ACCA F3合格までの道

自分の記録として、ACCA勉強について記しておきます。
ACCAの勉強は、まず学校と勉強スタイルを選ぶところから。。。。いくつか学校がありますが、ACCAから認定されている学校は数校。そしてその認定カテゴリーがプラチナ、ゴールド、シルバーとあり、一番ランクが上のプラチナに認定されているのはBPPという学校のみ。他校のセミナーは参加者私1人だったりこじんまりしていたものの、BPPはさすがに、参加者30人くらいいました。学費もプラチナだからと言って高いわけではなく、普通だったので、すぐにBPPに決めた。

勉強方法は、ほとんどの学校で、通学、オンラインLIVE授業、オンライン録画授業、テキストのみ購入の独学、と分かれいます。通学は時間的問題と予算の問題で、私はオンライン録画授業にしました。どの科目から勉強するかは、4つに分けられたカテゴリーの中ならどんな順番でもいいとのこと。私はF1は免除になったので、F3 ->F2ととりあえず勉強することに。

BPPは最大手なので、安心していたら、登録を間違えられ、何度も電話でやり取りし、本当にストレスがたまる数日をすごし、授業料を2重に引かれ、テキストは間違ったものが送られ、正しいものでも不備があり、などなど、トラブル続きで、責任者にクレームメールと電話をしました。(なんだか、こういうところ、イギリスに来て、強くなったと思う。それがこの国で強く生きていくための手段だからなのか、それとも単に年とって図太くなっただけなのかは定かではない。)結局、その責任者の人は唯一信頼できそうな人で、返信も早く、すぐに手配してくれて、全て解決。さらに、F3に合格したら、F2は無料にしてもらえました。ありがたや。まあ学校にしてみれば、オンラインコースなんて、丸儲けなんでしょうけどね。(一つのオンラインコースで350ポンド以上かかります。)

さて、いよいよ勉強スタート。オンラインコースは録画といっても、一応クラス編成になっていて、ログインした学生ページの掲示板で、同じクラスの人たちとチューターに書き込みで挨拶。6週間のコースで週1回録画授業が公開され、チューターがコメントし、質問があれば、書き込みか個人的にチューターに質問ができる。クラスメートも「周りにだれもACCA勉強している人いないので心強いです」とか同じような状況の人もいて、なんだかがんばろうという気になる。こういうシステムなので、比較的怠け者でも一応決められた期間で勉強できる。ちょっと怠けていると、チューターから「最近ログインされていないようですが、進捗状況はどうですか?」などとメッセージが来る。そういえば、小さい頃、みんな「子供チャレンジ」とかしてたけど、結局どれも適当に飽きて、怠けていた気がする。
F3の内容は、英国会計基準の成り立ちとか、資産、資本、負債の定義とか、複式簿記の基本的計算と連結決算の入門などで、だいたい日商簿記検定2級レベル。といっても、最初は、なれない英語にちょっと手間取った。また、日本とイギリスの会計の基本は同じでも、考え方が違うので、思考回路をちょっと変えないといけない気がした。同じことを計算するにしても、日商簿記だと、全体が機械的で、木を見る→森を見る というプロセスが、こっちだと、まず森を見る→木を見るという感じ。どちらかというと、イギリス式のほうが、本質を理解できるんだと思う。

授業が全て終わったあと、約2週間で、試験問題の練習。選択形式と数字で回答とが混じっている。試験会場は、BPPの学校であるのだけれど、ACCAのF1~F3と、CIMAの受験者が混じっていた。年齢層は若い人が多いけど、まあまあ同じくらいの年齢の人もいた。試験前って、なんだかみんなちょっとおかしくなるんだよね、自分の世界に入るというか通常ではない行動をとってみたり。コンピュータテストでもカンニングできないように、試験場のコンピュータで受験するのだけれど、説明の間に間違ってスタートしてしまう人や、次のページのボタンを間違えて終了してしまう人も。。。。結果は50問終わった瞬間に表示されます。どきどき待つ時間がなくて、すぐすっきりします。

F3は2時間で50問のコンピューター試験。50%以上で合格。簡単そうだとなめていたのが間違いの元だった。。。結果、不合格。。。。出題者も馬鹿ではない、もちろん間違いそうな選択肢を入れてくる。。。。BPPのオンライン授業を受講していると、模擬試験で70%以上だと、再試費用が免除されるので、ありがたく、再試を受けることに。再試までは約2週間。予想問題を解きまくる。

結果、合格!よかった! 

次のステップ科目F2も同じ形式なので、だいたい流れはつかめた!と思っていたら、残念なお知らせ、「2014年2月より、形式変更になりますので、学生は新しい形式で勉強してください」とのこと。。。。ガビーン。せっかく問題形式に慣れたところなのに。。。
スポンサーサイト
コメント

Re: おめでとうございます

Tさん、コメントありがとうございます。(非公開で頂きましたが、あいにくこちらからの返信メッセージは一般公開されてしまいます。)
TさんもACCAを勉強されているとのこと、励みになります。
私はゆっくりゆっくりしていて(頭の回転も遅いので)、6月の試験はF4が一つできるかできないかくらいだと思います。。。お互い頑張りましょう。v-22
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する