クロアチアの旅①

ちょっと遅い夏休みをとって、クロアチアに4泊5日で行ってきました。

クロアチアはここ数年で人気急上昇の注目の観光地です。クロアチアに行く前は、何があるのかわからなかったけれど、調べたら、色々ある!

<今回の旅程>
① ロンドン→ザグレブ(2時間滞在)→プリトビッチェ
② プリトビッチェ湖群国立公園一日散策
③ プリトビッチェ→スプリット
④ スプリット→ドブロブニク
⑤ ドブロブニク→ロンドン

全体的な感想は、安全で綺麗で、料理も美味しくてロンドンに比べたら安くて、人も優しい。これは、納得の人気観光地!是非おススメです!

ロンドンからザグレブまで約2時間半。空港からバスで約30分で市内に到着!10月半ばなのに、ロンドンとは違って暖かい!25度!大きなバックパックをもったまま2分と経たないうちに汗だくになり、キャミソールになる。2時間しか滞在しないので、早歩きでバスターミナルから中心地へ歩くこと20分。(トラムに乗りなさいと聞いていたけど、週末だったからかトラムの本数が少ないようだった。広くて綺麗な公園があり、レストランでにぎやかな場所まで着いたらお腹がぐう~となったので、レストランでパスタを注文。クロアチアはイタリアに近いからか、イタリア料理が多い。みんなイタリア風にコーヒーを飲みながらのんびりくつろいでいた。気付いたらバス出発まであと30分しかない!!パスタを10分で平らげて、しぶしぶバスターミナルへ戻った。。。涙。世界一短いケーブルカーに乗ってみたかったなあ。ザグレブ1泊すればよかったかもしれない。でも、今回は、国立公園の自然に癒されるのが一応旅のメインなので、早速プリトビッチェに出発。
Croatia+001_convert_20141024033648.jpgザグレブの中心らへん
プリトビッチェは世界遺産の国立公園がある、自然いっぱいの場所。バスで約2時間半。観光バスのような大型バスなのに、途中、買い物帰りの地元民を乗り降りさせて、ちょっと面白かった。この公園は広くて、いくつか入り口がある。そして、バス停もいくつもある。(ネットで調べたときは、バス停1つのように見えたのに!)プリトビッチェに入ると、車掌さんが丁寧に1人1人、どこら辺で降りたいか聞いてくれて、ちゃんと教えてくれるのでよかった。逆に教えてくれないと、山の中で遭難することになりそう。。。宿泊先の住所を紙に書いて持っていて本当によかった。。。住所といっても、地域名に番地だけ。肝心の地図は、、、ない。本当にみつけられるのだろうか。。。とかなり不安だったにも関わらず、バス停から見える家が、これから2泊お世話になる、Villa Likaだった。めちゃくちゃスムーズでびっくり!
誰もいない風だったので、「ごめんくださーい」と叫ぶと、腕に日本風のでかいタトゥーが入ったおねえさんが出てきて、案内をしてくれた。このお姉さんのスタイルがめちゃかっこよかった。サバサバしていて、フレンドリー。魔女の宅急便でキキが森で出会った絵描きのお姉さんとイメージが一致した。(魔女の宅急便はクロアチアのドブロブニクが一応舞台らしく、旅行前にもう一度見たので、その影響もある。)
晩御飯は森の中で何もないので、この宿で食べた。ドリンクは何やらクロアチアの色んなビールがあり、レモン風味のものを頂く。
image(4)_convert_20141024033337.jpeg
料理は面白いシステムで、コースになっているけれど、大まかにメインがチキンかポークかビーフか魚かという感じで、何かだけ教えてくれる。他はお任せ。最初にサラダ。シンプルなレタスとトマトときゅうりとパプリカのサラダは、美味しくて勢いよく食べたら、もう一皿サラダいる?といわれ、遠慮なくもらう。(おそらく大量に作りおきしていて、あまるのでくれたのだと思う。)それからメインにシュニッチェルを頂く。それについてきた、ソース、AJVARというパプリカのオニオンの赤いソースがはじめての味で美味しかった。デザートはシュトゥルーデル(チェリーとチョコ)のアイス添え。これも美味しい!料理はなんだかオーストリア料理にクロアチア風味(ってほとんと全部にパプリカ?)になっていた。こじんまりしている宿で、食堂には3組くらいのカップルおよび友達グループと、お一人様が2人いて、皆ニコニコしていてとても楽しかった。例のタトゥーのお姉さんはここの娘さんらしく、その弟らしき青年も見た目はちょっといかついけれど、とても優しく対応してくれた。どうやらこの二人で宿を主に切り盛りしているっぽい。デザートと一緒に、その宿の自家製プラム酒のショットをもらう。口から火がでそうだけど、甘いー。一気に飲めなかったので半分残していたら、お姉さんが、「私も飲むから、もう一度乾杯ねー、クロアチア語でZivel, ジヴェリというのよ!」と言って、そこらへんの人もみんなで「ジヴェリ!」と言って夜が更けたのでした。

その夜、あのおいしかった夕食の夢をみたのです。心のこもった手作り感溢れる暖かい料理って本当にいいね。
Croatia+012_convert_20141024033935.jpg宿の部屋からの景色
今日の一言
山の中で、周りに何もないと、人間同士がみんな仲間のようになる感じは楽しい。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する