スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリア旅行①

オーストラリア旅行
マルタ旅行を書く時間がなく、2週間の夏休みをとって、バズさんの故郷オーストラリアに行ってきました。
イギリスからオーストラリアは地球の反対側、とっても遠かったー。エミレーツで2回乗継をし、約27時間かけてオーストラリアへ。

① シドニー
半日だけだったので、とりあえずオペラハウスと近くの植物園へ。シドニーは都会だけれど、人が多くなくて、道も空間があってごちゃごちゃしていないところがいい。物価は予想外に高い!ロンドンと同じくらいか、それ以上に高い!シドニーは一番高い。コーヒが美味しい。フラットホワイト(ラテよりもエスプレッソが多いコーヒー)はイギリスで最近流行っているのだけれど、これは実はオーストラリア発らしい。それくらいオーストラリア人はコーヒー(ミルク入り)が好きだ。どの家庭でも大体コーヒーマシーン(ミルクもできるやつ)は持っているみたい。オペラハウス近くのカフェで、かわいい鳥がやってきた。こんなに鮮やかな色の鳥が普通にいるのもオーストラリアならではなのかなあ。お店のお兄さんによると、常連客のよう。砂糖を手のひらに乗せると黙々と食べた。でも、その後、テーブルにあった砂糖を奪い、キーっと威嚇してきたので、ちょっと怖くなった。
image1.jpgパディ氏を威嚇する鳥

② ブリスベン
ブリスベンは冬でも暖かい。23度くらいあって、みんな夏の格好。1日目は雨。待ちゆく人が「こんなヨーロッパみたいな天気珍しい」と言っていたほど、この時期の雨は珍しいみたいだった。その後はずっと晴れ!太陽がまぶしい。ロンドンの太陽の弱さと違って、ぴかーっとしてる。川に沿って緑があり、ほどよい規模の町。街中にて、モスバーガーを発見。ロンドンにはないので、つい焼き肉ライスバーガーとアイス抹茶ティーを注文。ダイソーもセブンイレブンも発見。ここは日本か!というくらい(は言い過ぎか。)日本のものが充実している。オーストラリアは、アメリカ、中国に次いで、3番目に日本人が多い国らしい。待ちゆく人も、白人が一番多くて、次にアジア人が多い。中東の人や黒人はあまり見かけない。ロンドンは、本当に色んな人種が混ざっているんだなあ。意外なことに、マクドナルドが流行っている。「マクド」でも「マック」でもなく、通称「マッカス」と呼ばれる。マクドナルドなんてロンドンで食べてから、もう二度と食べたくない、という気分になって、しばらく食べていなかった。ロンドンのは、店の雰囲気も悪く、汚く、ガラの悪いティーンやら夜には酔っ払いがたむろって、注文時に浮浪者に小銭をせがまれたり、ハンバーガーのサイズも小さく、そして何よりまずい。しかし!オーストラリアの「マッカス」は、ハンバーガーをカスタマイズできて(パンの種類や肉のサイズ、そのほかトッピングやソースを選べる)、美味しい。店は、海が一望できるオープンテラスだったり、広々。子供からお年寄りまで年齢層も幅広い。店員さんも感じがいい。テーブルまで運んでくれて、味は大丈夫か聞いてくれたりする。これはもう、レストラン級じゃ!お値段もそれなりだけれど。私は自分のバーガーを作って、ポテトとドリンクセットにして、約13ドル(約1200円!)
image2_convert_20150717055427.jpgこれがパディ氏のバーガー。アボカド入り。
ブリスベンの町は、シティーキャットというボートに乗って、町を移動した。これが意外と快適かつ眺めがよくて気に入った。
P7040156_convert_20150717060359.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。