スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年の計は元旦にあり

一年の計は元旦にあり、と日本では言われますが、こちらイギリスでも、New Year's resolutionというのがそれに当たります。
主に、クリスマス休暇中に実家で食っちゃ寝した結果の体重増加の後、1月に入って、こりゃいかん、ということで、「よし、今年こそはジムに行って、ダイエットだ」と意気揚々とジムに行き始め、1ヶ月もしないうちにギブアップするというものです。

先週ジムに行くと、続かない一年の計を「ジムでダイエット」と決めた人たちが溢れかえっていました。いつもなら、ほとんどが、ダイエットが必要ないけれども健康の為、または筋肉をつけるために来る人たちばかりなのに、1月のジムは、なんだかぷよぷよした人達が、新しそうなトレーニングウェアと靴で気合を入れてジムに来ていました。プール教室の子供達まで、ぷよぷよ。きっと親に強制的に参加させられたと思われる。
サウナは通常は、筋肉ムキムキのお兄さんたちが、筋肉チェックの場として活用したり、ヨガをしている人たちが、精神統一というか、半ばトランス状態になるという異常な空間です。しかし、1月のサウナは、「ジムに行く=サウナ」に置き換えた、XXLサイズの人たちでいっぱいで、座るところもなし。雰囲気は非常にのんびりしてましたけど。。。

ロッカーも飽和状態。これも、あと数週間の辛抱です。。。

え?パディントン氏は、なぜジムに行ってるかって?五十肩の改善です。。。涙。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。