スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Peak District紀行②

2日目。朝ごはんは、イングリッシュブレックファスト。トースト、クロワッサン、卵、焼きトマト、マッシュルーム、ポテト、ベーコン、ソーセージ、フルーツ、ヨーグルト、フルーツ各種。欲張って沢山とったので、お腹いっぱい。
別の宿に泊まっている友達を迎えに行くと、なんだか普通のお宅なんですが。。。勇気を出して、ピーンポーン。なんだか素敵なおばちゃんが出てきてくれて、「お友達の準備ができるまでリビングで待ってたらいいよ」と言ってくれた。その宿は、普通のお宅(といってもものすごく綺麗。)で、どうやら子供さんが巣立っていったので、夫婦二人じゃ寂しいという感じなのかB&Bを始めたと勝手に想像している。待っている間にお茶までごちそうになり、さらにはこれからの観光計画を立てる資料まで提供してくれ、インターネットも使わせてもらった。めっちゃ素敵!このB&Bは絶対にお勧めです!そして3部屋くらいしかないこじんまりさもいい。ピークディストリクトへ車で観光される方、ぜひとも泊ってみてください。(べつにここのまわしものではないけれど。)
(www.meadowlodgetideswell.co.uk)

さて、今日の目的は、ハイキングです。簡単で楽しいハイキングコースないですかあ?と、私が泊っていた宿の人に聞くと、めちゃくちゃ親切に地図を探して、行き方を教えてくれた。が、なんせ田舎なので、地図が適当。もうこれはカンで行くしかない!予想外にあまり迷わずに、Stanage Edgeに到着。ここはロッククライマー達に人気のスポットで、いつかロッククライミングをしてみたいと思っている私はわくわく。車から降りると、本当に石(岩?)が壁のようにずっと連なっていた。あの上まで登るにはさぞかし大変なんだろう。
Peak+District+024_convert_20120925051929.jpg
と思いきや、「簡単でした」。登る途中で、山羊たちが上からドドドーと降りてきた。細い道は一本しかない。突進される!と思ったら、目の前で止まった!しかも道の脇によって!何か草など食べるわけでもなく、私に写真を撮られるがままに、そこらへんでウロウロ。何をしているんだろう。と思って、しばらく眺めていたけど、一向に移動する気配がないので、「私にもしかしてなついたかな?」と思い、また道を歩き始めたらきっとついてくるかな?と期待。が、違った。ヤギ達は私が登り始めたらすぐに降りていった。。。そうです、ヤギ達は、私に道を譲ってくれてたのです。ああ、きっとヤギ達は心の中で「馬鹿な人間どもめ、早く移動しろよな、せっかく道を譲ってやってるのにさ、なにのんきに写真とってんだよ。」と思っていたに違いない。。。
さて、楽に上まで登ると、ロッククライミングをしている人たちが沢山。そして、彼らの犬たちが、「落ちないでくれよ、頼むよ」と心配そうにウロウロして見守っていた。
Peak+District+033_convert_20120925052445.jpg

岩のぎりぎりをどんどん歩く。景色といったら、曇りのイギリスっぽい風景に岩の絶壁。身投げしたくなります。笑。これがイギリスですね。高慢と偏見でもこの場所が登場したらしいが、どういうシーンか覚えていません。

この日はハイキングで一日が終わり、2日目の宿へ。
この宿は、サウナとホットバスジャグジーがあり、寒かったけど、水着で夏(?)を楽しめました。どちらも西欧人用だからか知らないけれど、相当温度が低かったけど、なかなか水に浸かることがないイギリスでは貴重な体験。(宿のオーナーは夏の雰囲気を出す為かそれとも単なる暑がりなのか、短パン半そでに裸足だった。。。。)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。