スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Budget day ~イギリス予算発表の日

3月20日はイギリスの予算発表の日(バジェットデー)だった。
オズボーン英財務相が、Downing Street 11番地のドアから出てきて、得意げにみんなの前で赤いケース(Red Box)を見せる。まるで印籠を見せるかのように。
4006cb89-8bed-44a7-87ee-6503da2abe2d-620x372_convert_20130324235608.jpgpicture:the guardian

そう、この赤いケースのなかに、今から発表される予算が入っているのです。なんてワクワクするパフォーマンス。みんな箱の中身が見たくてしょうがない。アホな私でさえ、「へえ、この赤い箱に予算が入ってるのね。中身を知りたい!」って自然に思う。
この赤い予算箱はずいぶんと歴史があり、150年前から使われ、かなり古くなったので、2011年から新しいものが使われている。
budget_gladstonebox2_convert_20130324235824.jpg
元祖レッドボックスpicture:hm-treasury.gov.uk

それから、箱の中身が発表される。オズボーンさんも簡潔に発表してくれるし、いろんなウェブサイトでも、普通の人の生活にどういうところが変わるのか、いくらくらい変化がでるのか計算できるサイトもある。
今回は、法人税の引き下げ、所得税の最高税率の引き下げ、課税最低所得の引き上げ、ビール税の引き下げ等。

日本は、補正予算につぐ補正予算で、結局のところどうなの?って、ちゃんと見てないとよくわからない。で、なんだかもう面倒になる。
イギリスのように、日本も国民みんながわかるような発表をしてくれたらいいのになあ、と思うのは、私だけだろうか。。。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。