ボンジュール おパリへの旅④ ~雨のエッフェル塔

たった1泊2日なのに、予想以上に色々思い出があり、第4回目になります。そしてまだ1日目。(2日目はあまり書くことがないのでご心配なく。)

さて、ノートルダム観光の後、5区と6区を練り歩いた。お土産屋のポストカードを見て思い出した。そういえば、アルチュール・ランボーの住んでいたところは、このあたりだったと思う!!ランボーは19世紀の詩人でもちろんフランス人であります。ディカプリオ演じるランボーの映画「太陽と月に背いて」を見てから、このランボーのイカれた散文詩「地獄の季節」を若い時に読み、しばらく忘れていたけれど、思い出した!ランボーの家の住所などもちろん調べているわけもなく、ポストカードに書いてあった住所を覚えて探す。(その住所がなんだったか今はもう覚えていないけど。)ちょうどその名前と同じパブがあったので、きっとその近くだろうと思い、パブに入ってバーテンの若いお姉さんにきいてみた。「エクスキューゼモア。ウ・エ・ラパルトモン・ドゥ・ランボー?」(「すみません、ランボーのアパートはどこですか?」というフランス語のつもり。定かではない。)お姉さんは、「ランボーって誰?」と聞くので、「アルチュールランボーです。詩人の。19世紀の。この店と同じ名前の住所に住んでいたはずなんです。」お姉さんは、お客さんの50代の太っちょおっさんにも聞いてくれたけど、おっさんは「何の詩を書いた人?」というが、「地獄の季節」のフランス語がわからず、全く通じなかった。太っちょおっさんは、目をまんまるくして上下左右にくるくる回し、いわゆる「オーマイゴッド」のポーズで、「ジュヌセパー」(知らんがな)との回答。。。。ランボーを知らないのか、それとも通じなかったのか。とにかく残念。次は下調べしてから探したい。

適当に歩いていると、ちょうどガレット店が沢山並ぶ通りを発見。さっそくガレット通りと勝手に命名しました。(たまたま見つけたので、二度と戻れない気がする。)ガレットはそば粉のクレープとでもいいましょうか、甘いものもあれば、ベーコンや卵などと一緒に食べる、甘くないのもあります。なかなか人気店の様で、次から次にお客さんがきていました。
Paris+024_convert_20121020215919.jpg
さて、お腹も一杯になり、日も沈んだので、エッフェル塔から夜景を見に出発!
夜のエッフェル塔がちょうどライトアップし、キラキラ輝いて、初めて夜のエッフェル塔を見た私は感動!
Paris+026_convert_20121020220209.jpg
でも雨がぽつぽつ降ってきた。エッフェル塔の上に登るには、長い長い列に並ばなければならい。あともう少しで切符売り場というところで、大雨になった!私はロンドンの習慣から晴れている日でも常に折りたたみを持っていたので、それをさす。後ろに中国人の女の子が一人で並んでいて、何やら中国語で話しかけられたけどわからず、英語もあまり通じなかったけど、傘の中に入れてあげた。さっきまですごくいい天気だったのに、突然のどしゃぶり。急に現れたのは、違法傘売り。「アンブレラ、アンブレラ」傘はいらんかねー?みすぼらしいなりをしていて、売っている傘がいろんな色だったり大きさだったり、どこかで取ってきただろう、という感じがする。中国人の女の子が傘をうられそうになり、私が「いくら?」と聞いたところ、「10ユーロ」とのこと。えええ!高い!「2ユーロなら買うけどどお?」と交渉したものの、「あの女性も他の人もみんな10ユーロで買ってくれたんだから、10ユーロだよ。こんなに雨が降っているんだから、10ユーロでも安いほうだよ。」と一歩もゆずらない。並んでいる人達は次々と傘を買っていった。そして、突然、傘を振りかざし、思いっきりその傘で売っている人を叩いた女性がいた。「この傘壊れているじゃない!10ユーロかえせ!2秒とももたなかったし!」と、あまりの激怒からか、フランス語なまりの英語で怒っていた。もちろんそのときには、すべての売り子たちは走り去り、雨の中に消えて行ったのでした。今回の旅行で気付いたのは、まずしい身なりであぶなさそうな人達がパリには沢山いる気がする。ちょっとでも油断すると、危ない目にあうのではないか、という危機感を感じます。ロンドンも少し前まではそういう状態だったらしいけども、暴動やらオリンピックやらで警官がよく回っていたので良くなったのかなあ?とも思います。チケット売り場ちかくになると、観光客は「上まで登るのにいくらですか?」とお決まりのように聞くけれども、係員は「13.4ユーロです」と無愛想にこたえる。他の客が「今日はTOP FLOORが閉まっているのに、なんでその値段を案内するんだ?」と文句を言う。そうなんです、こんな超観光地でもフランス人係員は無愛想な上にこたえも適当である。なんだかロンドンの人々が本当に優しく感じる。結局最上階は本当にしまっていて、途中までしか登れなかったけど、エレベータのようなものにのっている間に雨はすっかりやみ、エッフェル塔から、パリの夜景を楽しめたのでした。でも、雨で階段が滑りやすくなり、女の子が滑ってなきじゃくったり、高所恐怖症の人が雨でぬれた床を慎重に歩いていたり、私は景色よりも人間観察の方がおもしろいのでした。夜景はやっぱり東京のほうがピカピカしていて綺麗だと思う。

ホテルまでの帰りは、夜11時半くらいになったので、タクシーをひろう。これもまた難しい。どんどん人々は並んでいる列関係なくタクシーを拾っていき、律儀にならんでいた私とアメリカ人の黒人女性4人組が「なかなかタクシー拾えないね」と苦笑い。私たちももう並んでなんかいられないと、周りにならってやっとタクシーを捕まえた。タクシードライバーは、あまり英語が通じないにもかかわらず、しゃべくりまくる。そして、ハンドルから手を話して大きなジェスチャーに加え、後ろを振り返るので、事故に会わないかヒヤヒヤした。ドライバーの話しでわかったのは、「そこの建物、戦争、バンバン、スヤスヤ、200年、ビッグ、ビューティフル」くらい。適当に相槌をうつ。フランス語がわかったら、面白い歴史の話しが聞けたのかもしれない。このタクシー料金は、傘と同じ値段だった。こちらの方がよっぽどいいね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する