スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドンの年越し

皆さま、すでに1月の半ばですが、あらためまして明けましておめでとうございます!
今年もぼちぼちブログをUPしていきたいと考えていますので、応援お願いします!
london_new_year_fireworks.jpg
画像:http://brightone.org.uk

さて、昨年はスペインにて年越しを体験しましたが、今年は初めてロンドンで年越しをしました。日本人の友達がパーティーを開いてくれたので、参加させてもらいました。カウントダウンはテムズ川周辺で盛大に行われる花火の生中継を見ながらそしてなんとベランダから実際に花火を見て楽しい年越しになりました。

日本では毎年、新年になる前は、なんとなく1年を振り返って、色んな事があったなあー、と思いながら、無事に1年を過ごせたことを感謝し、新しい年では、1年の抱負を一応考える(といっても毎年、健康第一。。。)、といった感慨深いものがあります。実際、日本時間のほうが9時間進んでいるので、ロンドン時間午後3時に年明けとなったわけですが、私はパソコンで家族の協力を得て、紅白歌合戦を見て、日本の年越しを少し味わいました。レディガガも出てすごかったですね。大家さんに「Happy New Year!」と騒ぐと、大家さんも、一緒に日本時間で祝ってくれました。そのあと、友達のフラットでのパーティーに行き、なんだか2回新年を味わった感じでお得感がありますね。

こちらの新年は、たんなる盛大なパーティーのような感じだと思いました。スペインほどクレイジーではないけれど、とにかくみんな酔っぱらう。夕方からすでにテムズ川周辺では大勢の人が場所取りで押し合いへしあいだったと聞いています。やっぱり何かと祭り的なものがあると、みんな国旗のぼうしだのをかぶったりしている。私は、なんとロンドンにて年越しそばをごちそうになり、少し日本色も加えつつ、花火を見ました。この花火がすごい。ビッグベンから花火が噴き出すし、ロンドンアイ(観覧車)も色とりどりのライトでピカピカするし、音楽も流れて、エレクトリカルパレートのようでした。
地下鉄は23:45~04:30まですべて無料に解放されるので、カウントダウンのあとも、気兼ねなく帰宅できます。
帰りの地下鉄はもう酔っ払いだらけで、大騒ぎの人やら静かな人やら。さすがにスペインのあの、無法地帯と化した状態とは全然違うけれども、いつもと違うロンドンになっていました。

そして、次の日は、新年のパレードが街の中心で行われました。色々な団体のブラスバンドやらがパレードをして、楽しかったけれども、あいにく大雨。。。だいたいいつも小雨なに。。。参加者も見物人もみんな風邪ひきそうなくらい雨でした。。。。それにしても、次の日は、朝からすっかりもとのロンドンに戻っていたのには関心。スペインは2日ごろまで酔っ払いなどわけのわからない人がうろついていたのに。

2012年は、海外での初めての就労ということで、チャレンジングな年になりそうですが、(2011年も学業でだいぶチャレンジングでしたが)、健康に気をつけつつロンドンの生活を楽しみたいなぁ、と考えているパディントン氏なのでした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。