スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストリアの旅 5日目 ウィーン

旅行最終日はまた一人歩き。
この日はゆっくりで、のんびりチョコレート屋とスーパーマーケットを巡る。
Austria+434_convert_20140104222603.jpg私が一番気に入ったチョコレート屋さん「Wiener Schokoladenkönig」かつてボタン屋さんだったのがチョコレート屋になったので、ボタンが入っていた引き出しなどにチョコが並ぶ。温かみのある店内と、ローカルな雰囲気をかもし出しつつも丁寧なスタッフ。味ももちろん一品。

観光もちょこっとしました。
ベートーベンとヨハンシュトラウスの像の写真を撮りに行き、ホーフブルグ王宮へ。ここは、皇帝の住居、シシィ博物館、宮廷銀食器コレクションの3つがあり、予想していたよりも、ずっと見ごたえがあった。音声ガイドは程よい長さの説明で、全て楽しく聞けた。(そういえば、ウィーンのモーツアルトの家の音声ガイドは、やたら長くて、ちゃんと聞いていたら、ぐったりしてしまい、途中であきらめた。)銀食器コレクションは、その名の通り、数々の食器がある。食器についてあまりしらないけれど、様々なスタイルや模様を見ているだけでも面白かった。とくに、テーブルナプキンの折りたたみ方はまるで折り紙のようで、挑戦してみたくなったけれど、伝統的な折り方は文書化されていないらいしく、口頭で代々受け継がれ、2人しか知らないらしい。
Austria+427_convert_20140104222229.jpg銀食器は撮影可能

シシィ博物館は、シシィことエリザベートの生涯がわかる博物館。やんちゃなシシィが皇帝フランツ・ヨーゼフ1世に見初められて結婚、自由を奪われた王宮での生活、現実逃避から旅をどんどん続け自殺まで夢見るようになるが、皮肉にも1898年暗殺される。スリムな体型を保つための運動器具やデスマスクなどの展示も面白く、見終わったあとでは、どっかのだれかだったエリザベートが身近な人間に思えた。

そういえば、ザッハトルテ(チョコレートケーキ)を食べてない!と思い出し、町へ。ザッハトルテと名乗って提供してもいいのは、ザッハとデーメルのみ。今回はデーメルに言ってみた。入り口は狭く、小さい店かと思いきや、奥と上の階は結構広かった。作っているところも見学できるようになっている。もちろん観光客だらけ。20分ほど並んで、やっと席につく。内装は、伝統的装飾でキラキラしていて、雰囲気はいい。(ウェートレスが全員おばちゃんなんだけど。)さあてザッハトルテどんなあじかなあ??うん?なんだかパサパサしているなあ。クリームつけてもらったので、これでちょっとは調和されるけど。コーヒーは美味しかった。イギリスのコーヒーがあまりにもまずいので(最近は、美味しいコーヒー屋さんもいくつか見つけたけど。)、オーストリアでコーヒーを飲みすぎてしまう。とにかく、本場のザッハトルテを食べて満足。
Austria+441_convert_20140104222029.jpg

これにてオーストリアの旅行は終了。

オーストリアについての勝手な感想④日本のチョコレートケーキはおいしい
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。