スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーンウォール紀行 1日目 ロンドン→St. Ives

イギリスではイースター祝日があります。金曜~月曜日の4日間。日本に比べて祝祭日が少ないので、4連休でもとても嬉しいです。さて、あまり旅行しない私ですが、コーンウォールに2泊3日で行ってきました。

コーンウォールは、イギリス南西部の地名です。ロンドンパディントン駅から電車で約6時間。最初の目的地St. Ivesへは、途中St. Earthで乗り換えます。電車は二等車でも十分新幹線こだまくらいの乗り心地です。インターネットで予約したときに、進行方向がいいか選択肢がありますが、全く逆方向。絶対、考慮されてないと思う。。。できないならそんな選択肢作らないでほしい。。。イースター休暇初日で、みんなウキウキ。満席の列車は、ロンドンを離れるとすぐに、牛や馬や羊のいるのどかな景色に変わります。途中の駅からもどんどん人が乗ってきて、通路に座ったり立ったりしている人達も。
4人席になったので、向かいに座ったらイギリス人50代くらいのおばちゃんと少しだけお話をした。コーンウォールには毎年2回は行くそうな。今回もハイキングをしに行くと言っていただけあり、大きなバックパックとハイキングステッキと、スポーツウェア。1週間くらい行くらしい。私ももっと時間があったらハイキングもしたかったなあ。
St Earthはとても小さな駅だけども乗り換え。ゆっくり走る列車に揺られて15分ほどでビーチが見えてきた!イギリスなのに、晴れ!!ビーチと日光と白い家々を見て、電車の乗客がざわめく。一応ロンドンのテムズ川に「ビーチ」と呼ばれるものがありますが、砂浜の汚いことと言ったらもう。灰色の砂浜に数々のゴミが落ちていて、川は道頓堀のように汚いし。それを考えると、白いビーチを見て、ワォ!と言わずにはいられないのがわかります。ヤシの木とかもない、ちょっと殺風景なビーチですが、十分綺麗です。
この日は12度くらいで、風もとても冷たかったのですが、寒中水泳(?)を楽しんでいる人もちらほら。半そでや水着で日光浴の人も。寒い!!!!
Cornwall+004_convert_20120410012328.jpg晴れていてもコートと帽子のパディントン氏

ここSt. Ivesは美術館が沢山あるそうですが、あまり興味がわかなかったため、ビーチでのんびり。スウェットスーツを着た5,6人のティーンが飛び込みをするのを冷やかしたり(一人が怖がっていたので、周りの野次馬達とガンバレーと応援したり)、魚を軽量する大きな測りでちょっと体重を量ってみたり、ビーチクロケットをする人たちのボールにあたってみたり、海でヨットと格闘する初心者を、寒いのにアイスクリームをほおばる老人夫婦と一緒にののしったりして、時間はゆっくりと過ぎて行きました。
今回の旅もバックパックの旅なので、バックパッカーの宿に宿泊。これがまた、ボロボロだった。宿は元小学校だったらしく、学校の教室が部屋に改装されていて、学校のトイレがむりやりシャワールームになっていた。そして中庭で、50代くらいのヒッピー族(まだ絶滅していなかった!)達が飲んでギターを弾いて歌っていた。部屋のベッドリネンは、子供の男の子用で、青地に色んな種類の車の柄が。。。。ものすごく手作り感満載のこの宿はなんとも不思議でした。
晩御飯は海岸にずらりとならぶレストランから適当に選ぶ。メニューを外から見ていたら、身なりのよい家族の旦那と妻が話しかけてきて、「ここのレストランはものすごくおいしいよ。私たちは明日の晩に予約してるんだけど。値段は決して安くないから、夜7時までのお任せセットがあなたにはいいかもしれないね、あ、もう8時ね、はははー」。はい、高級レストランにはふさわしくない身なりをしており、ドアの閉まらない(というか閉まってもかなり見える)トイレのあるボロ宿に宿泊しておりますが、少しくらい奮発できます。が、満席。くやしー。気を取り直して、数軒先のなかなかよさそうなレストランへ。金髪の子供が私を10分ほどガン見する。イギリスの子供は大抵アジア人に慣れているので、そこまでガン見されたことないので、ちょっとどぎまぎしてしまった。イースターの金曜日、グッドフライデーはカトリックでは肉を食べないので、私は久しぶりに夕食にサバの塩焼きを食べました(カトリックでもないけど)。さすが海の町だけあって、お魚美味しかった。しかし、それよりも、なぜか、野菜スープがものすごくおいしかったなあ。そして、店員さんに「本日は、ビーフステーキが売り切れです」と言われた。みんなパクパク肉を食べる食べる。笑。
港町の観光客はほとんどが白人。やっぱり太陽の光を求めて集まってくるのだろうか。そして、中くらいの大きさの町にありがちな、夜になると飲んだくれた若者が町を闊歩する。至るところに、「アルコール禁止ゾーン」というサインがありましたね。にもかかわらず、夜10時ごろ、飲んだ若者たちが海に飛び込んでました。。。。
Cornwall+010_convert_20120410012635.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。