フィッシュ&チップス

fish++chips_convert_20140326074058.jpg

これが大体スタンダードなイギリスのフィッシュ&チップスです。フィッシュはほとんど鱈で、チップスはフライドポテトです。横につぶしたグリンピースがだいたいあります。タルタルソースは邪道ですが、ついてくることもあります。ビネガーと塩が王道です。

日本から友達が英語を勉強しに、ロンドンに来たので、このフィッシュ&チップスと、エールパイ(奥。中はエールというビールみたいので牛肉を煮込んだシチューが入っています。)をパブにて食べました。

そういえば、私もロンドンに来たときに、まずこれを食べました。
日本を離れて、新しい土地でワクワクもあるけれど、英語大丈夫かなあとか、この国で上手くやっていけるのかなあ、とか漠然とした不安も抱えつつのフィッシュ&チップス。味は覚えていないけれど、なんだか思い出の食べ物になりつつあります。

イギリス料理って、もしかして全体的にそんな感じなのかもしれない。味に印象がないからこそ、その時の心境とか周りのこととかを覚えている気がします。とっても美味しいものを食べた時って、味は覚えているけど、どこでどういうときに食べたということを覚えていないことが多いんじゃないか。そして、食べ慣れてくると、このなんとも居場所がない味が恋しくなるし、自分を主張していない味が可愛くもあります。会話の途中で「わあ、これ美味しい、これどうやって作っているんだろう、素材はなんだろう」なんて、邪魔は一切入らない謙虚さ。最初はマッシュされたグリンピースがなぜそこにあるのか、フィッシュともチップスとも特には一緒に食べるようなものではない、フィッシュとチップスで水分がなくなったのどを潤す類のものでは決してない、彩り用なのか野菜を追加したという自己満足なのかわからない、その緑の物体が不思議だったけれど、それさえも、今となっては、「こういうもんだ」ということで、受け入れられるようになりました。別段美味しい訳ではないのに、なんだか食べたくなるイギリス料理。その良さが、時間をかけてだんだんわかったきた気がします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する