スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンバレ日本イベント

月曜日に悪夢のグループワークをなんとか提出して、イースター休暇前の課題は全部終わりました!
そして夜は、大学のバーにて、ガンバレ日本イベントをしました!!!
募金やメッセージ集めの他に、日本の文化を知ってもらおう!!というイベントで、何週間も前から有志で学生らが企画してきました。私も実は先週、毎日ある悪夢のグループワークが終わってから夜に、東京音頭の練習に参加したり、折り紙を教える為に練習したりと、いい息抜きになりました。大学からの資金援助と日本大使館から浴衣、ハッピ、提灯の貸し出しがあり、入場料は無料でできました。
IMG_0003_convert_20110413054652.jpg
みんな課題などで忙しいだろう、ということであまり期待していなかったのですが、なんと大盛況!6時にはバーが一杯になるくらいの人が来てくれました。5時から浴衣を着ての宣伝班になっていましたが、結局当日は宣伝しなくてよかったです。これも、facebookの威力?(留学される方はfacebook必須ですよ!)手作りデザインの「サムライ魂」Tシャツを着て、ハッピを来て、スタッフ気分満点です!よっしゃー。私は折り紙班で、サンプルで色々練習しました。実は鶴しか折れなかったので。ハート、箱、花、ダックスフンド、うさぎ、ライオンなど。しかし、同じ折り紙半のメンバーはもっと高度な折り紙ができいました。パンダ、鳳凰、立体バラなど。
はじめは「どうせ、みんな折り紙なんてちょっと難しいし途中で放棄して、出来上がったやつをもっていくだろう」と思っていたけれど、なんとブースを訪れてくれた人のほとんどが、とても真剣に折り紙を仕上げていました。初めてなのに綺麗に鶴を折って、まだ物足りないから、もっと難しいのをしたい、という人も沢山いました。(前回のブログの学生も来てくれましたが、怖くて折り紙はお勧めできませんでした。また紙の無駄遣いだと言われそうで。。。でもこれは立派な日本文化だと誇りを持ってます!)

もう一つのブースは、お習字。日本人学生でなんと9段をもっている人が教えていました。個人的にお習字は苦手だけれど、すごくすごく綺麗な日本文字を見ると、心打たれますね。日本にいるときは何も思わなかったけど、文字にこんなパワーがあることを外国人に説明するのが難しい。でもきっとお習字にチャレンジした人達はわかるはず。みんなまず「自分の名前」を日本語で書きたくて、それから、「愛してる」とか誰かへのメッセージを書きたくて、他には「一期一会」とか「以心伝心」とか部屋にでも飾るのか、そのようなものを習ってました。これがまたみんな真剣!!そして上手!ああ、私の字の方が下手かも。。

日本食も少し用意しました。細巻きすし、おにぎり、からあげ、鮭てりやき、たくあん、梅干し、枝豆。衛生面などから学生の手作りはだめだったので、日本食レストランに協力してもらいました。どうやら、予想通りにたくあん、梅干しは残す人が多かったです。あと意外と枝豆。イギリスでも豆はよく食べられているのに、なんだか殻に入っている豆が不信感をあおるのかよくわからないけれど、お皿に残ってました。「これはどうやって食べるのか?」と聞いてくる学生もちらほら。枝豆おいしいのになあ。先日辞めたアルバイト先では枝豆は人気商品だったのになあ。

一番盛り上がったのは、三味線と太鼓のパフォーマンスです。(これは外部の人がしてくれました)。ベンベン~と三味線がなると、皆写真をパシャパシャ。太鼓がドンドンと徐々に勢いを増していくと、フォ~と叫ぶ人たちまで(もう酔っ払っていたのか?)。演奏が終わると大喝采でした。改めて、太鼓と三味線のカッコよさに魅了されました。日本に帰ったら日本の楽器を習ってみたいなあ。
IMG_0013_convert_20110413034603.jpg

そして、メインの東京音頭。みんなノリがいい!もちろんシャイな人もいるけど、みんな楽しく踊りました。私は実は東京音頭を知らず、先週練習。そういえば、日比谷公園で1度踊ったような踊ってないような。練習時についでにドラえもん音頭も練習していたけど、結局披露せず。ドラえもん音頭は手がグーなところがなんともかわいいのだけど。

それから、一番盛り上がりが心配された、ゲームの時間。すしロシアンルーレットです。参加者の中から4人希望者を選んで、寿司を1つずつ食べてもらい、そのうち1つには大量のワサビが入っているので、誰がワサビ入りを食べたか当てるゲーム。これがまたまた大ヒット。参加してくれた人には、ちょっとした日本のなつかしいお菓子セット(ベビースターラーメン、おかき、ミルキー)がプレゼントされました。ベビースターラーメンも「これはなんだ?どうやって食べるのか?麺か?」と聞かれました。そうですよね、なんでインスタントラーメンみたいなのにお湯入れないで、そのままスナックのように食べるのか?でも、開けるのがもったいないということで、みんな大切そうに持って帰ってました。

終わりのころは、浴衣の着付け担当に。自分でもあまり上手く着れないくらいだけれど、ここでは、どうせ写真撮るだけなので、適当に巻きつけるだけで、みんな大喜び。実は、襟を1回間違えてしまったけど、みんな気にしない。(ゴメンナサイ)そして、大使館から借りた浴衣に、ウェスタンスタイル浴衣が。ポリエステルのテカテカしてチャイナ服を彷彿させる生地で、なんと上下別になってる!分かれ目は帯で隠せば、バッチリ!おそろいのキャミソールもついているというもの。意外にも男子学生からも浴衣を着たいとの希望があった。白地の浴衣は、なんだか温泉宿でビールのんで卓球でもしているようなオヤジにみんな変身しましたよ。笑。

日本の音楽も流れて(ほとんど知らない曲だったけど、今流行りの曲っぽかった。)、このイベントは大成功に終わりました!

ロンドンに来て、一度もホームシックになっていないけれど、このイベントを通して、なんだか日本もいいところ沢山あるよねぇ。と思いました。
特に、この春の季節は、ロンドンでもお花が咲いているけれど、日本の桜並木は本当にすごい。春の桜や、夏祭り&花火大会や、秋の紅葉や、冬の雪山があって、本当に四季が綺麗だと思います。ロンドンも暑かったり寒かったりするけど、町全体の景色の変化はクリスマスくらいだと思う。
自然はとても美しいけれど同時にとても恐ろしいものなんだと思う。一日も早く東北地方の美しい景色が戻りますように願ってます。
IMG_0002_convert_20110413035223.jpg近所のお花。桜??写真撮った時だけ雲が。。。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。