スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫の教育

オーストラリアに移住してきて早2ヶ月。二人ともいまだ無職の為、二人で一緒にいる時間がものすごく多いです。お互いに仕事をしていた時は、ほとんどが仕事の時間だったのに、もう定年退職後の夫婦のように、ほぼずっと同じ空間で過ごすというのは、結構きついものがあります。まだ、夫バズの家族の家に居候させてもらっているので、完全に二人きりでないのが救いです。それでもかなりの時間一緒にいると、何かと夫の行動にイライラしてしまいます。そして色々とググってみると、「夫は教育しなければならない」という事に気づきました。ええー、子供ではあるまいし、今更教育するとか、正直面倒です。しかし、どうやら、妻が期待するレベルまで教育する必要があるようです。

まず、教育する基本は「褒めて、褒めて、褒めちぎる」。

これ、日本人同士でも難しいレベルなのに、欧米人はどうもこの褒めるレベルが半端ないです。なので、自分でもおかしいくらい褒めなければいけないと感じています。

今年の目標:「夫を褒めちぎる」

くー、結構難しい。だって、「こんなクソ簡単な事で大人を褒めるとか、馬鹿にしてるって思われないだろうか?」とか、「褒められるレベルに達していないじゃん」とか、「それって、当たり前だよね?」とか、色々と壁があり、なかなか褒められません。でも、それらは全部無視して、とにかく何でも褒めることが、夫教育で重要なんだそう。
早速、新年早々、褒めることに失敗しました。
仕事の面接に行く朝の夫バズ。ネクタイを締めるのに奮闘。YOUTUBEで動画を見つつ何とかできた。(これは、妻として、夫のネクタイくらい締められないと妻失格かもしれませんね。。。)褒めることにも成功「わあ、めっちゃうまくネクタイできたね!そして前回より早くできたね!」。夫はかなり得意気。しかし、一つだけ持っている白のワイシャツの首回りがものすごく小さくなっていて、以前はボタンが留められたのに、もうボタンは届かない。なので、ネクタイで隠している。おかしい。絶対おかしい。前回もこの光景を見て、絶対に白の新しいワイシャツ買おうね、と何度も言っていたのに、いざセールでショッピングに行くと、5分ともたずにもう何か食べさせないといけない。子供じゃあるまいし。結局ワイシャツを買わなかったことを思い出した。ああー、妻失格だー。面接に備えて昨日、なんでもいいからシャツを買いに無理矢理つれていくんだったー。笑いをこらえつつ、夫に言った「シャツ?。。。。ああ、おかしく?、、、、な、ないよ。。。たぶん。。。」

チーン。夫褒め作戦失敗。

どう見ても、言っていることと私の反応が食い違っていたようで、褒めているようには見えなかったらしい。急に夫は撃沈の表情で、面接に向かったのでした。夫がこれで仕事を得られなかったら、私の責任です。はい。逆に、嘘でもいいから、「すごく似合っている!!」など言っておけば、夫も意気揚々と仕事の面接に行けたのではないかと後悔してます。嘘も方便なのに。。。
これから演劇の練習でもしなきゃいけないかな。。。。夫教育はまだまだ続く。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。