シェークスピアの町ストラットフォード・アポン・エイボンへ

イギリスは日本に比べてかなり祝日が少ないので、祝日があって3連休になると、みんなそわそわしてしまいます。そして連休が近づくと、通常天気の会話が、連休計画の会話に切り替ります。(土日月の3日だけなのに!)
色々な人から連休の予定を聞かれ、「なーんにもないです」と答えていたけれども、やっぱり何かしよう!と思い立ち、急にストラットフォード・アポン・エイボンという町および近郊の城を観光することにしました。

ロンドンからバスで北に向かって約2時間。コッツウォルズのすぐ北に位置する場所に、Kenilworth Castle and Elizabethan Gardenはありました。パディントン氏は最近結構ひまなので、English Heritage(イギリス遺産)の年間会員(年会費は48ポンドでした。)になりました。入会したときにもらうハンドブックを見て、何百もの遺産を見ていると、ぜーんぶ訪れたくなります。これで暇にならない!笑。そしてほとんどがそのパスで入場可能!この城もパス利用。
この城はエリザベス一世にゆかりのある「廃墟」です!笑。遠くからみてもボロボロで近くに行ってもボロボロです。でも、観光用に綺麗にしている城よりも、お化けがでそうでよかった。12世紀から残っている場所もあり、廃墟と化した城の跡に触れて、昔のきっと豪華だっただろう城を想像するのでした。
Stratford+Upon+Avon+032_convert_20130826065925.jpgStratford+Upon+Avon+049_convert_20130826070002.jpg

その後、ストラットフォード・アポン・エイボンにて遅めの朝食。久しぶりにイングリッシュブレックファストを食べました。イギリスでは、イングリッシュブレックファストは、終日提供される場合が多いんですよね、朝食という名前だけど。この料理は、ベーコン、ソーセージ、ブラックプディング(豚の血で作られた黒いソーセージ)、目玉焼き、豆、焼いたトマト、トーストが一つのさらに適当に盛られたものを指します。お店の建物がとても傾いていました。
この街は、とってもかわいらしい昔の建物が並んでいて、こじんまりとした感じが街歩きに向いています。珍しく日本人観光客の団体&個人を大量に見かけた。最近はロンドンやその他の地域でも中国人と韓国人が多くて、日本人はあまり見かけないんですよね。ここは日本人に大人気のコッツウォルズに近いからなのでしょうか。
Stratford+Upon+Avon+072_convert_20130826070246.jpg

ストラットフォード・アポン・エイボンはシェークスピアの町として有名です。シェークスピアの生家も訪れてみました。ここも傾いている!中はもっと傾いている!笑。16世紀の中流階級の一般的な家だそうですが、当時のままのものではないらしい。だけど、狭い部屋に観光客がギッシリ入ると、床がミシミシいって、底が抜けそうでしたよ!シェークスピアのお父さんは羊毛や皮を使って、高級な手袋やバッグを作って商売をしていたそうな。昔は小さなバッグは女性用、大きなバッグは男性用だったそうですが、今ではそれは逆ですね、と職人風のおじいさんが説明してくれたときに、実際そこにいた女性たちはみーんな大きなバッグを持っていて、笑ってしまいました。それから寝室に進むと、とても小さなベッドがありました。それは、昔の人(とかシェークスピアの家族)が小柄だったというわけではなくて、便利な暖房設備がない時代、寝室はとてもとても寒かったので、小さいベッドの方が布団にくるまって温まる「自己発電」をしやすかったからだとか。そして、長さもなんだか短いのですが、迷信深い昔の人は、まっすぐ眠ると死んだように見えるので悪魔が来ると思っていたそうです。それでベッドでも座ったまま眠ってたんだって!ちゃんと眠れなさそう!!小さなお庭もありました。シェークスピアに関連する草花が植えられているそうですが、そこまでシェークスピアに詳しくないので、よくわからず。まあまあ綺麗でしたよ。
Stratford+Upon+Avon+081_convert_20130826070118.jpg

この街はもちろんロイヤルシェークスピア劇場もあります。夏の間は毎日シェークスピアの劇を楽しめます。この日はハムレット(以前紹介しました、私の好きな絵、オフィーリアは、ハムレットからです!)だったので、とても見たかったのですが、時間の関係で残念ながらまたの機会へ。。。劇場はもっと伝統的なスタイルかと思いきや、モダンだった。

その後、町を散策して、ロンドンに帰ってきたのでした。
Stratford+Upon+Avon+088_convert_20130826070200.jpg
ハゲのシェークスピアのイラストをつけた船でアイスクリームを売るおっちゃん
スポンサーサイト
コメント

はじめまして。
イギリスに来て4か月程度なのですが、English Heritageというシステムがあること、知らなかったです。
Kenilworth Castle and Elizabethan Garden、とても美しいところですね。
先週末の連休は暇を持て余してしまったので、私もそのシステムを使えば、いっぱい史跡巡りができただろうなー。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
私はこの3年間English Heritageに入っていなくて、入っていれば絶対に元を取れたと思います。
史跡巡りがすきな方であればお勧めです!
ストーンヘンジやハイドパークのウェリントンアーチなど訪れやすいところもいくつかありますよ。
そして、今はキャンペーンだとかで、通常12ヶ月のところを15ヶ月にしてもらえました☆
これから是非イギリスを楽しんでくださいね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する