スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリアの動物達

オーストラリアの動物について、少し書き留めておきます。

<入門編> テーマパークで戯れる
ゴールドコーストのパラダイスファームでは、カンガルーを触ったり、コアラを見たりできます!こじんまりしているけれど、他にもオーストラリアならではの動物達がいて、楽しかった!入場券は、シーワールドやワーナーブラザーズムービーワールドなどの共通券年間パスがお得。
PB060787_convert_20161217082842.jpgダラダラするカンガルー

<中級編>日常生活でかかわる
夜になるとポッサムというキツネとネズミの間のような動物が活動し始める。見た目はとてもかわいいが、声がゾンビのようでかなりグロテスク。夜に窓際にいて、耳元で、「グゥワー」というポッサムの声を始めて聞いたときは、本当にびっくりして飛び上がってしまった。
possam_convert_20161217083422.jpg

<上級編>動物達に負けず、生き残る
運転をしていると、カンガルーやらウォンバットやらワラビーやらが道を遮ることがよくある。ここで、「動物がかわいそう」と同情して、彼らを避けて運転すると、対向車と衝突して事故になりかねないので、減速できない場合は、思い切って容赦なく轢き殺す勇気が必要だそう。でもカンガルーの場合は自分がダメージを受けることが多いので、要注意。そして、轢いた場合は、レンジャーを呼んで道路脇に移動させてもらおう。
また、毒蛇や毒蛙を見つけた場合は、小さな子供達やかわいいペットが誤って触ってしまわないように、すぐに金属バット等で叩き殺さなければならない。その場合、毒が飛び散ることがあるので注意。背の高い草むらには入らないように注意。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。