祝 卒業!!

国際ビジネス修士課程を無事に卒業できました!(成績発表の時点で本当は卒業なので、10月卒ですが、式は11月と12月にあります。)留学する前は私に1年間という短い間でしかも英語で異国の地で卒業なんてできるのだろうか?と思っていましたが、私でも卒業できました!日本と違い、こちらの大学は、入学は日本の受験に比べればそれほど難しくない(一部の大学を除く。そしてそれまでの成績は非常に重要)ですが、卒業は実際大変です。なので、入学式というものは適当にされるけれども、卒業式は一大イベントです。卒業式に参加できるということは、単に終了したのではなく、きちんと勉強して卒業できた、という誇るべき日なのです。

大学から卒業式のお知らせが封書で送られました。ちゃんと住所変更もしているし、送り先も日本じゃなくてロンドンだと報告しているのに、やっぱり大学が間違えて日本に送ったとのこと。クラスメートもほとんどがきちんとお手紙を受取れなかった模様。こういう時はメールにしてほしい。。。格好つけて封書にするから。。再送してもらうように問い合わせたところ、「時間がないからメールでおくります。」とのこと。最初からメールにしてくだしゃい!!そのメールに記載されているパスワードを使い、卒業式の予約をとる。すると、予約確認書がまた郵送で送られてくるので、その紙を当日持参し、現地で席のチケットを交換する。こりゃ、普通の劇を見るより大変な手続き。
仲のいい友達は予約するのが遅くて、まさかの「満席」。。。卒業生なのに出席できないなんて!! 付き添いは2人まで招待できるのだから(卒業生はもちろん無料だが、付き添いは1人につき25ポンドかかる!!)、付き添いの数を減らして卒業生本人の席を確保するべきだと思う!かわいそうに、その子は他の日に行われる他の専攻(ビジネススクールではなくて、芸術とか)の卒業式に出ることになった。それでもまだいい方で、他の日さえも予約がとれなかった人もいるのです!!
卒業式に着るアカデミックガウンと帽子は、レンタルで47ポンドなり。あまり購入する人はいない。学部、修士、博士と色が少々違うので、ほとんど使うこともないし。

さて、当日はロンドン中心部にある大きなホールに行くと、おお、みんなハリーポッターになっている!!自分のチケットをもらい、さっそく私もハリーになるべくガウンを着る。なんだかずれてきて、ものすごく着心地が悪い。帽子も頭にフィットしているのかなんなのか。1センチ単位で頭の周囲を記入して注文したのに。(頭の周りを測るのに、パディントン氏はメジャーをもっていなかったので、ベルトを頭に巻きつけて測ったのでした。ネクタイ巻いたら酔っ払いだ)見た目はかっこいいのに、こんなに着心地だったとは。
098_convert_20111204103818.jpg

それでもみんなハリーになって、久しぶりに会う友達とウキウキして写真をとりました。私のクラスメートたちは、ロンドンにいる人はいいとして、ヨーロッパやアジアなどから卒業式だけのために来ている人もいて、とてもうれしかったなあ。(そして最近は猫のミャーと話すくらい人間から離れていた気もするし。)仲のよかったタイの友達は洪水で家がダメージを受けたらしく、残念ながら会えなかった。それにしても、一大イベントとだけあって、結構家族も一緒に来ている人が多くてびっくりしました。みんな笑顔で家族も本人も誇らしげで、本当にいい日でした。やっぱり1年間苦労して勉強したもんね。日本の卒業式のことはほとんど覚えてない。。。。

式が始まると、少しだけあいさつなどがあり、ほとんどの時間は、一人ひとりが名前を呼ばれて舞台に上がって、握手をして歩く、というだけの時間。私は最後の方だったので、約1時間半待ちました。大学院の成績も重要で、大まかには Distinction(優), Merit(良), Pass(可)の3段階です。Distinctionやさらに優秀な表彰者はそのことと名前が呼ばれるので、拍手も一段と大きくなります。日本の優のレベルと違ってDistinctionは本当にとるのが難しいです。それでも日本人の友達はDistinctionを取っていました。でも、私の専攻では誰もDistinctionを取りませんでした。政治経済の科目がむずかしくて、みんなあまりいい点数をとれなかったからだと思います。。。どうやら相対評価ではなく絶対評価のようです。卒業式では全員の成績カテゴリーと名前のリストが配布されるので、誰がどの成績だったのか、卒業できたのか、というのがすぐにわかります。なんとMeritの欄には、私や一緒にグループワークを頑張った友達がほとんどを占めていたのでとても嬉しかった!!一方で残念ながらリストにない友達も。。。一人ずつの指定席だったのに、仲のいい友達ほとんどと近くになったので、大学は交友関係まで調査したのか、すごいなあ、と思ってましたが、まさか。単に成績カテゴリーでまとめられただけだったのでした。

式が終わり、そのあとは軽食や飲み物もありましたが、みんなのんびり食べているわけではなく、このガウンを着てどんどん写真をとったり、もういつ会えるかわからない友達と別れを惜しんだりしていました。(ガウンは式の終了後1時間で返却しなければならないので。)
そしてもちろん夜は各自仲のいい友達と飲み!!パブとバーでわいわい騒ぎました。これで学生生活も本当に終わりです!!つらいようで本当は楽しかったなあ!!みんなこれからそれぞれの道を歩み始めます!

こうして無事に卒業できたのも、皆様のおかげです。本当にありがとうございました!

式が終わり、携帯電話を見ると、伝言メッセージが入っている。
な、なんと!!!

仕事が決まりました!! in London!!!

卒業式の日に仕事が決まるなんて、本当の本当にすごいタイミング!
近くにいた友達もみんな祝ってくれて、テキーラショットもふるまわれました。(1滴しか飲めなかった)
私の頭の中はしばらく花火がドカーンドカーンとなっていたのでした。

という訳で、こちらのブログは「パディントン氏のロンドン日記」という、のんきな名前に変更して、テーマは私のロンドンでの生活、というもので続けていきたいと思います。
これからも引き続き、よろしくお願いします!!
スポンサーサイト
コメント

卒業&採用決定おめでとー!

留学経験ないから、分らなかったけど、卒業式の準備というか予約とったり、面倒なのねv-22
アカデミックガウンと帽子は海外の大学の卒業式ならではだもんね、誇らしい気持ちになるねv-20 心配してた就職の悩みも解消されてWでおめでとうv-33 ブログで後ろ姿でも卒業式の姿を見れて嬉しいよv-20

Re: 卒業&採用決定おめでとー!

ありがとうー。アカデミックガウンは日本でもあるけど、やっぱ海外の大学風だからうれしかったー。
ちなみに、有料の写真などもオーダーでき、「金色枠」「銀色枠」「絵画風」などなど沢山の種類があります。そして卒業式DVDなるものまで注文できます。。。。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する