南フランスの旅

クリスマス休暇を利用して、南フランスに行ってきました。入籍後の旅行なので、実は、それが本当のハネムーンだったのかも??!!!
2015年12月25日~28日の小旅行。バズさんの休みが取れず、カレンダーの祝日のみ。ギリギリに旅行の計画を立てたので、いつものように、何も調べずしてニースへ出発!なぜニースかって?安かったからです!そして、お天気の可能性が大。利用したのは、ブリティッシュエアウェイズの、飛行機とホテルがセットになったパッケージ。初めて使ったけれど、おすすめです!!

12月25日 ニースへGO!
クリスマス当日の出発。ロンドンは交通が全面ストップの日。タクシーで空港に向かうが、タクシーも料金50%割り増し料金。そうです。ロンドンはクリスマス当日は、どこにもいけません。家でじっとしているに限ります。意外と空港は賑やかだった。
ニースに到着!
予想外にも、空港からホテルまでバスが普通に動いていたことにびっくり。そして、海にヤシの木に冬でも寒くない気候!

とりあえず、ニースのクリスマスマーケットに行ってみる。(食べ物に目がくらんで写真を1枚も取ってない!!!)なんと、人がいっぱいクリスマスマーケットに繰り出している!
焼き甘栗、シナモンシュガーがかかったグルグル巻きのパン等、美味しかった!他には飴リンゴとか、ワッフルとか、綿菓子など。ロンドンでは、メインの出店が、ホットドッグとハンバーガーで、煙がモクモクしているのに比べて、フランスのクリスマスマーケットはなんてお上品なのでしょう。しかし!ホットワインがない!クリスマスマーケットと言えば、この飲み物がない!と思ったら、出口を出たすぐのところにありました。お味は、ちゃんと濃いくておいしい。アルコールに弱い私は、すぐにふらふらに。近くに、イルミネーションがあり、それもまた楽しかった。
PC250009_convert_20160125012454.jpg

夜も更けてきたので、ホテルの部屋に置かれていたチラシ「当ホテルでクリスマスディナーはいかがですか?」というもので、せっかくなので、ホテルでコース料理を食べようと意気込んで行くと、「ああ、すみません、クリスマスメニューは昨日までです。今日はクリスマス当日ですから、通常のアラカルトメニューになります。」とのこと。どうやらここでは、クリスマスイブに祝い、クリスマス当日は普通の日のようだ。どうりで、町にたくさん人がいて、交通機関も普通だったわけか。結局、適当なイタリアンで食事をした。ここは、イタリアに近いので、イタリア料理が多い。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する