WBハリーポッタースタジオ

ハリーポッターファンとして、ぜひとも行っておかなければならない!
ワーナーブラザーズのハリーポッタースタジオがロンドン北部にオープンしました!
ネットでスタジオ見学の時間を予約して、出発!
住んでいるところが、ロンドン北部なので、電車で約1時間、そこからハリポタ送迎バスで数分の場所にあります。
*ネタバレありますので、これから行こうとおもっている人は見ないでください。

Hogwarts_convert_20130603050448.jpg
ツアーの最後には、ホグワーツの24分の1縮尺が待っている。でかい!(部分的には実際の建物を撮影したり、この縮尺版をつかって撮影したりしたそうです)

子供ばかりだろう、と思いきや、送迎バスには子供は一人もおらず。まさかの大人ばかり満席でございます。大人ばかりなので、恥ずかしがらずに、テンションあげて大丈夫。笑。
スタジオに着くと、さすがに車できていた親子がちらほらいました。
入り口のところで、主役3人の手形があり、私の手は、ハーマイオニーとぴったりで一人うれしがる。
時間は予約したけれど、ぜんぜん関係なく中に入る。まず、WBのお兄さんが挨拶、それから大きなスクリーンで役者さんたちのコメントをみてから、そのスクリーンの後ろから、ホグワーツ(ハリポタの学校)の巨大な門が登場!そして、そこの中に入ると、大食堂!めちゃくちゃエネルギッシュなスタッフたちが色々と説明してくれた。

その後は、各自自由に見学という流れになっていた。子供だましだとおもっていたけど、うん、これは大人でも面白い。映画がどのように撮影されたのか、という点にフォーカスされているので、映画を見ていない人は見てから行かないとちょっとイメージがわかないかもしれない。なるほど、スタジオの名前も、「メイキングオブ ハリーポッター」でした。それぞれの作品の監督の話や、衣装さんや、小道具さんや、映画で登場する動物たちのトレーナーさんや、そしてやっぱり特殊メイクや特別な技術の公開が面白かった。映画作るのって、すっごく面白そう!そして、今の時代、CGでなんでも作れちゃいそうだけれども、やっぱり職人たちが細かいところまで実際に作ってるんだあ、って驚きでした。たとえば、ハグリッド(ハリーたちの先生であり友人のようでもある巨人)の頭や、大きな鳥やねずみや、そしてヴォルデモート(悪いやつ)も実際の機械でできているのにびっくり。
special_convert_20130603050524.jpg特殊メイクの場所。怖いーー。

他にも、展示のようにして、映画で使われた、学校の寮や先生の部屋や小道具などなどじっくり見れます!たとえば、ダンブルドア校長の部屋にある、沢山の記憶のビンは5000個あり、そのラベル一つ一つ手書きで書かれていて、映画に関わった人たちの名前だとか。大量の杖の箱もラベルが一つ一つあり、ハリポタ作者のJKローリングさんの名前も発見!
clock_convert_20130603050359.jpg学校にある大きな時計。実際に動いている。

そして、なんと、なんと、ハリポタファンにはたまらない、「バタービール」が飲める!!ハリーたちが、休日にダイアゴン横丁で、よくバタービールを飲んでいて、みんな「本当はどんな味なんだろう?」って思っていることでしょう!ここで実際の味がわかります!!すごいでしょう!!!実際は、アルコールじゃありません。子供向けだからね。そして、バターの味もしません。バターの味したらまずそう。バニラの味がしました。甘すぎて飲めたもんじゃないと聞いていたけど、そこまであまくなく、さっぽりした味で一人で全部飲めました。でもバニラ以外に何が入っているのか、よくわからなかった。。。これはホント、「バタービールの味は、飲んでみないとわからない。」です。
butter+beer_convert_20130603050336.jpgバタービール3ポンド。後ろにナイトバスもあるよ。
privet+drive_convert_20130603050509.jpgハリーが人間界で住んでいる家。中には入れない。

その他に、魔法の杖の使い方教室や、空飛ぶほうきに乗って特殊撮影したり、子供も大人も楽しめます。つるっぱげおっちゃんが一人で真剣にほうきに乗っていたりする。しかも、ハリポタのガウンも貸してくれるからますます気分がノル。

もちろんダイアゴン横丁(魔法のほうきや、ふくろうや、杖など全部お買い物はダイアゴン横丁。)もあります!なんと素敵なパラダイス!!ハリポタの世界にどっぶりつかれます。
diagon_convert_20130603050415.jpg


興味の無い人ならおそらく1時間でさっさと見終わってしまうだろう、そして、普通の人なら3時間ほどかかるらしい。パディントン氏は堂々の5時間半!

ようやく最後のお土産コーナーへ。ここで私がハリポタで一番気に入っていた双子兄弟の発明品「のびる耳」(盗聴機能つきの伸びる耳)が売っているではないか!実際は、イヤホンです。他にも、ハリポタで登場した様々な小物やお菓子が売っていました!全部高すぎるよぅ。。。
extendable+ear_convert_20130603050432.jpg

WBの回し者ではないですが、大人も子供も楽しめるようにデザインされていて、面白かったです。

追伸:6月は日本に10日ほど一時帰国します。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する