入籍

婚約してから約1ヶ月で入籍しました♡ 
予想以上に早かった!
image1+(2)_convert_20151006045658.jpg
母パディ初挑戦の手作り着せ替えテディ。手足も動くよ。題名は「ロンドンの二人」(スコットランドの柄なんですがね。。。)

以下、手続きについて書き留めておこうと思います。
あくまで、2015年9月末時点でのパディとバズの場合です。。。

① どこで結婚するかを決める。→日本式で進めることに。

日本式って?:日本から日本の婚姻届けを取り寄せて、日本の市役所に提出すると、日本で婚姻が認められる。日本に行かずリモートでした場合、本人達にあまり実感がわかない。結婚式は、法的に結婚すること(入籍)とは別になっている。
イギリス式って?:今住んでいるイギリスで結婚をすること。結婚式自体が法的婚姻になる。

私たちは、日本式にしました。早く入籍したかったのと、イギリス式にした場合、挙式もろもろを色々と決めないと早く決めないといけないこと、また、日本式の方が書類が簡単だったこと、家族の事情等。

② 書類を集める
提出した書類は下記です。(市役所によって違うそうです。)
1. 日本から取り寄せた婚姻届
2. バズの婚姻要件具備証明書と翻訳
3. バズのパスポート原本
4. 賞状式婚姻届受理証明書用に委任状

ちなみに、不要でしたが、参考資料として、バズの出生証明書コピーとその翻訳も送付。出生証明書は、婚姻要件具備証明書で対応の為不要でした。また、本籍にて提出の為、戸籍謄本も不要でした。

インターネットで色々調べてもやっぱり不明なところがたくさんありましたが、市役所に電話とメールで問い合わせて、一つずつクリアーしていきました。市役所の方は、次の日には回答してくれて、本当に助かりました。迅速かつ的確な回答には感激しました。

③ 提出する
上記の書類を日本にいる両親にDHLで送り、市役所に提出してもらいました。

<タイムライン>合計2カ月弱
必要書類を調べ初めてから、日本に一式送るまで:約1ヶ月半(途中旅行や試験があったので)
DHLを日本に送った所要日数:3日半
市役所に提出してから婚姻届受理証明書が発行されるまで:1日!(驚異的に早い!)

<費用>
婚姻要件具備証明書:£40
日本から婚姻届を送ってもらう送料 :数百円
日本へパスポート原本を送るDHL:£39
日本からパスポートを返却してもらう送料EMS:たぶん1,500円
賞状タイプの婚姻届受理証明書1通:1,400円

本当に実感がないなあ~。バズのことは「夫」になりましたが、「フィアンセ」と呼べる時期が短すぎた。。。まだ式を挙げるまでは夫ではなく、バズさんでいいっか。
スポンサーサイト
コメント

おめでとうございます。
末永く仲良く♥
ところで国際結婚って国籍は今のままなのですかそれとも相手お方の国籍なのですか?パスポートはどちらで取得するの、などいろいろ興味があります。こちらはWCラグビーの日本の活躍が話題ですが地元はもっと活気があるのでしょうね。v-501

Re: タイトルなし

ありがとうございます!
よく、国籍はどうなるのか聞かれるのですが、国籍はそのまま「日本人」です。結婚しただけで自動的に国籍は変わらないんですよね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する