Taste for Christmas

先日、Excel Londonという、ビッグサイトのようなところで開催されたTaste for Christmasに行ってきました!
IMG_0795_convert_20101207225143.jpg
これは、主にチーズ、ワイン、コーヒー、チョコレートの試食販売会です。
毎年開催されている結構大きなイベントのようです。駅に着くと、すでに誘導係員がいて、「会場はこっちですー」とか案内していた。
まず向かったのは、もちろんチョコレートセクション!!!色々試食をして、結局一番おいしいと感じたPaul Wayne Gregory というところのチョコを買いました。http://www.paulwaynegregory.com/ 一粒ずつ違う味が入っているものです。

シンプルなダークチョコに深みのあるプラリネがかなりおいしかった。ショコラティエのポールさんは、意外と若くて、となりにいたただの販売のおっちゃんがずっとショコラティエだと思ってたけどちがった。。。他の店のチョコも私の大好きなダークチョコベースが多くて、たぶん最近はカカオ何%とかのチョコが流行っているのだと思う。そして、チョコのテイスティング講習会も開催されていた。でもチョコの規模は残念ながらあまり大きくなかった。たぶん日本のバレンタインデーの方が高級チョコ勢ぞろいだと思う。

そして、コーヒーの講習会をちらっとのぞいて、チーズをちらっとみて、間違えて食べられないヤギのチーズを試食してしまった。。。
口直しにワインのコーナーへ。チョーヤ梅酒もあって、浴衣を着た人が売っていた。みんな「これはなんなんだ?」とか聞いてたなあ。梅酒はやっぱ美味しいです。
ワインはチョコワインとか珍しいものもあった。そして、これも規模が予想より小さくて、ちょっと残念だった。。パリで行ったワインの祭典は、売っている人もみんな飲んでて、100以上のものすごいいいワインがずらりとあったなあ。やっぱりフランスはすごいね。もちろん今回もフランスからのワインがほとんどだったけれど、たぶん日本の普通のお店をちょっと大きくしたくらいの品ぞろえな気がした。そして、フランスのテイスティングでは、普通のワイングラスに並々とついでくれてテイスティングできたのに、こちらでは、かなり小さいプラスティックコップに1口だけ。グラスが欲しければ別料金。。。。入場料払っているのに。あ、でもここでは日本のように普通にお店でテイスティングしてるのを見たことがないので、味見するいい機会といえばそうですが。

その他にも、料理のデモンストレーションもしていた。有名なシェフ達が来て、デモをしてくれるみたいだったけれど、私は最後の方しかいなかったので、ほとんど見られず。(そしてその有名なシェフが誰かもよくわからなかった。)
1人、スペイン人のおっちゃんのデモを見た。ホームパーティーで自分が料理してもみんなと一緒に食べて飲んでお話できる時間を持てる、簡単料理(3分間クッキング風)のデモだった。スペインの美味しそうなイベリコブタを使ったチョリソとか、、白身魚のソテーとか、エビの前菜など。これはかなり使える!!!
IMG_0797_convert_20101207225643.jpg
それから、クリスマスクッキーとクリスマスカップケーキデコレーションのレクチャーも見た。クッキーにデコレーションしたり、カップケーキにデコレーションするのはすごくかわいい☆
スイーツでつくったヴィトンのバックは上級者用で、展示だけしてあった。
IMG_0798_convert_20101207225336.jpg
taste for Christmasは、有名なシェフを知っていて、そのデモンストレーションに参加したらもっと楽しめたかもしれない。そして、試食するならやっぱり日本のデパートがかなりすごいと思う。入場料いらないし。ワインもチーズもやっぱりちょっとユーロスターでフランスに行って現地で楽しむのが一番だと感じました。イギリス紅茶のセクションは小さいながらあって、その紅茶は美味しかったです。(そうそう、最近の流れで、フリートレードとかオーガニックをうたっているお店が多かったです。)
でも日本のデパートが開催するイギリス展の方がよりすぐりの品が販売されていて質が高いと思われる。むー。イギリスがんばれ。。。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する