アメリカ人は月に行ったのか?

本を読んだり、資料を集めたり、プレゼンの準備で忙しい毎日が始まりました。
18歳の2人のフラットメートは、毎日ショッピングやらパーティーやらに行っていて、アバクロでシャツを買ったりハンターのレインブーツを買ったり楽しそうにしているのを横目に、小汚い格好で本を読んでいると、「そんなに本を読んで退屈しないのか?」と質問されてしまった。。。退屈とかそういう問題ではないのだけれど。。。授業と部屋と図書館の往復だけで、少し孤独感を感じてきていますが、それでも毎日なんだかんだと新しい人と話す機会があり楽しい。

同じ寮のイケメン中国人青年(中国人の名前は発音と覚えるのが難しすぎて、どうしても彼の名前も覚えられない。勝手に「堂珍くん」と心で呼んでいるが、イングリッシュネームを教えてくれればいいのに、と思う)は、なぜか本当に毎日のように偶然会うので、いいご近所さんになってくれている。そしてプライベートな事はあまり話さず、天気の話しなどが多いので気に入っている。なぜかというと、毎日のように寮の人にすれ違いざまにいきなり「名前は?どこの学校?何を勉強してる?修士課程?どこの国の人?どの部屋に住んでる?」と立て続けに質問され(まるで職務質問だ。)、こっちが質問する間もなく、そのまま去っていく人が非常に多いので、半ば答えるのに辟易してきた。同じ寮なんだから、そんなに質問しなくてもそのうち会うだろうに、と思っていると、聞いてきた人に2回と会ったことがない。彼らも孤独を感じてきているのだろうか。そして同じようなバックグラウンドだとか状況の仲間を探しているのだろうか。堂珍くんはちがう。特に何も聞かない。未だに名前もよくわからないし。いつもにやにや笑っていて、何か楽しそうだ。立て続けに質問してくる若者達の国籍、性別は様々で、彼らを見ていると、なんだか異文化がマーブル状態に混ざりながらも、分離していくようなイメージを抱いた。(なつかしい「パナップ」というグリコのアイスで2つの味とソースがありつつ、それぞれを分けて食べてしまう私を想像していただけるだろうか。)

今日の授業でも、私は日本人であることで、世界的にどういうポジションにあるのか、とまた考えさせられた。(これは大学の時より幾度となく通ってきた問題だ)そして、やっぱりイギリスという国で、アカデミックに勉強することって意味があるんだ、と思った。なんだか言葉にできないけど感覚的に感じていたことが、実際に言葉に表現されて論理的かつ構造的に説明される。そしてそれに対して批判的に見てみる。という作業の繰り返し。アカデミックな事(特にカルチャーだとか実際に仕事とは遠そうなこと)って、理論をこねまわしたりして面倒な作業の上に生活に役に立たないんじゃないか、と懐疑的だったけど、自分自身の精神生活上、必要なものだということが分かってよかったと思う。

授業内容と実際には関係ないけれど、アメリカ仕込みの南米人学生VSアイルランド仕込みのイギリス人教授のバトルはおもしろかった。ひょんなことから「アメリカ人は月に行ってないのではないか?」という教授。このテーマは生徒同士の会話でもよく耳にするが、こちらの人は概ね信じていないようだ。私もアメリカ人が月に行ったなんて全く信じていないが、日本にいるときはあまり賛同を得られなかった。クラスにロシア人もいたもんだからまたおもしろかった。そして例のごとくアメリカ人はアメリカが大好きなんですね。(この学生の場合、アメリカ人ではないが、おそらく彼のアイデンティティーはアメリカンだと思われる)そりゃ、世界の色々なところでアメリカのパワーを目にせずにはいられないですがね。そして、私はまた違う事を考えていた。「どうしてアメリカ仕込みのアジア系の人の目はキラキラしているのだろうか?(一部例外あり)」このテーマは何年も前から思っていたが、答えがなかなか見つからない。アジアだけに定住していたアジア人と、アメリカで一定期間以上生活した人の瞳の輝きは全く違う。ヨーロッパなど他の国ではなく、特にアメリカでの生活が瞳の輝きに影響を与えているのではないかと思う。アメリカ本土に行ったことはないけれど、たぶん自分の意見を強くもってガンガン意見するアメリカの文化にもまれて、瞳が輝いてくるのだろうか、と思う。サトイモを洗って皮をむく感じ?(サトイモの表現ですみません)。でもなぜアジア人だけ?普通のアメリカ人の瞳に輝きを感じたことは一度もない。
どなたか、これに関して知っている方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください。答えを見つけに次はアメリカに行ってみようかな、なんてぼんやり考えている私の脳みそはさっそく月に行ってましたね。。。

本日のランチ:プロシュートとルッコラ、パルメザンチーズのサンド(自分で作ったが、お腹痛くなた。プロシュートがちょっと古くなってたかな。)
本日の夕食:ペンネ(ひき肉、玉ねぎ、人参、ピーマン、なすを炒め、トマトソースをベースにしてみました)+サラダ(カニカマを大量に購入した為、毎日食べてる。そろそろ飽きた)+デザートはポーランド人にもらったチョコ。カカオ55%のビター。これがおいしい。ポーランド万歳。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する