とか何年に建てられたとかのデータ。普通の人は見れないけれど、ブローカーや銀行に、知りたい家の住所を言うと、データを無料で送ってくれる。家の値段が交渉次第になっていることが多いので、だいたいの目安としてとても使えた。

私たちはこのブローカーを利用することにした。
パスポートコピー、2ヶ月分の給料明細、SUPER(オーストラリアの年金)等を送付して、ブローカーへの登録は完了!私たちは他に家も持っていないし(初めてのマイホームですから)、他に負債もないし(資産もほぼないけど)、車もないし、結構簡単なケースなんです。もっといろいろな複雑な人はいるかとは思います。

これで、家が買える目途が立ちました。豪邸は買えないけれど、郊外の庭つき一軒家、夢のマイホームプロジェクト、始動!!!!
スポンサーサイト