妊娠19週~21週

オーストラリアでは、約20週のエコー検査があります。
超音波検査のスデージをまとめると、
① 約6週くらい:豆粒くらいの胎児のとき
② 約12週くらい:ダウンシンドローム等のリスクを計算する検査。胎児はレモンサイズ。
③ 約20週くらい:胎児がちゃんと成長しているか、色々と図るので1時間くらいかかる。この時に、もし知りたければ、男の子か女の子かわかる場合もあります。

この3回で問題がなければ、超音波検査は以上だそうです。双子や問題がある人はもう一回あるそうです。
三回目の超音波検査。今まで2Dだったけれど、今回は3Dも。なんだか砂色のミイラのようで、自分の子供とはいえ、結構怖い。「きゃーかわいいー」とはならないなあ。存在はかわいいけれども、写真はちょっとねえ。ところで、私たちは、生まれるまで男の子か女の子かは、知らないでいることにしました。どちらでも健康であればいいかな、と。でも名前は両方考えておかないとねえ。
数日後、例のGPの元へ。結果を印刷するのにGPが出間取り、無料の10分たってしまった。GPは「どうせ今週、出産病院にいくんでしょ。その時に産科医に聞いて」とだけいわれ、しかも、結果を受け付けの人からFAXしてもらうようにと、私は単にパシリにされたのでした。。。

さて、その結果を聞きに出産予定病院へ。初めての回だけ産科医との面談で、その後は4週間ごとくらいに助産師さんとなるそうです。ただ、、、、私の順番の時だけ、なぜか学生が練習で来ていて、産科医が来るまでに、前回と同じ質問をされ、同じ答えをし、そして産科医が来たときに、学生が私が答えたことをそのまま先生に伝えるという。。。時間が。。。20分しか与えられていないから、みんなむちゃくちゃ早口。そして、赤ちゃんの心音を聞く機械が古すぎ+赤ちゃんが暴れまくり雑音が入りすぎて、古い機械では対応できず、新しいモニター付きの機械で音だけ見てくれたのでした。大きな病院なのに、結構全部古いんです。一番聞きたかった、20週の結果、大丈夫ですか?というのは、GPのところから送ったFAXは全く届いておらず、私が持参した結果を見ただけで、大丈夫です、とのこと。とにかく時間がなく、ものすごく慌ただしい。でも、重大な問題がないだけよかった。

同じ週に、出産予定病院RBWHが開催する母親学級にバズさんと参加しました。
同じクラスには、20週から27週の人達が夫婦で来ていて、大体20組くらいでしょうか。「タオルと水と枕を持ってきてください」と言われていて、準備万端で、バズもジムスタイルに着替えたけれど、「姿勢の練習」とか「リラックスの練習」等で、全く汗かかず。2時間のうち、ほとんどはレクチャーで、特にリラックスの練習は、ほぼほぼ仮眠状態。笑。でも、基本的な事項を「夫婦で」一緒に学べるというのは、とてもいいと思いました。このクラスで友達できるかなあ、と期待していたけれど、ほとんど夫婦で来ているし、休憩時間もないので、あまり友達できるチャンスは残念ながらなさそうです。それでも、同じくらいの週の妊婦さんたちを見ると、ちょっと元気をもらいました。クラスが終わったのは夜の8時。みんな一斉に車で帰って行った。バズと私は車がまだないので、電車で。。。。と思ったら、なんと1時間遅れ。ひょえー。ちょうどいいので適当にあったタイレストランで晩御飯。オーストラリアのタイレストランのレベルは結構高いです massaman beef curry はバズのお気に入り。どこでもだいたい美味しい。私たちが最後のお客さんだったので、テンション高いタイ人おネエのマネージャーさんらしき人が、ココナッツライスをサービスしてくれました。最近は、量は少ないけれども、まあまあふつうに食べられるようになりました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する