スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドンでおいしいスウィーツを探すの巻

おいしいチョコがどうしても食べたくなって、今日はスウィーツ屋をいくつかめぐった。
ガイドブック「わがまま歩き」に掲載されていた「メゾン・ベルトー」はソーホー(ロンドンの中心街にあって、色んなカフェやら各国料理の店やらショッピングも楽しめて、観光客でごった返している)にあって、「ケーキは絶品、スタッフもフレンドリー、昼にはテイクアウェイの客が列を作る、映画監督の故デレク・ジャーマン行きつけの店」とのことだったが、実際に行ってみると、なんだか年寄りじいさんらがちらほら入っているくらいで、近くのコーヒーチェーン店の方がよっぽど栄えており、なんだか入れなかった。ロンドンでも最高と評判だというケーキも見た目は結構普通な感じでちょっと残念。フランス風とガイドブックにあったが、あの大雑把な作りはどう見てもフランス風ではない気がする。。。結局食べなかったので、今度は勇気を出して食べてみようと思う。。。。

そしてもう一つ、ガイドブックにあった「アマト」というカフェのカプチーノはロンドンで一番とガイドブックにあったが、その店を見つけられず。。。上のメゾンベルトーの近くのはずなのに。一体どこに。。。ちゃんと住所も確認したが、日本食とコーヒーチェーン店しか見つけられなかった。。。このカプチーノを飲みにはるばる来たのに残念。。。次は誰かに聞いてみよう。。

さらにすぐ近くにパティスリー・ヴァレリーがあった。これは以前、V&A(博物館)の近くでケーキを半分こしよう、と声をかけられた店の他店舗なので、今度こそ誰もケーキを半分こしようと言ってこないか確認して、フルーツタルトを注文。ロンドンでは、持ち帰りと店内で食べるのでは値段が違うことが多い。ちなみに持ち帰りは「テイクアウト」ではなく、「テイクアウェイ」である。たまに「持ち帰りにしまーす」と注文して友達と話しているうちに結局近くの席に座ったりして店内飲食をしてしまっていることもあるが、店の人も誰も気にしていないようだ。すんません。ここのケーキは甘さ控え目で日本人の口にぴったりだと思う。(カスタード系統はちょっと甘い気がする)。他の国の人に聞くと、「甘さが足りない」とのことだったので、好き嫌いがあるかもしれない。

そして、チョコを探すべく、本日は金曜日なので、3度目のチャレンジでチョコレート屋Charbonnel et Walkerへ。今日は開いていた!!!よかった!これは、オールドボンドストリートという、ヴィトンやらシャネルなど高級ブランドが立ち並ぶ道のロイヤルアーケードにある。この周辺には4つのアーケードがあり、イギリスの老舗から欧米ブランドがずらり。
このチョコレート屋のお勧めは、「ピンクシャンパントリュフ」と「ローズ」と「バイオレット」だそう。さっそく買ってみたが、まだ食べてないので、味はお楽しみ。(試食させてくれればいいのにね。なーんて)お金ありそうな年配のおじさまとか、お金ありそうなアラフォー女性が巨大パックを買っていた。

もうひとつのアーケードBurlingtonアーケードには、日本でも有名なラデュレがある。ここの店舗、かなり小さい。3,4人入るともう店内は満員。。。なぜかゴツゴツした黄金色の岩のような装飾はちょっとラデュレらしくない。外に3つだけテーブルがあり、お金ありそうな家族(5歳児にはもったいない!!)とカップルがケーキを食べていた。ラデュレといえばもちろんマカロンですが、1つ£1.5と、日本と同じかレートによっては少し安い。品ぞろえは少なめ。

そして、ロンドンといえば、「Fortnum&Mason」です!いつも店の前を通り過ぎていたけど、今日初めて入って、はしゃいでしまった。有名な紅茶もずらり。お手軽な紅茶teabagは25個入りで£3(390円)くらい。安い!もちろん量り売りもある。その他にも、チョコレートも沢山!!!そして試食チョコも沢山!!!食べてしまった。。。私はダークチョコ派なので、ローズの強めの風味や紅茶味の茶葉が入っているのはちょっと苦手だったけれど、シンプルなプラリネはおいしかった!
その他にも、クッキー、ジャムーなどもあり。地階にはハムやチーズなどの食材やワインもあり、ティールームもある。ここの中にある「セント・ジェームス」というティールームにいつか行ってみたいなあ。。。。今日はがまんの子。結構高いので、おしゃれしていきたい。本当にこのフォートナム&メイスンは楽しい!!次回もっと詳しく観察したいところ。
まだ10月だけど、もう街は少しずつクリスマス気分になっていていて、ここでもすでにクリスマスツリーが飾られていた。そして、イギリス人のお客さんが「今、クリスマスの贈り物探しているのよー」なんて携帯で話していた。もうみんなクリスマス準備してるんですねえ。
IMG_0626_convert_20101030013740.jpg

ちょうど何かパティシエっぽい人たちとお金持ちそうな人たちが視察?に来ていて、「ケーキのデコレーションが素敵ですねえ」なんて話していた。が、日本やフランスのデコレーションに比べるとまだまだなんだよねえ、なんて考えてしまったのでした。あとお店のパティシエは「おいしいミンスパイもありますよ」と説明していた。ミンスパイはパイ風生地の中にブドウとナッツをつぶした具が入っていて、クリームをかけて食べる、イギリス的スイーツ、特にクリスマスに食べるらしい。が、私はまだ食べていない。
なんだか甘そうで特に食べる気がしない。。。このパティシエがお勧めしてくれたって、どう考えてもおいしそうではなかった。。。。残念。パティシエよ、私にその近くのイチゴタルトをオススメしてくれたら、即買いだったんですがねえ。
IMG_0627_convert_20101030014030.jpg
手前の方は、ハロウィンのケーキ

ロンドンでもおいしいスイーツは見つけられます!!!でもほとんどフランスの物だけど。。。

本日の夕食:白身魚のホイル焼き(白身魚、しいたけ(Shiitake mushroomという表示だった)と野菜をホイルで包んでオーブンで焼くだけ)+白飯
*白飯はまだ炊飯器がないのだけれど、なんとか鍋で上手く炊けるようになった。米はジャパンセンターにて購入。国宝とかいうやつで味はあまりないけど、使える。5キロで£9。
昨日はフラットメイトが、米をプラスチックの袋に入ったまま鍋で炊き(1回分の包装になってるやつみたい)、黒こげになったので、フラット中が煙だらけになった。あれだけの煙で火災報知機が作動しなかったのがちょっと不安。。。窓があかない構造なので、巨大扇風機を寮から借りて、換気扇も回したが、数時間焦げくさかった。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。