新居に必要な物を買うの巻

新しい民間の学生寮に引っ越した。家具はついているけれどもこまごました物を買う必要がある。
まず、布団、シーツ、枕、カバー、バスマット、タオル、トイレットペーバーはおそらく一番最初に必要だろう。

これらは、マークス&スペンサー(M&S)という、ダイエーをもうちょっとカッコよくしたようなところでほとんど揃う。
んが、この寮はすべてダブルベッドの為、布団類は私好みのキッズ柄だとサイズがなく、結局Argosというチェーン店で購入した。

このArgosがすごい。かなり気に入って、結局ここでほとんど買うことになった。
何がすごいって、店舗があるのに、店に品物がディスプレイされていない!!!店内にあるカタログを見て、欲しいものを選ぶ。つまり、店中カタログだらけで、みんな真剣に選ぶ。ここは品ぞろえがすごい!ベット、布団、タオルなど生活用品はもちろん、テレビや洗濯機などの電化製品全て、机やらキッチン用品、子供のおもちゃやジュエリーなど何でもある。
そしてカタログ近くにあるおもちゃの電話のようなちゃっちな機械で、商品番号を入力すると在庫が出る。安いものや人気のものは在庫がないことが多い。入荷日やら他の店舗にあるかも確認できるものもある。在庫があれば、専用の紙に商品番号を記入してレジへ。レジで支払いを済ませたら、「Aコーナーにて123番でお呼びします。待ち時間は約5分です」といったような説明とレシートをもらい、商品受け取りコーナーへ。自分の番号が電光掲示板に出たら、商品を受け取る。という仕組み。
なぜか店内はやたら広い。そりゃカタログしかないからかなあ。。。でも売っているものは大きいのが多い。
もちろんネットでも可能。ネットで予約をして、番号を携帯で受け取ったら、期限までにレジに持って行って、支払い、受取。というしくみ。

そしてSAM99という99ペンスショップ。日本の100均のようなもの。日本ほど洗練されたものはないけれど、こまごましたものはほとんど揃う。しかし、Zone1の中心にはあまりないみたいで、Zone 3とか4によくあるみたいだ。

食料品は、waitroseという店は高級食材が揃う。日本のそばやらちょっとした珍しいハイクラスなものが必要な場合はお役立ちらしい。あとは、Morrisonsをよく利用している。比較的安い。セブン&アイ・ホールディングスのように自社ブランド食品が多く、安くて質がいまいちなのが難点。ラップを買ったら、使い物にならないくらい最悪だった。日本のサランラップがなつかしいなあ。もちろん他にもたくさんスーパーがあるので、もっといろいろスーパーに行ってみたくなった。
今までホームステイだったので、スーパーに行く必要がなかったからなあ。スーパー大好きです!他の国に行くとスーパーで2時間くらいはかるくつぶせる。
スーパーについては、もう少し調査をしてからブログに書こうと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する