FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産後の病院生活1週間

前回のブログの通り、結局帝王切開の出産になりました。
私の入院した病院では、自然分娩で24時間から、帝王切開で36時間からの退院が目安と聞いていたので、自然分娩だと、大体1晩病院で過ごして退院なんだ、と簡単に考えていた。結局1週間も病院にいることになろうとは。。。

まず、その日から、帝王切開の麻酔が効いているので、カテーテルをつけられる。そして、痛み止めなどの点滴2種類くらいが腕に。帝王切開は、そのあとが痛いと聞いていたけれど、本当に痛い。ベッドから起き上がるにも、唸りながら、ゆっくりとしかできない。横で赤ん坊が、泣いていたり、ゲボゲボしていて、すごく苦しそうにしているのに、起き上がってから点滴とカテーテルを両手でゴロゴロして、約1メートルをいくのに、数分かかる。看護婦さんを呼ぶボタンもぽろっとベッドから落ちたら最後、ボタンが押せない。運良く押せても、もちろんすぐには来てくれない。本当にすぐ隣に赤ちゃんが苦しがっているのに、すぐに対応できないのがとても悔しく、申し訳なかった。日本では、どうやら最初は赤ちゃんを看護師さんが面倒見てくれるそうなので、羨ましかった。自分の赤ちゃんと同じ部屋で最初から過ごすのはいいけれど、かなりしんどかったなあ。もう何が何だかで、かわいいとかそういう感情を持つ余裕さえなかった。

手術をしたので、ガスが出ないといけないのに、ガスも出ず、それにも苦労。毎日の病院食は、ほとんど「お湯、お茶、具なしのスープ、やわいゼリー」以上。何とか6日目にしてガスが出た。

出産当日だったか翌日だったか、私の血圧が、41−69になり、ドクターたちが20人くらい来て、私を囲み、なんだかんだ質問された。気分は悪くないのかなど。あまり覚えてない。でも、気持ち悪くもなかったし、めまいも感じられず、なんでこんなにたくさんドクターが来るのだろう、と思っていた。(知らぬが仏)。 そのあと、CTスキャンなどをしたが、自然と治った。

運良く個室だったからよかったものの、相部屋だったら、ベッドの周りをカーテンで仕切られているだけで、トイレは共同。絶対個室でよかった。。。。

オーストラリアの病院では、それぞれの専門にかなり細分化されている。私を見てくれるドクター(その中でも色々と違う専門分野のドクターに分かれていた。)と赤ちゃんを見てくれるドクターは違うし、入院中に赤ちゃんの聴覚をテストする人、血液検査をする人、私に産褥体操を教えてくれる人、等。入院中は、看護師さんを中心に、色々なドクターが入れ替わりたちかわりで、血圧と体温検査、薬も数時間おきにあるし、結構忙しい。

1週間後、めでたく屁が出て、母子ともにプップップーと屁をこきながら、やっと笑えた。(笑うと傷が痛い。)
そして、退院。退院前の説明を受けて、ドクターのオッケーが出たら、いつでも退院していいとのこと。すべて無料なので、病院を出るときは、「ありがとう、さようなら〜」と言うだけ。すべて無料は本当にありがたい。

久しぶりの外の空気。暑い、めちゃくちゃ暑い。赤ちゃんは初めての外の世界。無事に家に帰ってきてからがバタバタだった。母乳と粉ミルクの混合なのに、粉ミルクの作る手順を把握していなかった!なんとかできてとりあえず授乳。

それから約6週間。私の両親とバズのおかあさんの助けを借りながらでも、本当にしんどかった。でも、6週間が経つ頃に、ようやく慣れてきて、やっと子供がかわいいと思えるようになった。

自分が実際に出産を体験して、世の中の母親達、本当にすごいと思えるようになった。母親は強し。強くならざるを得ない、我が子を守るために。。。。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。