スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修士課程後期(春学期)

春学期が今週から始まりました。私の修士課程は国際ビジネスですが、今学期は国際ビジネスorマネジメントorマーケティングから選択できるようになっています。多くの学生が国際ビジネスを選択してM&Aなどに絞っていくわけですが、私はマーケティングを取ることにしました。ビジネス戦略を勉強して、お決まりのバリューチェーンなどを見ているとだんだんマーケティングに興味がシフトしてきたんですね。
今期受講しているのは3つのモジュールと夏に卒論です。

①国際マーケティング:マーケティングの学生だったら必須科目だったけれども、私のようにマーケティングの初心者が受講するコース。意外と大変なコースだった。。。。なんせ知識ゼロから修士課程レベルまで引き上げなければならない。一週目からテキスト、ジャーナル、論文を読んで、何か発言しなければならない。教授は結構きびしくて、何も発言しなかったり、発言してもトンチンカンだったらバッサリ切られるとのこと。
 グループプレゼン、個人エッセイ、試験で評価される。
②マーケティングリサーチ:卒論に直結するコース。どのようにリサーチを進めていくのかという実践的なクラス。
 卒論のアイディア提示とグループプレゼンとグループリサーチプロジェクトで評価される。
③ブランド・イクイティ:ブランド戦略など考える。これはマーケティングやデザインの学生も混ざっている。
 これが一番面白い。企業が成功するためにどのようにしてブランドを使っているのかというもの。
 グループプレゼンと個人エッセイで評価される。

このように、どれも基礎的なモジュールですが、とても興味深いです。
1週目を終えて感じたこと。前期の最初の授業は全然言っていることがわからなかったけど、今なら95%わかる!これは、自慢ではなく、誰でもそうなるのだと思います。。。。もしくは偶然教授が分かりやすい英語を使っているのか?(日常会話ではやっぱりまだわからない事がよくある)
①はインド人なのでちょっと聞き取るのが難しい。②と③はイギリス人なのでとても聞きやすい。わざとゆっくり話しているのかもしれないけれど。。。ちなみに今学期は、インド人学生はちらほらいるものの、アジア人少ない!ヨーロッパ人ほとんど。アメリカ人もいるので、セミナーは激し討論が予想されます。。。

卒論もちょっとずつ考えてますが、まだ固まっていません。②の授業での評価にも関連するので、早く決めなければならないです。
今学期も週3日で、残りの2日はおそらくグループミーティングになりそうです。今回のグループメンバーは、前期から仲の良かった友達と一緒になり、これが吉と出るか凶と出るか。。。。②のグループは強いイタリア人の女達が、インド人男性と同じグループはいやだと言い張り(まったく国際協調が見られない)、結局インド人男子二人が私と同じグループになった。この2名がどういう人なのか全くつかめないので、どうなることやら。何言っているのかまずよくわからないけれど、愛想はいい。早速インドのお菓子もらった。洗濯洗剤そのものの味がした。。。。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。