スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリエンテーションウィーク

9月最終週はオリエンテーションウィークだ。
様々なイベントが催される。といっても、もっと日本の大学のように大規模にあるのかと思えば、そうでもなかった。

学生たちは各自大学のマイページより、自分がどのオリエンテーションに参加するのかをチェックする。
1番大切なのは、入学手続き。パスポートやらIELTSの原本などと、支払い状況を確認して、学生IDをもらう。パスポートを忘れてもめてる人やら、学費の計算で文句を言っている人など、いたが、私は2時間ほどで終了。
そして、自分のコースの説明会が次に大事だ。ここでそれぞれのタイムテーブルをもらう。が、紙でもらったタイムテーブルがマイページのと違ったので、問い合わせたところ、ネットの情報が正しいとのこと。だったら紙つくらなきゃいいのに。
こちらに来て、インターネットで情報を集める大切さをしごく実感した。紙の情報はほとんどない。パーティーのフライヤーくらいしか紙がない。ネットで自分で探さなきゃ情報が手に入らないし、誰も教えてくれない。時間割もクラスなどもネットで確認、個人連絡先や、成績など、すべて大学ホームページのマイページになっている。
運よく、1カ月の英語コースや無料英語コースで、同じマスターコースの友達が2人できたので、「ここの日時と時間まちがってるよね?」なんて相談ができた。オリエンテーションウィークに合わせて渡英してたら、ひとりぼっちで焦っていたと思う。やっぱり1カ月早く来てよかった。

他のオリエンテーションは、
「留学生ウェルカムパーティー」:例のごとく大学のバーにて。学部も院も一緒なので、相当若い学部生が飲んで騒いでいた。しかもエントリー£4!高い!なんだかよくわからないロック系のライブ演奏があった。久しぶりにビリヤードをして学生に戻った。このビリヤード、私が借りたのに途中からインド人の男どもに半分乗っ取られた。個人的な偏見と差別ではありますが、どうもインドと中東の男性は苦手だ。あいさつなどなしに、無言で近寄って来るし、考えも行動も全く読めない。私がそこらへんの文化を全然知らないからなんだろうけど。もちろん、一部の人はちゃんと普通にお話しできる人もいますがね。(ただインド英語は本当に難しい)

「大学院生ウェルカムイベント」:マスターコースってたくさん勉強しなきゃならんのだよ、という説明のあとに、BBQと聞いてきいてきたが、例のごとく、冷めたパンのまっずいハンバーガー&コールスロー&コーン。ここのBBQはこれなのか。そこで出会ったアルゼンチンの子と、ブーブー文句を言ったが、しかし無料なのでおいしくいただく。ワインやビールやジュースも無料。院生用なので、ライブ演奏はジャズ。これはなかなかよかった。日本人がもっといると思いきや、意外にもみつからず。ヨーロッパ人がおおかった気がする。

「ビジネススクールの学生ウェルカムパーティー(2回)」:ラザニア。これは普通に食べれた。2回目のパーティーは、またまずいBBQ(今度は冷めたパンのホットドッグ&コールスロー&コーン)とワインをいただく。クイズもあって、チームで回答し、見事シャンパンをゲット!
今週3,4回、このBBQとは程遠い、まずいBBQを食べすぎたせいで、現在ちょっと胃もたれがしている。もうしばらく食べたくない。

「ビジネススクール学生のオリエンテーション」:70人くらい来ていたかな。ビジネススクールの説明。(大学院の中でも、私は国際ビジネスコースなので、ビジネススクールというカテゴリーに分類される)。その後、突然サブプライム危機やらヘッジファンドがどうのというレクチャーになり、全くついていけず。みんながんがん質問しており、かなりあせった。
来週からの授業についていけない気がする。。。涙。

インターネットで情報を得る、という事の他に、留学する人は、ぜったいfacebookを持ってた方がいいですね。(facebookは日本でいうmixiのようなものです。)
大学のいろんなアクティビティ(スポーツだとか、イベントだとか)はfacebookを見てくださいー。なんて案内もあり、驚いた。日本の大学でももしかして「詳しくはmixiのイベントを見てください」なんていうことになっているのだろうか。。。
いずれにせよ、いろんな情報が「詳しくはウェブで」で済まされているので、本当にネット環境が整ってないと厳しい。

そんなこんなで、来週からのマスターコースに備えて勉強、なんてことは一切せずに、遊んで終わった1週間なのでした。。。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。