夢のマイホーム4:実際に家を買う

最近は、どうやらオークションが人気のようです。決められた日時にいって、オークションで競り落とす。これは、他の人がいくらで買おうとしているのか、明瞭かつ良い値段で買えるそうです。
でも、私たちは、物件探し1日目にして偶然みつけた家が気に入り、オークションではなく、普通に不動産を通して買うことになりました。家の値段はついていませんでした。ついているときは、だいたいいくら以上と書いてありますが、何も値段がないと結構難しいです。そこで地域や似たような物件がいくらくらいか相場を知るのに、RPDATAというデータをブローカーや銀行から無料でもらいます。(個人で取得するには有料だから無料でもらった方がいいですね。)このデータには、築何年とかいくらが相場か等が記載されています。

まず、「この家を買うことに興味があります」というレターを「希望価格を書いて」不動産屋に出します。すると、不動産屋が、売り手に連絡をして、売り手が納得すれば、不動産屋が正式な申込書を送ってきます。その時に、実際に「いくらで買いたい」と記入して、不動産屋経由で売り手に行きます。売り手は売りたい値段に修正して、返送してきます。これを何度か繰り返して、疲れたところで、お互いがサインをして、合意になります。
合意した後、決められた期間以内(だいたい14日以内)に、買い手が、害虫検査と銀行のローン手続きを終わらなせないといけません。これがめちゃめちゃ大変。でも、この検査で問題があったり、ローンがおりなかったら、無料で売買契約を破棄できます。この条項は、通常の不動産売買契約書にほぼほぼ入っているそうですが、ない場合は、絶対に入れた方がいいですね。問題がなければ、合意から30日後(契約書により)に、正式に権利が書き換えられます。

<害虫検査、および建物の検査>
ブリスベンは、シロアリはかなりの問題になっており、見た目は大丈夫でも、実はもうボロボロの家だった、ということになりかねません。主に、窓枠の木の部分を叩いたり、屋根裏に上ったり、温度を察知する機械で検査してくれて、どれくらいのリスクがあるかをレポートしてくれます。また、建物の検査は、家がちゃんと規定に沿って建てられているか、住んでも大丈夫な状態なのか等を調べて、これまた長―いレポートをくれます。これらのレポートを見て、問題があれば、さらなる値段の交渉をしたり、深刻な場合は、売買契約を破棄します。私たちは、建物の検査で、ベランダと庭に続く外の階段に安全上の問題があり、値段交渉をして、少し安くしてもらいましたが、今から思うと、もっと強気に交渉すべきだったと思います。ちなみに各業者は自分で見つけなければなりません。

<ローンの手続き>
今になっては、もう詳細はあまり覚えていませんが、ブローカーを通して銀行のスペシャル期間限定ローンに申請していたのですが、すったもんだあり、ブローカーとも喧嘩のような言い合いをし、それはそれはストレスでした。数パーセントでも違うとやっぱりかなりの額が変わってきますから、こっちも真剣です。よく各銀行で期間限定のお得な住宅ローンキャンペーンをしているようなので、是非それを活用されることをお勧めします。なんだかんだあったけれども、本当のギリギリで間に合いました。おそらくタイムリミット1時間前くらいに全部手続きが終わった。

<弁護士>
これらすべてを取りまとめるのに、弁護士(または、住宅売買専門の法律家)を雇わなければいけません。これも自分で探すのが結構大変です。知り合いの知り合いに見積もり取ったりしたところ、結構高かったので、近所の住宅売買専門の事務所にお願いしました。ここの担当者の奥さんが日本人とのことで、関係があるかわかりませんが、結構親身になって対応してくれました。彼らは、住宅売買にかかる書類をまとめて、期限までに完了させなければいけません。
今回なんと、家の権利を、夫バズと私の半分半分で契約を結んだのですが、実は私はまだ永住権ではなく、2年間の配偶者ビザだった為、物件を購入する場合は、家の値段の3%の権利分(つまり半分の権利なので1.5%)を税金として支払わなければならないことが、この弁護士のアドバイスで判明しました。大金をはらってまで、私の権利にしなくてもいいか、と思い、私は家の持ち主から外し、バズだけの名義に変更しました。もちろん名義変更の弁護士費用もかかりますし、不動産屋通して、契約書を作り直し、さらには、ローン負担は私もしますが、家の名義部分を変更するのに、ローン申し込みが全く最初からやり直しというものすごーく大変なことになりました。
オーストラリアでフルタイムで働いて、「税金目的では、オーストラリアの住民」ということで、オーストラリア人と全く同じ基準で所得税を払っているし、もちろん消費税も払っているのに、投資目的ではなく、自分が住むために家を買うときには、「外人扱い」でさらなる税金負担。まったく納得できません!!!

<正式に家の持ち主になる日>
契約書合意から30日後、売り手の弁護士、買い手の弁護士、銀行、ブローカーが集まり、会議を開くそうです。それまでに書類は全部そろっていなければいけません。この日、会議の1時間前くらいにようやく銀行から、やっとできたみたいな連絡があり、ギリギリまで本当にハラハラ。この時をもって、正式に家が私たちのものになりました!いや、正式には、私は悲しいかな、ローンの負債半分だけ抱え、家はバズのものですがね。。。涙。まあ、私が永住権を獲得した暁には、名義を半分ずつに変える予定です。

本当に手続き、大変だった。もう二度としたくない。でも、ずっと後で、もし家の値段が上がって、新しい家を買いたくなったら、この苦労をもう一度してもいいかな。。。最初だったから、手続きの流れとかいろいろとわからないことだらけで、ストレスも多かったけれど、次はもう少し簡単にできそうな気がする。でも、30年ローン。。。。。
苦労はあったけれど、初めての一軒家暮らし、初めて家を買った、とても成長した気がする。バズとパディントンの大きな一歩です!!!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する