スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国手続きの色々

さて、日本に帰ってきて、約2週間。
ようやく落ち着いたので、帰国の際の手続きもろもろを書き留めておきたいと思います。
もし、イギリスから帰国する人がいれば、ご参考あれ。

<イギリスでの帰国準備>
1.ACCAの学生として、加入料や年会費を払っています。これは免税対象なので、Professional Subscription fee のカテゴリーで税金還付の手続きをしました。2000ポンドまでは電話でできたので、私は電話で。これがまたなかなか電話がつながらない等あるんですがね。電話する前に準備しておきたいこと。NI番号を手元にもっておく。あと、どのTAX年度にいくらACCAに払ったか、というメモを控えておく。それから新しいTAX番号が付与されるので、会社に送付されるはずなので、それを確認。試験料も一定の条件を満たせば還付あり。私はダメもとで申請したけど、やはり試験料は帰ってきませんでした。
→驚くべきことに、かなり迅速に、たぶん1,2週間だったかな、でHMRCより私の口座に還付ありました。そして結構な金額ではないですか!勉強中のみなさん、絶対にこの還付手続きした方がいいです。めんどくさいけど。バズさんも面倒くさがって、ずっとしていませんでしたが、私の還付金額を見て、やっと重い腰を上げました。

2.Tax year 途中で帰国する人は、所得税還付の手続きも忘れずに。
これは、私の所得が少なすぎるので、還付されましたが、所得が多い人はないかもしれません。
会社から離職票をもらったら、HMRCのオンラインで手続き。これは簡単だった!帰国届けと一緒になっています。
→これまた迅速に2週間ほどで、結構な金額還付されました。単に払いすぎていた税金が戻ってきただけだけど、なんだか得した気分。明細書は日本の住所に届きました。

3.日本大使館に帰国届け提出。
今はオンラインのORRネットで一瞬で手続き終わります。

4.銀行口座の整備
年金受け取りをポンド口座にしているので、とりあえず持っている口座はそのままに。無駄な維持費がかからないように手配しました。以前にくらべて金利のうまみもないし。。。。

5.FXの整備
ポンドからオーストラリアドルにFXを使って換金するのが一番お得なようなので、とりあえず口座開設して準備。

6.もろもろの住所変更
銀行などすべてをペーパーレス化にする。それでも一応住所変更。企業年金も含めて住所は変更要。

7.住んでいたフラットの手続き。
これはもうバズさんにすべて任せているので、よくわかりませんが、色々と手続きあるかと思います。カウンシルタックス、TVライセンス、ガス電気、SKY、インターネット、等。そして、現在後に住んでくれている人募集中ですが、見つからない場合は、大家にお任せ。

8.オーストラリアへの船便荷物
これも、バズさんが調べて手配してくれたので、どの会社を利用しているのか今はわからないのですが、オーストラリアでも受け取り時に費用がかかるとのこと。段ボール、ガムテープ、プチプチ、ペンは無料でついていた。

9.不要な物の処分
さよならパーティーに来てくれた友達に色々ともらってもらいました。まだ使えるもの、そして気に入っていたけど持って帰れないものを、友達にもらってもらうのは、全然知らない人にもらってもらうよりも楽です。それでも残ったものは、チャリティーショップかリサイクルの箱へ。近所にチャリティーショップがなかったので、コート類と靴ブーツは、近くの衣類靴専用リサイクルビンに持っていきました。さようなら、私のお洋服達。

10.ジャパンレールパスの購入
これは、日本のJR(のぞみとはるか以外の新幹線も含む)が乗り放題になる外国人向けのパス。7日間14日間など期間によって値段が変わる。また、日本円を海外の通貨で計算して支払う。これは日本国外でしか購入できないので、帰国前に買ってみた。本来は日本人以外用なのだけれど、外国に住んでいて、外国に住んでいる外国人と結婚していれば購入可。日本に入国した後、3カ月以内に、JRでパスをさらに引き換える必要がある。どうやら最近、日本人の利用者には厳しいらしく、婚姻届原本を一応持って行ってくださいと言われた。もちろん外国に住んでいる証明または外国の永住権も。

<日本に帰国してからの手続き>
1.国民健康保険に加入
これは、歯医者に行ったり、この時期を利用して、シミやらイボやらホクロやらを取って、次のステップに備える為。

2.住民票を入れる
そうそう、住民票も入れないとね。住民税は1月1日に住んでいる人にしかかからないらしい。

3.国民年金の手配
これは、ちょこっとだけど、一応、任意で加入しておいて、収入がないので(海外の収入はゼロとみなされる)、年金免除申請も同時に行う。すると、日本の年金のトータル加入期間にカウントされる。そして収入ないので、免除になれば払う必要はない。また、海外にいた時期はカラ期間になることを確認する。ちなみに、現在イギリスと日本の間で、年金カウントの協定がまだないので、イギリスの年金は企業年金のみ。将来協定が結ばれればいいですね。オーストラリアは協定があるので、期間を合計できるそうです!

4.マイナンバーの取得
海外に住んでいる日本人は自動的にはマイナンバーが付与されません。住民票を入れたらマイナンバーがもらえます。
このマイナンバーがないと、自分の日本の口座からでも海外送金できないので、また海外に出てしまう私には必要でした。
マイナンバーは書留で送られてきた。ペラペラの紙。自分で四角い形に切らないといけない。危うく捨てるところだった!
希望者は、写真を付けて送り返したら、IDとしても利用できるカードになるらしい。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。