スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月のロンドン~コートールドギャラリー

まだスペイン旅行記はひつこく続きますが、ここでちょっと1月のロンドン生活について。
まだ試験中の学生や、試験がないけれども課題提出で評価が決まる学生などもいて、大学はまだまだ試験モードです。図書館も午後は常に満席。試験が終了した学生は旅行に行ったり、アルバイトをしたり、すでにインターンシップをしている人も。後期はみんなインターンシップや就職活動を始める時期ですが、同時に卒論も考えなければなりません。。。。意外と忙しい学生生活。

そして、1月から交通機関値上がりしました。毎年値上がりしているそうで。。。例)Zone1-2 off ピーク£1.8→£1.9、18歳以上の学生7日間券Zone1-2£18→£19.3

2月の後期(spring semestre)から1年のコースも選べるので、新しい学生もぼちぼち来ている様子。そして寮費ももちろん値上がりしておりました。(すでに契約している人はそのままの値段)。今、ポンドが安いですが、やっぱり物価は少しずつ値上がりしているような。。。

さて、私はこの12日間の休暇は結局ロンドンにとどまることにしました。友達とレストランに行ったり、映画を見たり。ロンドンの映画館は場所によって料金が違います。Zone3の映画館で「英国王のスピーチ(King's speech)」を見たので£8でしたが、中心地で見ると£15くらいだったりします。この映画日本では2月末に公開されるみたいです。内気でどもりのある国王ジョージ6世(現エリザベス女王のお父さん)が、それを克服してスピーチできるようになる、っていう本当のストーリーです。

今日はコートールド・ギャラリーに行ってきました。毎週月曜日の10時~14時は無料です。(めずらしくいつも無料というわけではない。)ここは町のかっこいい地域のサマセット・ハウスにあります。サマセット・ハウスは冬場は素敵なスケートリンクで有名ですが、すでになくなっていた。
IMG_0009_convert_20110201022834.jpg

小さなギャラリーで、数も少ないので1時間ほどで見れますが、印象派と後期印象派のコレクションはめちゃめちゃ感動しました!ここに私の気になっている絵画の数々があるとは知らなかった!!!
私の大好きなマネの1作品「草上の昼食」も平然とここにあります。オルセー美術館で大きなものを見たときも感動したけれど、ここのは小さいバージョンです。あまり人が集まっていない。。。暖炉の上に飾られているのであまり目につかないかな。そして近くの「フォリー・ベルジェールのバー」(これもマネですが)に人気を取られてました。マネの黒色がなんだか味があっていい絵だなーと思います。(写真撮影OK)
IMG_0002_convert_20110201023055.jpgIMG_0003_convert_20110201023228.jpg

他にもセザンヌ、ルノワール、ゴッホ、ドガなど、誰でも見たことある作品が集められています。数は少ないけれど、絵画好きの人は絶対に訪れたい場所です!

1月も今日で終わり。12/26のBoxing Day(セール初日!)からなんとなく続いていたセールも今日でほとんど終わりです。H&Mなどのエコノミーなショップは、まだまだ叩き売りしそうな勢いですが、ハイクラスショップのセールはやっぱり1月上旬に行っておいたほうがいいでしょう。チョコレートなど食品もセールになるので大量購入。最近の私のお気に入りB級お菓子は「フライングソーサーズ」というもの。軽い最中の皮ようなものの中に身体に悪そうなサワー顆粒が入っています。軽くて甘くなくて手も汚れないのでパクパク食べてしまいます。
flying_saucers_convert_20110201023601.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。