スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイスターカード

今日、やっと学生オイスターカードが届いた。
オイスターカードとは、以前のブログでも少し紹介したが、日本でいうスイカやパスモやイコカなどのようなものだが、それを使うと格段に安くなる。旅行者でもオイスターカードか1日券などをかった方が絶対にお得だ。改札でピッとかざす黄色い丸いものがオイスターっぽいという説があるが、全くオイスターに見えない。普通のオイスターカードは空港でも駅の改札でもキオスクでも手に入る。最初にデポジットで£5だかを払って、チャージしていく仕組み。

どれくらいお得かというと、地下鉄の場合(Zoneによって料金が違う)
現金支払い(Zone4まで一律)→£4 
オイスターカード→£1.8(Zone1内)、£2.3(Zone1-2) 注)平日6:30-9:30, 16:00-19:00のピーク時値段。オフピークは少し安い区間もある。
これに1日乗り放題とか7日間乗り放題などをチャージすることもできる。片道約2ポンドの違いは大きい!!

学生オイスターカードは、年齢によって少し種類があるが、私は「18歳以上の学生」というものをゲットした。
これは定期券写真つきのカードで、大学の学籍番号が必要かつ在籍中しか有効ではない。
カードの申請は、インターネットで写真を添付して住所などを入力するだけ。後日カードが郵送されてくる。(カードに印刷される写真の質が相当悪いのでびっくりする)
1回ごとの料金は普通のオイスターカードと同じだが、定期券は30%安くなる。定期券の種類は7日、1カ月、1年だ。
普通のオイスターカード7日券(Zone1-2)→£25.8
18歳以上学生オイスターカード7日券(Zone1-2)→£18

チャージは改札の券売機でできる。カード支払いが主流だけれど、現金でのチャージ可能な機械もある。ただ、おつりがあるかないか要チェックだ。日本語の案内もあるが、日本語の方が何の事を言っているのかいまいちわからず逆に難しかった。

駅によっては、改札ゲートがなく、自己申告制でカードをかざすところがある。でもたまに車内にて抜き打ち検査があり、ちゃんとカードをかざしたかどうか調べる機械をもった係員がくる。また、入るときにちゃんとかざしてないと、出るときにひっかかり、倍の値段を払わされたりする。(説明してもあまり聞いてくれない)

バスなどもオイスターカードで乗れる。逆に現金でバスに乗ろうとするもんなら、外にある変なボロっちいマシーンにて購入するハメになり、ちょうどバスが来てるのにー、なんてことになるかもしれない。

大学の近所に住んでいて、他の地域との接点なく1週間過ごした為、今週は全く地下鉄を使ってない。。。
せっかく学生オイスターカードを手に入れたから早く使いたいなあ。。。。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。