Academic English Course

英語にあまり自信がないので、1か月だけアカデミック英語のコースを受講。
今日8月16日が初日です。

9:30に大学に行くと明らかに外国人がぞろぞろ歩いていたので、最後にくっついて到着。
初日なのでオリエンテーションと、クラス分けの為のちょっとしたインタビューのみ。

オリエンテーションでは、この英語コースの説明と、銀行口座とかその他生活のことについて教えてくれた。
やはり日本人、かなり多い。50~60人くらいのうち、3分の1くらい日本人だろうか。
クラスを分けた後は、何人くらいになるのだろう。。。
後は、中国人もかなり多い。ヨーロッパ人っぽいのは少数。

インタビューは、メス牛のようなと言っては失礼なのだけど、本当にすごいでかい女性が担当だった。
その担当者が待っている間、机に肘をついてごろーんとなっている様は、どう見てもメス牛だったので、
かなり笑いそうになったのをこらえた。
インタビューの内容は、「イギリスの印象はどうですか?」「どうしてこのコースで勉強したいですか?」など、普通の質問で楽しかった。

今日はそれだけだったので、日本人の友達と今日知り合った台湾人の子と近くのレストランでランチ。
牛肉、サラダ、フライドポテトとコーヒーフラッベで£6くらい。900円くらいか。
味もおいしかった。でも何よりお店のお姉さんがとても親切だったので、また行きたいなあ。
小銭にまだ慣れていないので、「10ペンス2枚の価値があるのがこの20ペンスコインで~」という具合に全部説明してくれた。
(ここ数日でイギリス人はかなり親切だと感じている。)
近くの席に座っていた兄ちゃんは、お金を払いたくないだかでモメて、なんだか大変な事になった様子だけど、
私は全く気付かなかった。。。。何があったんだろうか。
量が多かったので、私以外の二人はテイクアウト(ドギーバッグというらしい)してもらってた。


IMG_0265_convert_20100817070348.jpg
パディントン氏は全部食べられなかったけれども、テイクアウトしても食べられない気がしたのである。

そして、銀行口座をさっそく開設すべくStudent Serviceへ。大学からの書類が必要らしい。
ロイズ銀行に着くと、あっさり「予約が必要なので、明日来てね」とのこと。

IMG_0267_convert_20100817070442.jpg

パディントン氏は銀行に行く途中で、羊のような山羊をみたのであった。
(肝心な動物に焦点があってない。。。笑)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する