スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然史博物館に行くの巻

さて、年明け始めの観光は(ロンドンに来て1年半くらいになるのにまだ観光場所があるのが驚きです。)、自然史博物館です。ロンドン中心のサウスケンジントンにあるこの自然史博物館は子供たちも大喜びのテーマパークのようなでも自然について学習できる博物館です。土日はさすがに子供が多い多い。博物館なのでだれでも入場無料!

ここの一番の見どころは、何といっても巨大な恐竜(の骨)。数メートルにおよぶ恐竜たちは本当に迫力がある。恐竜コーナーの中にはT-REXが動くように作られていたり、ジュラ紀を想像してちょっとこわいなあー、と思ったり。ジュラシックパークの気分が味わえた。
Dippy_convert_20120118061331.jpg通称ディッピーとよばれる恐竜と撮影

そして、火山と地震のセクションでは、なんと、あの阪神淡路大震災が体験できるコーナーがあった。そのコーナーでは、ちょうど日本のスーパーマーケットが少し再現されていて、アサヒビールだの(誰かが飲んで空き缶だった)、どん兵だの(これもカラ)、ポンジュースだの(これはインクが入っていた。)懐かしい食材が陳列されていた。全部中身が入ってなさそうだったのが残念。笑。そして小さな画面で地震当時のスーパーの様子が映し出される。スーパーだかコンビニなのに、なぜか「チントンシャン」という日本と中国の間くらいの音楽が流れている。そして地震発生!周りの人たちは「おお、これが地震かー」と感心していたが、「全然違う!」と思った。当時私はまだ中学生で、阪神地区に住んでいたが、あの地震の揺れは本当に怖かった。ドーンと響く縦揺れはこの地震コーナーで再現が難しかろう。次第に左右にスライドする感じが限界のようだった。今日はちょうど1月17日で17年になる。ここイギリスで17年前の日本の地震のことをひとつのコーナーとして設けてくれて、皆があの地震のことを知ってくれるというのは、本当にありがたいなあ。

そのほかは、石や星や宝石や動物など自然に関する展示は、何度か足を運んでちゃんと勉強したい。こういうことの英語は特にわからないし。。。自然って本当にきれいで怖くて面白い!というのがよくわかる展示。

さて、ロンドン中で冬の間だけスケートリンクが現れますが、この自然史博物館前にもスケートリンクがありました。みなさんも冬にロンドンを訪れたら、スケートも楽しんでみてください。ロマンチックな雰囲気ですよ。
Natural+History_convert_20120118061756.jpgスケートを楽しむパディントン氏。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。