FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家の修理 ー 電気編

購入した中古物件は、住んでみると、本当に色々と修理する箇所を発見。物件は二回見たけれど、その時には全然考えていなかった問題が住んでみると、わかるものですね。
ブリスベンは年間を通じて温暖な気候で、冬でも昼間は23度ほどあり、夏場は37度は超えます。それなのに、エアコンがない!!今は冬なので、快適に過ごせますが、このままでは夏が恐ろしいことになります。加えて、赤ちゃんが産まれたら、絶対にエアコンは必要。
電器屋でエアコンを買うと、そのお店が取り付ける業者を手配してくれることもありますが、私たちは、エアコン取り付けなどをしている、工事業者に依頼しました。業者がどこにどのように取り付けるのか見た時に、「電気のセーフティースイッチがない」ことがわかりました。どうやら今では100件に1件の割合でしかこのセーフティースイッチがないらしく、入居後3か月以内に取り付けないと、市役所から罰金とのこと。家を買う時に、そんなこと全然知らなかった私たちが悪いのですが、完全に見落としていました。わかっていたら、もう少し値段交渉もできただろうに。。。取り付けは、平日のみ。しかも1日掛かり。電力が完全に落ちるので、家で暇しているだけに。。。仕事も休んで、ひたすら工事が終わるのを待つ。夕方。工事の人が「もう遅くなってきて、終わらなかったからまた今度きます。」と言って帰って行った。ええええ、そしてまた平日。結局3日に渡り工事をして完了。オーストラリアは、働く環境に恵まれているけれど、サービス業の労働環境も恵まれているのか、消費者にとっては結構不便。。。。そして、最低賃金が高いのはいいけれど、工事代金も、時間制の部分は、結構なお値段。
とにもかくにも、なんとかエアコン取り付けと、安全スイッチ取付と、ネズミが噛み切ったケーブルの修理と、将来的にウォシュレットをつけるためのコンセントと、そして1日目の工事人が間違って開けた穴を塞ぐ作業が終わりました。壁の穴を見つけた時は、びっくりしました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。