FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産休カバーの人の面接をする

産休予定日まであと6週間。妊娠38週(予定日の2週間前)のギリギリまで働く予定です。もし38週を過ぎても働きたければ、医者の診断書がいるらしい。38週はもういつ産まれてもおかしくないようなので、会社側も早めに産休カバーの人に引継ぎをしておいた方がいいということになりました。公募をして、人事と上司が2回の面接後、3回目の最終面接に二人が残りました。私の時は面接1回だけだったのに(以前のブログを参照下さい)、産休カバーで3回も面接って厳しいなあ、しかも結構時間かかってる。会社も真剣なんだな。そして、なんと最終面接に私も面接官として出ることになりました。今まで面接は受ける方ばっかりだったのが、初めて採用側として出席。緊張するなあ。もちろん私だけではなく、人事と上司達もいるけれど。

事前に2名の履歴書を見せてもらい、どういう質問をするのかを考える作業が結構大変。なんてたって、2人とも履歴書がなんと8ページ!!!ええー、そんなに長くていいの?というのが正直な感想。私が就活してた時は最大3ページに抑えるように、なんとか工夫していたのに。そして採用側になってわかった。何ページでも結局は、直近の仕事及び応募している関係ありそうな職歴の部分しか見ないわな。そして、あまりに細かい仕事内容は、すっとばっすから結構無駄だわな。意外と、「趣味」という欄は無駄だと思っていたけれど、その人のキャラクターが見えるので、履歴書に加えてもよいかもと思った。でも採用の参考にはあまりならない。。。。

そして、二人ともオーストラリア人だけれども、やっぱり日本人と違ってなんかすごい事した人みたいな履歴書になってるなあ、という感想。絶対誇張している。日本人ならこんな些細な事、大げさに言うほど私はすごくありません、と言う傾向になるけれど、それを真面目にあたかもすごい偉業を成し遂げた風に書かれている。おそらくアメリカ人程すごくはないけれど、少なくとも日本人の履歴書に比べたらできそうな人に見えると思う。
さらに驚いたのが、二人とも応募条件の学歴全然満たしてないじゃん!「できれば」じゃなくて、ちゃんと応募条件の欄にあったのに。それでも応募する度胸と、最終に残るパワー。私は逆に、修士という学歴が邪魔して、たくさん断れた。でも高すぎる学歴は言い訳で本当は、職歴とかキャラクターが合わなかったのかもしれない。

面接当日。人事や上司らが次々に会社の説明やら質問をする。3回目の面接だよねえ。面接受ける人がどういう反応をするのだろうとか観察していたら、突然上司が私に質問を振ってきた。やめてくれー、私は面接官であって応募者じゃないー。しかも何を言っていたのか聞いてなかったー。もじもじしていると、直属の上司が回答してくれて、助かった。私、面接官失格だ。。。そして、事前に用意した質問をいくつか私からして、無事に終わったのでした。事前に用意した質問は、一つは、技術的な質問。「これこれの業務はどのくらいのレベルまでしたことがありますか」というような事。もう一つは、面接の開始の方に、「もうすでに業務内容は聞いているかと思いますが、あなたがこのポジションで働くことになったら、実際にどういう業務があると予想していますか?」というのを聞いてみた。これが意外と残念な回答で、なんだかなあ、色々応募しているのわかるけど、自分が何に応募しているのかわかってるのだろうか、という一抹の不安。。。。他には、キャラクターがわかる質問を一つ。「忙しいときや、思った通りに物事が進まないことがありますが、どのように対応しますか?」というような質問。これは二人とも準備してきていたようで、無難な回答だった。それでも、人事が投げたキャラクターを浮き彫りにする「同僚などと、もし意見があわなかったりしたときにどうしますか?」というような質問の回答をみると、色んな人とうまくやっていけそうな人かどうか、わかるもんなんだなあ、と思いました。

就活しているみなさん、前職で何があろうとも、たとえそれがあなたのせいではなく、変な同僚のせいであったとしても、口がさけてもネガティブな事は面接では言ってはいけません!こんな基本的な事、私が就活していた時でもネットなどで書いてあったので、「そんなのわかってるよー」と思っていたけれど、面接する立場になって、本当にわかった。少しでもネガティブなことを口にすると、印象が断然悪い!!!退職したのが、前職の変な同僚のせいであっても、それを言うと、まるであなたが変な人だという印象を受けます。

面接する側になって、気づいたことは沢山あり、自分の為にもなりました。もう一つわかったこと。面接する側も、疲れる!!!どういう質問をしたら、より効率的に他の応募者との違いがわかるか、とか、よりポジションにあった人材を選べられるか、という真剣な作業なんです。だれも適当に選んだりしないと思います。なんせ一緒に働く人を探しているわけですから、変な人を選んだら、自分たちの負担が重くなるだけですからね。
満場一致で、産休カバースタッフが決まりました。どうか、いい人でチームと仲良くできて、仕事も普通にできて、でも大きすぎる野心がない人でありますように。。。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。