スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリーポッター プレミア!!!!

本日11月11日(木)「ハリーポッターと死の秘宝」プレミアがありました!映画は19日から公開されますが、それに先駆けて、ロンドンの中心Leicester Square(チャイナタウンのすぐ近く)というところで、レッドカーペットのイベントです!一般人も無料で俳優が見れるとあって、これは絶対行かなければ!!!

前日に話したクラスメートからこのイベントの事を偶然聞き、早速ネットでチェック。時間がギリギリまでわからず、ちょこちょこネットでチェックしていると、午後になってやっとどうやら5時ごろかららしいという情報を入手。
私はハリーポッターの映画は今まで全て見て、本は日本語で3巻まで、英語で1巻~最終巻まで読んだ、一応ファンなので、今日は朝からドキドキ。(個人的には、初めのころの話の方がおもしろかった。だんだん怖い話になっていく)
お天気はあいにく、強風、曇り時々雨、時々激しい雨、午後少し日がさしたけれど、寒い日。ライブカメラで現地の様子がネットで見れたので、それで現地の様子を随時チェック。朝10時からすでに数人待っている!イギリスでもそんなに人が待っているんだねえ。しかも傘さして。さすがに場所取りなどはない様子。日本だったら絶対だれかシート広げて場所とったりするだろうな。。。
現地には4時50分に到着(一応それまで勉強してましたよ。さすがに寒い中待ちたくなかった)。雨はやんでいたのでちょうどよかった。ロンドンもめっきり冬模様で、午後4時半くらいにすでに暗くなります。駅は通常と変わらない程度。あれ?こんなもん?ってな感じです。Leicester Squareというちょっとした公園付近に行くと、そこだけすごい人!!!だけど、まだ歩ける程度。大画面も何台かあり、一般人が入れない場所からリポートされていた。「みなさーん、今日はハリーポッターのメンバーが沢山来ますのでお楽しみー」と司会者的な人が盛り上げ、ドドーっと歓声。ファイヤーもバンバン鳴り、合間に映画の予告編が流れていた。私は初めてこのような場所に来たので、その場の華やかな雰囲気に圧倒された。

イベントの中心からは少し離れているけれど、どうやら俳優もサインとか握手しに来そうな場所で、比較的人が少ないところを発見して2列目に陣取った。(こんなギリギリの時間でも2列目!)中心近くは背の高い人たちが沢山いて、とてもじゃないけれど私には何も見えなかった。場所を確保したとたん、周りが叫ぶ叫ぶ。なんだか照明さん的な人も見える!!おお、誰か来たかな??と思ったら、突然すぐ近くにロン現る!!!おおおお!!!!ロンは子供の時よりも今の方が少しイケメンになったと思う。とても丁寧に沢山サインしたり、一緒に写真を撮ったり、子供たちには話しかけたりしていて、感じよかった。私は写真を撮るのに必死でサインのことを忘れていた。。。というか、まさかこんなに近くにすぐに見れると思っていなくて、用意していなかった。。。。
IMG_0676_convert_20101112090327.jpg148658_461979888269_774213269_5391182_1263655_n_convert_20101112183053.jpg
ロンの胸にあるのが前回少しふれた、第一次世界大戦の戦没者の行事で、募金したらもらえるとう赤いポピー。

隣には3人の小学生くらいの子供を連れたおばちゃんがいて、「押すな!!」とキレていた。とくにその周りはティーン達が沢山いて、絶叫していたし、相当押していたからねえ。(結局私も2列目だったのがティーンのパワーに負け、次第に後ろの方になってしまい、結局場所を移動することになったけれど)
その後、たぶんハリーポッターもいたけれど見えなかった。(友達はちらっと見えたと言っていた。うらやましい。)。ハーマイオニーは全く見えなかった。。。。かわいいハーマイオニーを一目見たかったなあ。。。
周りのティーン達の叫び声を目安にカメラを構えた。周りがトムコールをし始めた「トーム!トーム!」トムとは、ドラコ・マルフォイ(ハリーの同じクラスの悪いやつ)である。さっとカメラを構えると、ドラコ現る!!!おおお、成長して、イケメンになっているではありませんか!小さいときの変なキノコカットとか大違い。しかも、彼も丁寧に沢山サインしていた。(ここで私はやっと持っていたロンドンガイドブックを取り出し、サインしてもらおうと出してみたが、残念ながら無理だった。)
IMG_0696_convert_20101112090926.jpgIMG_0693_convert_20101112091108.jpg
子供と写真をとるトム。

それから、あの嫌なドローレス・アンブリッジ先生も来て、おちゃめだった。
後ろの方に押された為、場所を改め、今度は、オリバンダー老人(ジョンハート:エイリアンやインディージョーンズに出ていた)!かっこいいじいちゃんだった。近くの礼儀正しい青年が握手してもらっていたが、ティーン達は特に興味ないみたいだった。
IMG_0735_convert_20101112091631.jpg

そして、存在感たっぷりにベラトリックス(悪い方の魔女。)が登場。本物もタフで強いイメージのまんま。。。でもサインをしてもらいました!(ガイドブックの裏に。。。)
IMG_0742_convert_20101112091810.jpg

一番見たかったレイフ・ファインズ(ニセのポーランド人シェフではなくて、本物。ヴォルデモートを演じている)は全く見れなかったのが残念。近くで誰かが「ヴォルデモートがいる!」と叫んでいるのを聞いたが。。。後でネットをチェックしてみると、髪の毛が薄くなったからなのか、ほとんど坊主に近い状態に。。ヴォルデモートに近くなってるよ。。そしてやっぱ歳とったね。。。
また、ルーピン先生演じるデヴィッド・シューリスも見たかったが、現場にいたのだろうか。

本当にロンドンにいなきゃこんなイベントなかなかすぐには見られない!!貴重な体験でした☆
スポンサーサイト
コメント

ハリーポッター全巻読んだんだあ。知らなかった。私は4巻の途中で放棄(^_^;)
色々楽しんでいるようで何より。

Re: タイトルなし

はい、一応読みました。でも最終巻はちょっと難しくて、理解できていない部分があるので、映画を見て補おうかと。。。ちなみに、こちらでもハリポタブームはちょっと過ぎ去ったっぽく、プレミアでも仮装している人は見かけませんでした。子供がメガネをペイントしていたのと、青年が制服っぽくブレザーにネクタイという人はいましたが。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。