スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪をひきました。in London

ロンドンに来てもうすぐ2年、初めて本格的な風邪をひきました。そして1週間たってもまだ治っていません。。。。

こちらのウィルスはどうも日本のより強力な気がするのは気のせいでしょうか。どこからウィルスをもらったのかと考えていたら、先日の女王の誕生日連休で、寒くて雨が降ったというのもありそうですが、よく考えると、電車などで、みんな咳やくしゃみをして、その手で手すり(吊革というのはありません。)につかまったりします。そんなウィルスを気にせず、手すりにつかまった手でポテチなぞをボリボリ食べている人もいますけど。

葛根湯はすでに遅し、日本から持ってきていた風邪薬の一つは使用期限が数ヶ月前に切れていた。のこっていた別の風邪薬で、なんとか熱が下がりましたが、咳がひどくて、息もくるしく、眠れなかったので、夜中にNHS24時間救急病院(国営なので無料)に行きました。

夜11時くらいに病院に行くと、待合室には色んな人がいました。
ーおでこから血を出したスペイン人の若い女性が友達3人ほどと来ていて、待っている間、パーティーのように騒ぐは、実家に電話するわ。
ー誰が病人かわからないグループ5人衆は、みんなでリンゴやらチップスを食べつつ雑誌を読みながらおしゃべり。
ー床で眠る人。(倒れているのではない。声をかけても、「座るのいやだー」と返事。そりゃ、病人なら横になりたいよね。
ー「めっちゃ一生懸命仕事してたら、昼ごろから頭痛いんです」と訴えるインテリ系男性。待っている間、難しそうな巨大な本を読んでいる。頭痛くないのか?
ー足を怪我した妻と付添の夫。二人とも超陽気で、声がでかく、受付の人と陽気に長話する。

1時間ほど待つと名前が呼ばれたので、診察室らしきところに行くと、かわいくて若いお姉さんが、血圧と体温を測った。症状を訴えると、ものすごい笑顔で、「風邪だと思う!」ときっぱり。そして、じーっと見られたので、「それだけですか?」と答えると、「私は医師じゃないから、お医者さんにみてもらいたいなら、今日はこれから3時間待つか、明日の朝来てください。」とのこと。えええ、病院なのに、しかも今、なにやら血圧とか測ったのに、しかもお医者風な身なりなのに、医者じゃない???!!!ショック。3時間も待つと、本当の夜中になってしまうので、翌日の朝にまた病院に行った。

朝の病院は、10時10分の予約。予約書には「遅れたり、来なかったら、予約を取り下げますので、自分の担当医のところに行ってください。」との注意書き。これは遅れてはまずい、と思い、9時50分に病院着。が、場所がいまいちわからない。色んな人に訪ねて、やっと見つけた、約15センチほどしかない窓口。ちなみに、なんの窓口とか全く何も表示なし。だれがわかるんだか。やっぱりだれもわからないらしく、待合室(というか、廊下に椅子だけ)には誰もいない。窓口の奥には、若くて背の高いイケメン兄ちゃんが、COSTAコーヒー(チェーン店)Lサイズを飲みながら、若くてはつらつとした女性(こちらはCAFE NEROのコーヒー)に、何やら教えている。二人は笑いながら、仕事をしているんだか、おそらくいい感じのカップルの予感。あのー、ここに咳で死にそうな人がいるんですが。。。。予約時間とっくにすぎてもう1時間くらたってますけど。と文句を言うと、どこからともなく、スーツを着たレスラー風な男がアシスタントのレスラー風女性を連れてきた。どうやらレスラー男が医者の様子(白衣というか青衣も着てない)。アシスタントレスラーが、血圧、体温を測り、喉と耳を見た。報告も体育会系風。「異常ありません!」。聴診器も「呼吸はスムーズで、雑音ありません!」との報告。レスラー男は、「うむ、そうだろ。風邪だからな。」
そして、「今回の処方としては。。。。はちみつとレモンです。これが安くていいから、自分で買いなさい。じゃあ。」
って。。。。風邪薬だの、咳止めだのないんですかあ?「体力をつけて、ハニーとレモンでよろしい!」

どうやら、イギリスでは、「自分の健康は自分で管理。風邪をひいたやつは、自分で直せ。病院にはできるだけ来るな。薬は薬局で自分で買え。というか、風邪をひくやつが悪い。」
ということのようです。はい、自分の健康管理の重要性は、十分わかっておりますが、ここまでだったとは。。。

今後できるかぎり、NHSにお世話にならずに健康で過ごしたいものです。
スポンサーサイト
コメント

Re: 大丈夫ですか?

コメントありがとうございます!
風邪はほとんどなおりましたが、おそらく花粉症デビューしました。
(イギリスに来て花粉症になる人多いみたいです。)
健康第一ですね。。。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。