ロンドンあれこれ

日本から帰国する前に、実はロンドンでいくつか観光をしましたが、ずいぶん時間が経ってしまい、なんとなくうまくその体験を書けないきがするので、まとめて少しご紹介します。

①バッキンガム宮殿
夏の間、女王様がいないときだけ一般公開されます。ネットで予約要。昨年はうかうかしていて見逃してしまったので今年こそは、としっかり予約。土日はすぐに予約がいっぱいになるので注意。宮殿はさすがに広く、豪華。写真撮影が禁止だったので、ちょっと残念。また、今年はウィリアム王子とケイト妃の結婚式があったので、ウェディングドレスも飾ってありました。細かい刺繍がすごかったなあ。そして、真っ白なウェディングケーキも。ひとつは食べて、もうひとつは展示用らしい。すごく細かいデザインのお花のモチーフのケーキはもったいなくて食べられないくらい。ちゃーんと、ケーキカットの跡もありました。

②イングランド銀行
毎年9月の中頃の週末に、ロンドン中の普段は見れない建物が無料で公開されるオープンハウスという行事があります。こちらも去年は調査不足のため、見れなかったので今年リベンジ。人気の建物は予約が必要で、今年も気がついたらすでに予約はいっぱいだった。。。予約なしで当日並んで見れる、イングランド銀行に行ってきました。イングランド銀行は地上階にある展示室だけは通常でも公開されていますが、本当の中を見れるのは毎年この時だけ。しかもガイドもついています。まさにイギリスの金融街の中心バンク駅からすぐのところにあり、イギリスの金融の歴史も感じられる建物でした。予想外に面白く、後ろに並んでいた鼻毛と耳下がものすごいおじいちゃんとワクワクして見学しました。(最後の方に、そのじいちゃんと、知らないばあちゃんが仲良くなっててほほえましかったなあ。。。ちなみに年齢層かなり高い)。ちなみに2010年6月に20ポンド札が新しくなったのをいまさら知った。。。。だからたまに、「この20ポンド古いからダメ」と拒否されるのかあ。
bank of england

③ロンドンファッションウィーク
毎年2回、春夏と秋冬にロンドンファッションウィークがあります。ファッションが好きな人なら誰でも一度は実際に見てみたいキャットウォーク。パリコレとかミラノコレクションとかが有名ですが、ロンドンも負けてません、ロンドンファッションウィークはロンドンコレクションです!業界関係者があつまり、新作が発表されるのです。もうひとつ、ロンドンファッションウィークエンドというのがありますが、こちらは一般でもお金を払えば見れます。今回は幸運にも友達が誘ってくれたので、一般人ではみれないファッションウィークの方をついに見て来ました!!!見たのは、ヴィヴィアンウェストウッドレッドレーベルの春夏2012。普段は肉や魚が売られているマーケットを貸し切っての会場。どうしてかいつもコレクションって倉庫とか変な場所でするのよねえ。ちょっと生モノの匂いがするんですが。会場に到着すると、わんさか関係者風のひとが。スーツひとつでもオシャレ。テレビ局やカメラマンも沢山来ていて、あと有名人っぽいひと(私は全く知らないけど)も沢山きていた。はぁー、やっぱ現場はすごいなあ。そしてゲイっぽい人の率が非常に高い。席は前から3列目。ライトに照らされたモデル達が次々と歩く。思っていたより歩くスピード速いんだね。こんなに早く通り過ぎるのに、バイヤーの人など一瞬で覚えて判断するんだねえ。ショーの最後はオレンジの髪の毛のヴィヴィアンさんが登場!ショーの時間およそ10分。早い!そしてショーが終わるとみんなさっさと散らばる。みんな仕事があるんですね、そりゃ最新のコレクションですから。残るは、おのぼりさんらしき私のような人が数人、のんきに記念撮影をしてました。やっぱりロンドンはこういうイベントに参加できる可能性があるっているのは、すごいです!!そして、誘ってくれた友達に感謝。
vw1.jpgvw2.jpg会場の様子
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する