国際ビジネス戦略と食戦略

今日は国際ビジネス戦略の初クラスだ。

まず25人ほどのセミナーから。例のごとくイントロなので、プレゼンの割り振りを決めるくらいで終わった。今回はプレゼンの割り振りで変なものに当たらないように予習をしていてよかった。
結局SONYを例に組織設計についてのプレゼンを選んだ。他の企業(ボーダフォンやZARAなど)のケーススタディーも面白そうだったが、グループプレゼンになるので、メンバーが重要だ。(グループごとの成績になる。)
あらかじめ、どの内容がいいか決めておいて、メンバーを見ながらよさそうなグループに入ることができた。
まさに偏見と先入観の塊だが、1時間も遅刻したアフリカ人はチームワークができそうにないし、(勝手な偏見だが、アフリカの人ってのんびりしてるよね)、昨日の友達と一緒がいいという中国人は勉強できそうにない、インド人は言っていることが分からない、など厳しい人間観察の末、私が入ったグループは、オランダ人、フィンランド人、そして昨日紹介した戦場カメラマン(実際、全く戦場カメラマンではないが見た目だけ)と私である。彼らは、授業でもたまに発言するし、きっとリードしてくれるだろう。そして、きっと私がメンバーに入ったことに一種の不安を感じているであろう。。。汗。足ひっぱらないように頑張るから、よろしくお願いします。。。。

そして、講義は、「ステークホルダー(利害関係者)VS株主」というテーマで、Dodge vs Ford Motor Co. を例に組織目的についてだった。また大クラスで今回は80人くらいいたと思われる。これも、予習しててよかったなあ。。。念のためにレコーダーを持っていったが、結局使わなくてよかった。重要な情報を聞き洩らすのではないか、という不安からレコーダーを持っていたが、結局再度講義を聞く時間なんてないことに気付いた。。。読まなきゃならない本が大量にある。。

今週から授業が一斉に始まったので、読むべき本は図書館でもすべて貸し出し中という事態に。。。しまった、出遅れた。でも結局借りてもだいたい1週間だけなので、買った方がいいかもしれないが、全部の本は買えない。。。
古本などないかみんな必死に探しているが、新しい本が多いのと、需要が多すぎてなかなか見つからないみたいだ。結局アマゾンとかで買う事になるかもしれないが、10日ほどかかるとのこと。とりあえず来週までによまなきゃならないものは1冊も手に入らず。図書館で短時間貸し出し(3時間だけ!)を利用しようかと思っている。

ホームステイから寮に変わって、自分で料理をしているが、結構楽しい。そしてランチも一旦寮に帰って食べているので食費も節約できる。同じクラスの人でも時間が違ったりするので、あまり一緒にランチをする時間がないからちょうどよかった。最近のお気に入りランチは、サラミとルッコラのサンドウィッチ。イギリスは高いといえども、日本に比べて洋食の材料が格段に安い(まだスーパーでの値段比較は調査中)。ノルウェーの懐かしい「TINEスライスチーズ」もあり思わず買ってしまった。トーストにチーズ、サラミ、ルッコラ、卵を挟んでキューピーマヨネーズと少し塩コショウで出来上がり。おやっさん(以前のブログ参照。コロンビア人のカフェ店主)の£3パニーニ並みにおいしく50ペンスもかかってないだろう。。今度はプロシュートで作ろう。
そしておやっさんのところでカプチーノを買って、満足ランチです。最近はおやっさんが覚えてくれたので、何も言わなくても「カプチーノに砂糖2つね」とすぐに準備してくれる。

ビジネス戦略と同じく、毎日の食戦略もイギリスで生き延びる為に必要だなあ、と思ったのでした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する