スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パディントン氏、ノッティングヒルに引越しをする

3年5ヶ月住んだフラットを出ることにしました。理由は特にはないけれど。
ちょっと飽きてきたというのもあるし、引っ越してすぐに産まれた大家さんの孫はもう3歳で、元気に話して走りまわって、子供の成長はなんて早いんだろう、そして、私は3年間、この同じ部屋に住んで、同じように暮らして、3年前とほとんど変わらない私。そう考えていたら、気分一転、引越しをしたくなったのでした。ちょうどいいタイミングで友達が住んでいた部屋が空いたので、そこに引越し。
あこがれのノッティングヒル!!いぇーい!!家賃はほぼ変わらず、通勤時間もほぼ同じ。でも、映画「ノッティングヒルの恋人」で見た、あの素敵な町!本当にワクワク。

引越し屋は、前回は英語に不安があり、日系の会社に頼んだけれど、その会社に見積もりを頼むと、140ポンドとのこと。この3年ちょっとで荷物が増えたとはいえ、高すぎる!夫婦経営で、おっちゃん、けっこう年とってたから値上げしたんだろうなあ。
もうロンドンも長くなってきたので、日系でなくてもなんら怯まず連絡が取れるようになっている自分に気付き、「3年でやっぱりちょっとは成長したんだな」と思った。結局、http://www.taxivan.netで予約。ロンドンでは家具付物件が多いので、単身者が引越しをする際は、身の回りの洋服くらいで済んでしまう。なので、究極に荷物が少ない人は、普通のタクシーで移動する人も。このtaxivanは、man&vanとよく言われるもので、男&車の手配なのです。要は、梱包は自分でしておいて、お兄さんが荷物を搬出してくれ、同じ兄さんが運転する車に一緒に乗って引越し先に行き、到着したら、またお兄さんが荷物を搬入してくれるという仕組み。この会社は、家具ありでもヨーロッパでも何でもするっぽいけれど。
私の場合は、スーツケース3つ、ダンボール5つ、ホームレス御用達のチェックのビニル袋2つ(1ポンドくらいだろうと思ったら、巨大サイズは予想外に4ポンドもして、こんな高級袋、よくホームレスがもっているなあ、と思った。)、そして、まだまだ入りきらない洋服は、最後の手段、「ゴミ袋」に入れて移動(約15袋)!このゴミ袋作戦は、かなりよかった。引っ越し後も邪魔にならず利用できるし。4ポンドで買った袋はチャックが1回で壊れてしまった。。。搬出、搬入時間トータル30分、距離は車で20分。これで全て込みで38ポンド也!安い!

当日、長い間お世話になった大家さんにお別れの挨拶。なんだかちょっぴり悲しくなった。まとまった荷物と私。3年ちょっと前に引っ越してきた頃のことを思い出したり。自分はなーんにも変わってないと思ったけど、引越しするときになって、やっぱり自分は、色々成長したんだなあ、と思った。日本語に頼らず生きていけるようになったし、働いているし、会計の勉強も少しずつだけど進んでいるし、ロンドンのお店は3年前よりは知っているし、健康を気にするようになったし。。。

結局引越しのお兄さんは、2時間おくれで到着!コンニャロー、と思ったけれど、予定の車が壊れて他の担当者が休みで、朝の4時から休まず働いているという、人懐っこいこのパキスタン人のお兄さんがかわいそうで怒れなかった。なれた手つきですぐに荷物を運んでしまい、すごいパワーだなあ、と関心。新しい家の大家さんは、「彼、なかなかいい青年じゃない?ウフフ」と意味深に言って来るので、知り合いでも何でもない事をハッキリと言っておいた。ってか、この兄さん、話す度に私の名前を呼ぶのだけれど、ずっと名前間違ってますから!(イギリスで車を持っている友達や彼が引越しを手伝うことがよくあります。)

新しいフラットは、前回と同様、夫に先立たれ、子供らはとっくに巣立って行ったという大家さん(定年退職したおばあちゃん)の家の一部屋。今回は自分のバスルームがあると聞いて、喜んでいたけれど、実際は、ちょっと違った。長年住んでいるからなのか、大家さんテイストの物が多すぎて、全く自分のバスルームという感じがしない。。。それよりも、問題は、部屋がかなり大きいわりには、収納スペースが少ない!!!以前の約4分の1のスペースのみ。自分でも何がどう荷物が増えたのおかよくわからないけれど、とにかく、全く荷物が入らないことが、問題になった。同僚にこのことを話すと、日系ウーマンの収納特集の雑誌をくれた。
確かに、日本は住宅が非常に小さいので、みんなものすごく収納上手なんだと思う!でも、見えるところに物が散乱するということは、日本のちょっとダメな習慣かもしれない。ヨーロッパでは大抵、散らからないように、収納してしまうのでスッキリしたお家が多い。写真はやたら飾っていると思うけど。
引越しして2週間たった今も、まだ片付けで格闘しています。後日、収納についてブログを書けたらいいなあ。

ということで、引越しをして、気分新たに、まだまだロンドン生活続きます!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。