スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語のレベル

「イギリスに3年もいれば、英語はもうぺらぺらなんでしょうね」と、時々言われることがあります。
答えは、「いいえ」です。(就職面接だったら、「はい、ぺらぺらです」と言います。)

若ければ、または、すごーく語学才能があれば、ぺらぺらになるかもしれませんが、パディントン氏は、ごく一般的な脳みそで、30歳超えてますので、今後10年経っても、おそらくネイティブのようにはならないと思います。残念ながら。

特に日本人とつるんでいるというわけではありません。逆に日本人の友達欲しいですが、なかなか機会がなく、周りにほとんど日本人がいません。会社は日系なので、日本語と思われるかもしれませんが、仕事の大半は英語です。もちろん日本語も使います。

イギリスに来て3年半、私の英語レベルは下記のような感じです。

①基本的な英語を間違って友達に指摘される。聞き返されることもよくある。意味がわかりません、とも言われる。こっちも、理解できません、とか、もう一度お願いします、とよく言う。3年で変化したのは、自信をもって聞き返すことができる。わからない自分をあまり恥ずかしいと思わなくなった。

②もちろん、もっと英語ができるようになりたいといつも思うし、会話の中でわからない単語があったら、単語帳につけている。(くだらない単語ばっかりかもしれないけど。。。)

③未だに、地方の方言の区別がよくわからない。「訛ってるなあ」くらいは判断できるけれど、どの地方のなまりなのかは、よくわからない。また、所属する階級で英語が違うらしいが、違いがわからない。さすがに、アメリカ人とイギリス人の区別はできるようになった。

④映画を見て、字幕が無いことに違和感を感じなくなった。

⑤夢が英語だったか日本語だったかその他の言語だったか覚えていない。覚えているときは、話す相手によって言語が変わっているように思う。夢の中での英語はなぜかペラペラ。

⑥アルファベットを見るほうが楽になった。ネット検索も無意識に英語で英語ページで検索している。(日本語しかわからない場合を除く。)日本語のページを見るのが少々億劫になる。

⑦イギリスかぶれの英語を使おうとしているが、なかなかなれない。

<イギリス英語に関する疑問>
-イギリス人は「ラブリー」(いいね!とかOKといったような意味)とよく言うが、はずかしくてなかなか言えない。おっさんが特に「ラプリー」を多用する傾向にあると思う。そして、「That's ok, my love」とお店の若い男性に言われると、「え?マイ・ラブ?私、あなたの事知りませんけど、なんかドキドキするー」と変に赤面したり。お店でも、「ちょっと待っててね、ダーリン」とか言われても、こそばい。「Cheers」(ありがとー、さよならー)も、なんだか男っぽくて使えない。女性でも使うのだろうけど。

-イギリス人は「basically (基本的に)」とか「Literally(文字通り)」を多用するみたいだが、使わなくても支障がないのでなかなか使えない。先日、スーパーで店員さんが「Basically、ミルクはあちらの棚にあります。」と言っているのを聞いて、「いつも同じ場所にちゃんとあるのになあ」とか考えてしまった。もしかしてBasicallyにはもっと他の意味もあるのだろうか。そして、地下鉄の改札に人が沢山いる時に後ろの女子が「Literally超沢山の人がいる~」と言っていて、「そのLiterallyって、別に要らなくない?」と、おばさんのように思ってしまった。単に強調しているだけなのだろうけど。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。